スポンサーリンク

女性の抜け毛対策!ドライヤーを使った正しい髪の乾かし方

シェアする

女性必読!ドライヤーを使った正しい髪の乾かし方【抜け毛対策】

ドライヤーで髪を乾かしているとき、抜け毛の多さに驚いた経験はありませんか?普段なにげなく行っている乾かし方が抜け毛や薄毛の原因になることがあります。

そこで今回は、毛根にダメージをあたえない正しい髪の乾かし方をご紹介します。シャンプー後の抜け毛が気になる女性の方は必見です!今日からできる抜け毛対策をぜひチェックしてくださいね。

ドライヤーの高熱は抜け毛の原因となる!

シャンプーをしているときに抜け毛を実感する人はいますが、その後のドライヤーで髪を乾かしていて手に抜け毛がゴッソリつくと驚きますよね。特に髪を乾かすことに時間がかかる、ロングヘアーの女性の多くが体験していると思います。

ドライヤーで髪を乾かすときに抜け毛になる原因は、主にドライヤーの高熱によるダメージです。髪と頭皮に高熱を当てすぎることで抜け毛がおきてしまうのです。

自然乾燥は血行不良や菌繁殖が起きるから絶対にダメ

女性のアドバイス

ドライヤーの高熱が抜け毛の原因になるのなら、自然乾燥にしようと考える方もいると思います。しかし、結論から言って生乾きの髪を放置することは髪の成長を悪くします

その理由は、濡れた髪のままでいると、血行不良と菌の繁殖を引き起こすからです。髪が濡れた状態は、汗が乾くときと同じように体温を奪いながら蒸発していきます。そのため、頭皮の血液の流れが悪くなり、毛根に十分な栄養分が運ばれなくなります。さらに、頭皮には常在菌という細菌が誰にでも存在しています。

シャンプー後の生乾きが続くと菌がとたんに繁殖

通常は適度な数の細菌が存在するように保たれており、毛根に悪影響をあたえることはほとんどありませんが、シャンプー後の生乾きが続くと、とたんに繁殖をして数を増やしてしまいます。増え過ぎた細菌は、頭皮に炎症を起こして髪が育ちにくく抜け毛が増える原因を作ります。

また、生乾きで寝てしまうと枕にこすれて髪が痛んだりキューティクルがはがれたりして、髪の水分が失われることも抜け毛を引き起こすことになるため、自然乾燥はおすすめできません。

正しい髪の乾かし方はコレ↓

女性

ドライヤーで抜け毛が増えることを予防するためには、頭皮や髪にダメージをあたえない使い方が重要です。ここからは、正しい髪の乾かし方ご紹介します。

ドライヤーの前にタオルドライ

シャンプー後の濡れた髪に、いきなりドライヤーの熱風をあてることはNGです。水分をたっぷり含んだ髪を乾かすには時間がかかり、それだけドライヤーによるダメージを受けやすくなります。ドライヤーの前にはしっかりタオルドライをしておきましょう。

タオルドライのポイントは、強い摩擦を髪にあたえすぎないことです。タオルでゴシゴシこするのではなく、優しく頭皮を拭き、次に頭皮から髪の先に向かって、タオルで髪をはさむように水分を抑えていくと毛根へのダメージが少なくタオルドライができます。

シャンプー後の髪の表面は、キューティクルの間に水分をたくさん含んだ状態です。そこにドライヤーの熱風をあてると、キューティクルが割れて髪がダメージを受けます。抜け毛だけでなく、髪の傷みも気になる人はタオルドライの方法を一度見直してみてください。

ドライヤーをあてる正しい順番

ドライヤーで髪を乾かすときの順番も髪の健康に影響してくるため重要です。ドライヤーを使うときは半乾きになりやすい後頭部から始めて、頭頂部に向けて乾かしていきましょう。このとき、髪の毛先よりも頭皮を先に乾かすことが雑菌の繁殖を抑えるポイントです。

ただし、頭皮に熱風があたり続けないように注意して、ドライヤーは頭から20cm以上は離して使い2秒以内で次の部位へ移動するようにしましょう。

髪は乾かし過ぎない

生乾きは髪や頭皮にダメージをあたえますが、乾かし過ぎもいけません。乾燥し過ぎると、髪の表面を覆っているキューティクルを傷つけるとこになります。

また、意外なことに、髪は直接ドライヤーの熱風が当たっているときより、熱くなった髪の温度が冷めていく間に乾かせているのです。そのため、ドライヤーの熱風は8割程度に使用して、最後は冷風に切り替えて髪の温度を下げてから、残りは自然乾燥にするとよいでしょう。

ドライヤーは低温で使用する

髪の毛を構成しているタンパク質は、熱に弱く60度以上の環境では性質が変化するタンパク質変性が起こります。そのため、高温のドライヤーの熱風があたると、髪の水分が失われてパサパサの状態になってしまいます。

一般的なドライヤーの温度は100~120度ですので、髪はやけどに近い状態です。髪と頭皮のダメージを予防するには、低温の温風が使えるドライヤーをおすすめします。

ブラッシングは完全に髪が乾いてから

ドライヤーの最中にブラッシングをすることは厳禁です。髪が濡れている状態でブラシを使うと、傷つきやすくなっているキューティクルにダメージをあたえてしまいます

美容院ではドライヤーで髪を乾かしながら同時にブラシを使用することもありますが、これはプロの技術と道具による方法なので、家庭ではおすすめできません。特にロングヘアーの人は、手の指を使って髪を持ち上げながら頭皮の方から乾かすようにしましょう。

「合わせて読みたい」

ポジティブ思考でハゲ対策!頭皮を守る生活習慣と合わせて紹介
ハゲを防ぐ対策としてもっとも効果が期待できるのは、頭皮の改善です。生活習慣や食生活を見直すことは基本として必要ですが、仕事をしている以上...

おわりに

シャンプーをした後に、誤ったドライヤーの使い方をしていると抜け毛を増やすことになります。女性は髪が抜けても薄毛にはならないと考える人も多いですが、気づかないところに薄毛の原因はありました。

しかし、ドライヤーを使わず自然乾燥をすることも、頭皮のコンディションを悪くして抜け毛を増やす原因になるためおすすめできません。ドライヤーを使うときは、低温で同じ部分に風をあてすぎず、乾燥し過ぎに注意して抜け毛対策をしましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする