スポンサーリンク

紫外線が薄毛を進行させる原因と4つのダメージケア方法

シェアする

紫外線が抜け毛を増やす原因と4つのダメージケア方法

私たちが毎日浴びている日光が原因で薄毛になることがあります。日焼けをした後に、髪が乾燥したり切れ毛ができたりして、キューティクルが傷ついた経験もあると思いますが、抜け毛まで増やすとなると、ちょっと怖いですよね。

そこで今回は、紫外線によるダメージで髪が薄毛になる原因とヘアケアの方法を4つまとめてみました。薄毛が気になる人で日光を浴びる機会が多い人は、ぜひチェックしてください。

紫外線が薄毛・抜け毛を進行させる原因

女性の悲しい顔

紫外線にあたることで目に見える体の変化に日焼けがあります。日焼けした肌は時間が経過すればやがて薄くなってきますが、紫外線の影響は肌の表面だけではありません

紫外線には肌の奥まで入り込んで細胞を破壊する性質があることから、髪の毛にも影響を与えてしまいます。紫外線が原因で薄毛を起こすメカニズムは次の通りです。

頭皮が紫外線の高熱でダメージを受けるから

強い日差しを浴びた後に、頭皮がヒリヒリしたり皮がめくれたりした経験があるのではないでしょうか。これは、紫外線の刺激で頭皮が軽いやけどをしている状態です。

この状態の頭皮は、表面を外部の刺激から守るバリア機能が破壊されて毛根が傷つき、炎症も起きているため、健康な髪を育てることができず薄毛になります。

健康な頭皮の色は青白いですが、日光にあたった後に薄いピンク色や赤茶色に変色した場合は、やけどをしている可能性があります。

紫外線の刺激が頭皮を老化させるから

紫外線の強い刺激は、頭皮を老化さることも薄毛の原因です。紫外線が皮膚の奥に入り込んで細胞を破壊してしまい老化を進めることを光老化と言います。

紫外線の影響で毛母細胞が正常に働けなくなると、髪を育てることができず薄毛を招くとともに、メラニンの生成も低下して白髪が増えます。

さらに、紫外線を浴びた体は活性酸素を大量に発生させて頭皮の新陳代謝も悪くさせることから、ヘアサイクルが低下します。活性酸素は体を酸化させて細胞のDNAが傷つけられたり、細胞の変異や死滅をさせたりして老化の原因になります。

紫外線によりコラーゲンが破壊されるから

紫外線による頭皮のダメージは、コラーゲンを減少させることも薄毛の原因の一つです。発毛に深く関わる器官の毛包幹細胞は、17型コラーゲンに保護されています。

加齢などで毛包の機能が低下してくると、細胞分裂の際に毛包幹細胞のDNAが損傷しても自ら回復することができなくなり、修復のための酵素が作られます。

しかし、この酵素には17型コラーゲンを破壊してしまう作用もあります。紫外線にはコラーゲンの分解酵素を増やす性質があるため、17型コラーゲンを破壊して髪が育たなくなり、やがては毛穴も小さくなっていくと言われます。

紫外線から頭皮を守る4つのダメージケア方法

紫外線が抜け毛を増やす原因と4つのダメージケア方法

紫外線が薄毛を引き起こす原因はわかりましたが、具体的にはどのような対策をとればいいのでしょうか。次は、紫外線から頭皮を守る方法を見てみましょう。

方法1. 紫外線の強い時間帯は外出を控える

一番の対策法はシンプルですが、紫外線が強い時間帯に外出を控えることです。紫外線の量は1日の中でも時間帯によって変動しています。

一般的には午前10時~午後2時が最も強く、日の出や日の入りの時間帯は弱くなるとされます。1年の中では3月頃から徐々に強くなり、9月頃までに年間の約8割の紫外線が降り注ぎます。

最も紫外線の量が多いのは5~7月です。紫外線の影響を受けやすい季節や時間帯には注意して、外出のタイミングを選びましょう。

方法2. 帽子や日傘で紫外線対策をする

薄毛対策には、紫外線の強い時間帯に外出をしないことが一番ですが、そうはいっても仕事や用事で出かける必要があると思います。そのようなときは、帽子をかぶることをおすすめします。

帽子を選ぶときは、通気性がよく頭が蒸れない素材のものを選ぶことがポイントです。帽子の中が蒸れると、汗や皮脂で毛穴が詰まってしまい、せっかくの薄毛対策が逆効果になりかねません。帽子の中で汗をかいたときは、タオルでこまめに拭いて清潔な環境を整えましょう。

しかし、仕事の外出では帽子をかぶれないという人もいることでしょう。その場合は、日傘を使う方法もあります。日傘に抵抗を感じる男性もいると思いますが、UV効果と冷却作用のある日傘は、熱中症対策としても男女問わず使用する人が増えています。

方法3. 頭皮用の日焼け止めを使う

頭皮の紫外線対策には、日焼け止めを使う方法もあります。日焼け止めには、クリームやパウダーなど多くの種類がありますが、頭皮にはスプレータイプがおすすめです。スプレータイプは髪と頭皮の全体を紫外線の刺激からカバーしてくれます。

ただし、日焼け止めには汗や水に流されない、ウォータープルーフの成分が含まれていますので、夜は丁寧に洗髪をして、髪に日焼け止めが残らないようにしましょう。

また、日焼け止めを塗っていても頭皮に受ける熱のダメージは同じですので、直射日光は避けることもポイントです。

方法4. ビタミンCを補給する

紫外線を浴びた後はビタミンCを補給することも大切です。ビタミンCにはコラーゲンの合成に必要な酵素の働きを助けて、コラーゲンの生成を促す作用があるため、紫外線で破壊されたコラーゲンをサポートします。

さらに、ビタミンCには、紫外線を浴びたことで増える活性酸素を抑制する抗酸化作用もあります。紫外線を浴びた日は、ビタミンCを多く含む野菜や果物をしっかり摂りましょう。

おわりに

紫外線による頭皮のダメージは、目で確認することが難しいですが、薄毛を引き起こす可能性があるため油断は禁物です。髪が生えて健康に育つためには、頭皮のダメージを減らすことが重要になります。

日光にあたるときは、紫外線の多い時間帯をさけて、帽子や日傘で頭皮を守ることがポイントになります。体の中で最も太陽に近い頭皮は、紫外線を浴びやすい部分です。しっかり紫外線対策をしてヘアケアをしましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする