スポンサーリンク

切れ毛は抜け毛の原因?髪の毛に優しいヘアケア対策

シェアする

切れ毛は抜け毛の原因?髪の毛に優しいヘアケア方法を紹介

切れ毛は抜け毛の原因となるのでしょうか?切れ毛や抜け毛は、健康で美しい髪の毛を維持したい人にとって大敵と言えるでしょう。そして、切れ毛や抜け毛などの髪のトラブルが多くなったら、正しいヘアケア対策でヘアーの健康状態を改善することが必要です。

こちらで紹介する内容を参考に、美しい髪の毛を目指しましょう。

切れ毛は抜け毛の原因になる?

切れ毛の原因について考える女性

切れ毛と抜け毛は見分けがつきにくく、切れ毛が増えることで抜け毛が進むと思っている人も少なくありません。基本的には切れ毛と抜け毛は違うものですが、切れ毛と抜け毛の原因は同じことが関係している可能性は高いと言えそうです。

切れ毛から抜け毛へと進むのではなく、「切れ毛が多い人は抜け毛も増える可能性がある」ということです。

髪のダメージが進むと切れ毛や抜け毛が増える

髪の毛のダメージリスクは毎日のヘアケアの中にたくさん隠されています。何気なく行っているシャンプーやドライヤー、髪をセットする整髪料などの刺激は、髪の毛を傷める主な原因となります。

また、パーマやカラーリングなども髪の毛に強い刺激を与えます。これらの刺激は髪の毛の表面にあるキューティクルを傷つけて乾燥させ、切れ毛を増やすリスクの一つです。キューティクルは髪の内側の成分を守っており、それが傷つくことで髪の毛が外から刺激を受けたり水分が蒸発しやすくなります。

そして、刺激は髪だけでなく頭皮や毛根にも及び、髪を元気に育てる機能を弱らせると考えられています。髪を育てる機能が弱ることで、髪は十分な生育を待たずに抜けやすくなるでしょう。

栄養不足で切れ毛と抜け毛が増える

髪の毛を育てているのは、体の中にある栄養分や水分です。毛根に十分な栄養や水分が運ばれないと、髪が丈夫に育たなくなります。栄養不足の細く弱い髪は切れやすくなりますし、毛根が栄養を受け取れなければ活発な細胞分裂が行われにくくなり、毛根組織が弱って毛が抜けやすくなってしまいます。

髪の栄養不足は、口から摂取する栄養が足りていないだけでなく、体内や頭皮の血行不良が原因で起こりやすくなります。頭皮で毛根に栄養を与える毛細血管は頭皮がダメージを受けて硬くなると十分な働きができません。

ホルモンバランスの乱れで切れ毛と抜け毛が増える

頭髪はホルモンバランスの影響も受けています。髪の美容にはエストロゲンという女性ホルモンが関係していたり、男性ホルモンの影響で頭皮環境が悪化したりとホルモンと髪の関係は非常に深いものです。

複数のホルモンがバランスを取り合って健康や美容を維持しており、それが乱れることで髪にもダメージが出やすくなります。

切れ毛と抜け毛を改善するためのヘアケア対策

ヘアケア対策について考える女性

切れ毛と抜け毛を改善するためには、まずは髪の毛を外側から守るためのヘアケアが必要となります。頭皮と髪の毛に良いケア方法を実践して、髪にダメージを与えないようにしましょう。

ヘアケア剤は刺激の少ないものを使う

切れ毛や抜け毛を防ぐためには、髪や頭皮に刺激を与えないヘアケアを行うことが大切です。シャンプー、リンス、トリートメントなどは髪に刺激を与えにくい優しい天然成分を取り入れると良いでしょう。

また、清潔にしようと考えて何度も洗いすぎたり、栄養補給するためにトリートメントを付けすぎるのも問題です。シャンプーは1日1回程度で十分です。

そして、洗い流さないトリートメントをたっぷり付けすぎることで頭皮の毛穴詰まりを起こすことがあるので注意しましょう。

髪はこすらず頭皮をケアする

切れ毛と抜け毛を避けるためのヘアケアとしては、髪の毛自体ではなく頭皮を意識することが大切です。

髪の毛を擦ることは切れ毛を増やしますし、髪をもつれさせて抜け毛のリスクになります。基本的に髪を育てている頭皮を中心に洗浄したりマッサージを行うようにして、髪への余計な刺激を避けましょう。

切れ毛と抜け毛を体中からケアしよう

寝ている女性

切れ毛も抜け毛も髪へ栄養を十分に与えることで根本的に改善を目指します。また、ホルモンバランスを整えるための生活改善も必要となるでしょう。

たんぱく質を中心にバランスの取れた食生活を

髪の主な成分としてたんぱく質は大切であり、髪の毛を作るためにいろいろなビタミンやミネラルなども補うことが必要です。

また、肉中心の脂肪分高めな食事は血流を悪くする可能性があるため、たんぱく質も肉や魚、大豆製品などバランスよく複数の食材から摂取しなければいけません。

そのため、さまざまな食品からまんべんなく摂取するためにバランスの取れた食生活を目指すことが大切です。

睡眠と生活リズムでホルモン分泌を正常化させる

体内にあるホルモンは微量であり、ちょっとしたことでバランスを崩しやすく体外から補うのが難しいものです。そのため、ホルモンバランスは体内でホルモン分泌を整えることで調整します。ホルモンの分泌を正常化するためには、睡眠時間や一日のリズムを安定させることが必要となります。

特に睡眠中には成長ホルモンという体の修復に役立つホルモンも分泌されやすくなるため、良質な睡眠が取れるようにすることも大切です。寝付きが良くなるように、就寝前にはリラックスして過ごすと良いでしょう。

「合わせて読みたい」

http://hage-usuge.jp/2106.html

おわりに

切れ毛や抜け毛は同じ原因から起こることが多いため、切れ毛から抜け毛が起こるような印象があります。

しかし、これらは同時に進んでいることが多く、正しいヘアケアでどちらも一緒に改善することが必要となります。髪の毛や頭皮へのダメージを避けるためにシャンプーの仕方などにも注意して、内側から栄養を補うことで根本的に髪の毛を丈夫にしてあげると良いでしょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする