スポンサーリンク

AGAの直接原因「遺伝的影響の抑制」と進行を加速させる「頭皮環境」の改善策

シェアする

AGAの直接原因「遺伝的影響の抑制」と進行させる「頭皮環境」の改善策

ひとくちにAGA(男性型脱毛症)といっても、「症状が始まる年齢」「発症と進行を早める原因及び要因」が異なるため、個別に「遺伝要素の可能性」と「症状」を見極め、「改善につながる育毛ケア」につなげる必要があります。

ここでは多くの育毛情報が伝えていない、個別に判断できる原因の見極め方と症状に応じた改善策について具体的に紹介します。

目次

AGAの原因「遺伝要素の克服法」と「早急な頭皮改善策」を見つけるために

医師が研修医にAGAについて教えている

AGAに共通する直接原因の多くは、5αリダクターゼの影響からDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、脱毛因子「FGF-5」が発現することから抜け毛が増える、遺伝を根本原因とした作用の影響です。

この直接原因とともに、発症の引き金や加速度的に進行させる要因や注目すべき症状もあります。

そこで、10代から20代の「若年性脱毛症」30代~40代の「壮年性脱毛症」、そして50代後半以降の「老人性脱毛症」の3つの年代に分けて考えることにします。

医学的な区分ではなく、対処法を考えるための便宜上の分類と考えてください。若年性脱毛症・壮年性脱毛症・老年性脱毛症の3つの自分に当てはまる年代を頭に置いて、遺伝要素の可能性の有無と症状、具体的な改善策を検討することにしましょう。

共通するのは遺伝要素の働き抑制と頭皮改善

遺伝の影響を抑える方法は3つあります。「5αリダクターゼの抑制」「DHTの生成抑制」「脱毛因子FGF-5の発現抑制」です。

ここでは遺伝要素がもたらす原因として1つに括り「DHTの作用など遺伝要因」として考えます。前述のように、即効性があり効果の高い対応はかなり難しいと言えます。多くの男性がAGAの問題を解決できない大きな理由となっています。

次に、猛烈な抜け毛が始まってしまったときに見られる症状として「頭皮環境の悪化」があります。頭皮環境は育毛剤などのケア用品も多く「効果的な改善」が可能であると言えます。

効果につながらない理由として、原因と症状に合わせた正しいケアが行われていない点も大きく影響していると考えられます。

個々に合う有効な具体的対応策を考えるために、「年代別」に分けて対処法としての「遺伝要素」と「頭皮ケア」を整理することにしましょう。

食生活改善などの一般論ではなく、個人個人が自身の症状を見極め、成分や効能を引き出し改善につながるケア用品とケアの具体的方法をイメージすることから始めましょう。

年代別に見るAGAの症状と改善策の概要

遺伝要素と、その他の要因を簡単に紹介しましょう。特に「若年性脱毛症」は、遺伝要素とアトピー性皮膚炎から生じる抜け毛という大きく2つの可能性があります。

また、影響することとして、受験などのストレスや生活習慣の乱れがあります。頭皮が硬く、額の後退が止まりません。複合的に影響するということも忘れてはいけません。

「壮年性脱毛症」は、さらに蓄積された肉体的・精神的ストレスも加わります。頭皮が痩せ、頭皮がズルズルとして皮脂量が多いことも多く見られます。乾燥している場合はアミノ酸シャンプーで改善する可能性があります。

「老年性脱毛症」は、細胞そのものや活力の衰えという作用が大きく関わってきます。若いうちからケアを継続することで、進行を遅らせることができます。

若い年代の強い遺伝的原因は改善が難しい

DHTのように男性ホルモンの作用は根本原因ですが、この問題の解決はそう簡単ではなさそうです。

とくに、10代後半から20代前半で遺伝要素が原因で急激に進行するAGAの改善は難しいと考えられます。自宅ケアであれば、前述した「5αリダクターゼの抑制」「DHTの生成抑制」「脱毛因子FGF-5の発現抑制」とともに、血流促進効果がある育毛剤塗布と頭皮改善を丹念に続けるしか方法はありません。

AGAクリニックの治療の可否の問題(18歳以下は受け付けない)もあります。また、自己判断によるプロペシアなどの服用が10代や結婚前の20代前半で安心できる方法なのかも考える必要があります。

リスク回避を念頭に、リスクが少なくDHT生成の抑制効果があるノコギリヤシなどの成分や大豆製品をしっかりと取り、頭皮状態「乾燥・脂っぽい」「硬く薄い」といった症状に合わせ、育毛剤やシャンプーを選んで丹念にマッサージを継続することになります。有効成分は後述しています。

AGAの症状に関係する話

お医者さん

日本人の3人に1人がAGAは改善が難しいことを裏付ける数値

AGAは年代が上がるとともに発症率も上がっています。一般的に公開されている情報を見ると、20代は6%、30代は12%、40代は32%、50代は44%、60代は51%、70代は61%(お薬情報ナビ参照)となっています。

この数値を見ると、全体では3人に1人がAGAであると言えます。統計学上の確率と照らし合わせても、幅広い年代が集まる10人の組織には2人から3人の薄毛の人が存在するという現実からも理解できる数値です。

年代が上がるに伴い数値が高くなっていることに注目しましょう。

つまり、発症者の多くが改善しないまま年齢を重ねていることがわかります。自分自身のAGAケアの方法をもう一度考えてみなければいけないということだとも言えます。

AGAの不安を抱える人も進行中にある人も、どうすればAGAの進行を遅らせることができるのか、そのために育毛剤などが実際に効果を生んでいるのかを再確認してみる必要がありそうです。

参考サイト:AGA治療 お薬情報ナビ

10代後半から始まるAGAは自己判断を誤らないこと

10代後半から20代で始まるAGAの多くは遺伝的な要因が大きいと考えられます。5αリダクターゼという酵素が作用して強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され正常なヘアサイクルが乱れます。

髪全体が細く薄くなると同時に、血流不足が生まれやすいとされる「額部分」や「頭頂部」がハゲあがってしまいます。典型的な若年性脱毛症と言えるAGAです。主に、額の生え際(M字ハゲ)の後退と、頭頂部がつむじを中心に円形状に抜けて地肌が見える状態となります。

20歳の若さで明らかに薄毛と前頭葉の生え際の後退が見られる男性もいます。直接原因の多くは、遺伝的に持ち合わせた男性ホルモンの影響です。統計的な数字はありませんが、後述するアトピー性皮膚炎やストレスなどの影響以上と比較してもほとんどを占める「根本原因」だと考えて良いでしょう。

一般的にはDHTの生成を抑える効果が期待できる育毛剤やサプリメント(ノコギリヤシなど)の服用に期待する以外に方法はありません。

20歳代以上であれば、自宅ケアに頼るよりもAGAクリニックでの診断で原因を特定して処方薬を服用する方が、自己判断による育毛剤を使うよりも早く改善効果が見込めるとも言えます。原因の特定と対処法を明確にすることは、自分に合う育毛剤を選ぶ基本とも言えるのです。

アトピー性皮膚炎とストレスによる発症も共通する症状は頭皮に表れる

AGAの直接原因はDHTの作用ですが、特に若年性脱毛症の場合、アトピー性皮膚炎(体質もある)が影響して大量のフケが発生することから抜け毛が多くなるケースも考えられます。

その他にも、間接要因として食生活、生活習慣、ストレスの積み重ねが加わっている可能性もあります。

AGAの原因が「遺伝要素」なのか、「アトピー皮膚炎」なのか、それとも「ストレスや生活習慣」なのか、症状を確認してみましょう。複合的に作用するケースもあります。具体的な症状例を紹介しておきます。

AGAの原因が遺伝のみの場合は、頭皮が痩せているでしょう。ただ、抜け毛は多くほとんどの髪の毛が細くなっています。育毛剤などの助けを借りずに放置しておくと抜け毛が止まらず、間違いなく進行します。アトピー性皮膚炎の場合は湿ったフケや乾燥したフケが大量に出ている可能性があります。

この場合、アミノ酸シャンプーを使うと症状が改善されるので試してみると良いでしょう。ストレスの場合、頭皮が硬くなっていることが考えられます。生活習慣が乱れている場合は、寝不足感や胃腸の調子がよくないといった症状も表れている可能性があります。

また、皮脂量が多くなり頭皮全体がベタついている可能性も。皮脂を取り除くシャンプーは洗浄効果が高く有効ですが、必要以上に皮脂を落とす可能性もあり注意が必要です。

遺伝要素は祖父と父親の状態から推察すると3人に2人が受け継ぐ

遺伝の影響は、母親の祖父の状態を確認することが基本です。次に、実父の状態を確認します。どちらか一方にAGAが見られれば、遺伝の影響を強く受けることは避けられないと考えた方が良さそうです。

AGAクリニックでの診断やリアップの購入時にも、親族の状態を確認する質問を受けることがあります。

3人兄弟を観察すると、3人に2人が比較的若いときにAGAになるという例も見られます(統計のデータではなく一般的傾向として)。

いずれにしても、抜け毛が大量に発生するようになったときには、その症状が頭皮にも表れています。頭皮は青白く、適度の厚みと弾力があって軟らかな状態が健康な状態です。健康であれば、フケもブラッシングをするたびに大量に出ることはありません。

頭皮改善は育毛剤でできる

男女を問わず、抜け毛が増える原因は男性ホルモンの影響です。女性も50歳前後の閉経時からとくに女性ホルモンの減少が抜け毛につながると言われています。

男性の場合、40代になると男性ホルモンの量は減るとは言え女性ホルモンが増えるわけではないのでAGA進行の影響を受け続けます。

この問題の軽減を考える場合、市販の育毛剤に効果がないと判断したら、AGA専門医の診断と処方を受けることによって安全を担保しながら高い改善効果を得る方法も考えてみることも1つの正しい選択と言えます。遺伝要素の働きは、頭皮ケアだけでは抑えられません。

一方、結果として頭皮環境の悪化はほぼ間違いなく起こっています。頭皮改善は、市販の育毛剤やシャンプーなどによる適切なケアでも改善が可能です。

すぐに改善するべき問題は、頭皮の血流不足に伴う栄養不足や乾燥などの頭皮環境の悪化の進行です。柔軟で保湿力のある頭皮に戻すことが、抜け毛を増やさない基本条件であることは間違いありません。

AGAと他の脱毛症の違いと症状を進行させる要因

暗闇で頭を抱える男性

AGAは、ストレスによる円形脱毛症や体調不良による一時的な抜け毛とは原因が異なります。遺伝要素が直接原因であることは間違いありません。

一般的に言われる食生活の乱れなどは、体全体のバランスの崩れを生み間接的に抜け毛が増えることにつながる可能性はありますが、体調は回復したのに抜け毛だけが止まらず進行することはないでしょう。

アレルギーによる発症を除く一時的な脱毛症の多くは病院で改善する

円形脱毛症や病気の治療に伴う脱毛症は、ストレスの軽減や病気の快復とともに進行が収まります。また、治療や薬によって、比較的早い段階でもとの髪の毛を取り戻すことができます。

アレルギーに起因する脱毛を除けば、症状も明確で原因もある程度特定できるため、病院で診察を受ければ改善する様子が目で見ても明らかでしょう。

ところが、AGAは「病気ではない」ということもあり、多くの場合、病院で診察することはほとんどありません。自己判断による育毛剤やシャンプーの選択で対応するようになります。

その上、即効性がないために「あれこれ育毛剤」を使いながら進行を止めることができないままあきらめてしまう、という可能性があります。原因の特定を考えず自分の症状に合わない育毛剤やシャンプーを使うだけでは、進行を遅らせる結果を得ることはできません。

抜け毛を止める効果を阻害する3つの要因を基にケアを

5αリダクターゼの影響で始まるAGAですが、その影響に加えて「ストレス」「食生活」「生活習慣」などの乱れが重なっていることが、血流の改善効果を阻害する要因となっていることは否定できません。直接原因というよりも、改善効果を生みにくい体質にしてしまっている可能性が高いと言えます。

つまり、一時的な脱毛原因となっている健康バランスの崩れの状態は、遺伝原因から始まる「抜ける」という症状を「後押し」していることになります。

育毛剤効果がいくら高くても、体調を整え自己回復力をつけなければ発毛につながる頭皮の回復は見込めません。3つの要因を意識して、症状に合う育毛ケアを行うことが重要なのです。

年代別で違うAGAになりやすくなる原因

怖い雰囲気の医師

遺伝リスクは個人個人が自覚して判断するか、AGA専門医などが行う検査でリスクを把握するしか方法はありません。つまり生まれ持った細い髪の毛などの外見や、生活習慣と分けて考える必要があります。

そこで、リスクが高いか低いかという基準で年代別「AGAになりやすい人の特徴」を見てみましょう。

10代後半~20代は「ストレス」

遺伝的に受け継いだAGAリスクは、自分の意思でコントロールすることができません。父親は30代から始まったといっても、安心はできません。遺伝によるリスクに加え、現代社会の生活環境の悪影響を考えると20代で始まるリスクはますます高くなっていると言えるのです。

つまり、遺伝的なリスクを抱えていればほぼ間違いなくAGA発症があると考えるべきでしょう。

次に、受験や人間関係など多くのストレスを抱え込みやすい人は注意が必要です。このような人は、高校生になる頃から頭皮の弾力性が失われていないか、シャンプー時を含めて柔軟性をチェックしておくべきです。

またニキビが多い人は、頭皮の皮脂が多い可能性もあります。一定量の皮脂は頭皮の保湿や潤いを保つために必要ですが、頭皮を触るとズルズルとした脂が手に残る人はシャンプーを小まめにする必要があります。

30代後~40代は「生活習慣の乱れ」

30代と40代は、遺伝的リスクに加えて仕事や家庭のストレスが溜まりやすくなります。仕事のミスなど急激なストレスが起こると、血管が一気に収縮するなど頭皮や頭皮につながる毛細血管に与えるダメージも大きくなります。

また、毎日、仕事を終えた後、毎日のように過剰なアルコール摂取を続けたり、油分の多い食べ物ばかり食べる食生活はリスクを高めます。

食生活や生活習慣も知らず知らずのうちにダメージにつながってしまいます。体中の毛細血管に滞りなく血液が流れるよう、いわゆる血管年齢を衰えさせないためにも野菜の摂取や運動を意識的にする必要があります。

過度の飲酒と不規則な生活、運動不足、また喫煙をしている場合は、ある日突然、AGAが始まるというリスクを考えておくべきです。

50代以降は「ストレスや細胞の老化」

50代になって始まるAGAは、遺伝的リスクよりも体全体の細胞が活力を失っていると言えるでしょう。肌にツヤがなかったり、肥満体型であったり高血圧などの成人病リスクの高さとも重なってきます。

ある程度の年齢になると飲酒量は減るかもしれませんが、人間関係などのストレスは大きくなります。中間管理職や責任感が特に強い人や、家庭内の問題を抱えるとストレスは拡大します。

ストレスは趣味や運動で軽減させることが、健康な血管を維持するためには不可欠です。同時に、細胞を若返らせる努力が必要です。喫煙は急激な血管の収縮と細胞老化につながります。喫煙者の方はできるだけ本数を減らすよう心がけましょう。

AGAの改善とは「進行を遅らせること」である

医師がアドバイスをしている

「AGAは改善できるか」という疑問に対する答えは、「遺伝リスクへの対処」「症状に適したケアの継続」が成功すれば、進行を遅らせることによって高年齢になっても自分の頭髪を維持できる、ということになります。

AGA改善(進行を遅らせる)のための5つの方法

AGAを改善する方法として「育毛剤による自宅ケア」「自己判断によるプロペシアなど個人輸入薬の服用」「育毛サロンの活用」「AGA専門医による治療」「植毛手術」の5つが挙げられます。

このうち90%以上の確率でAGA改善ができる方法は、「植毛手術」だけだと考えて良いでしょう。多くのクリニックは定着率95%という数字を公表しています。

次に効果が高い方法は、AGA専門クリニックによる診断や処方です。遺伝リスクであるDHTを抑える効果と、血流促進による発毛効果を医薬品の働きから促します。同時に、薬品による健康リスクを抑えるための診療と検査を行うために副作用などのリスクが低いというメリットがあります。

検査や問診を通して「原因」を明確にした治療を行うという点からも、改善効果は期待できると言えるでしょう。ただし、100%ではありません

「自宅ケア」と「育毛サロン」の基本的考え方は、頭皮改善と体調管理です。改善効果が高い市販のケア製品も多いため、原因の特定と症状に応じた適切なケアを実施すれば、ある程度の改善効果につなげることは可能です。

「プロペシアなどの個人輸入」は、AGAクリニックなどで処方する成分を含む薬を自己責任で購入する方法です。効果はあるようですが、リスク管理が難しいというデメリットがあります。ただし、この場合も効果は「半々」と考えておくべきでしょう。

つまり、根本原因の特定と、症状に応じた的確なケア用品選択と継続したケアによって、進行を遅らせることこそAGA改善の答えだと言って良いでしょう。詳しい実践ケア法は次で紹介します。

AGAを克服するための取り組み

手を握り合っている

ここからはAGAの克服法を、3つの年代で考えてみましょう。まず10代から20代(若年性脱毛症)の場合は、DHTの生成を抑える効果に注目します。続いて30代以降(壮年性脱毛症)は頭皮の硬さを通したストレスチェックを行います。

そして50代以降(老年性脱毛症)は頭皮痩せを防ぎ、細胞を老化させない工夫が求められます。

シャンプーや使用する育毛剤は、症状改善につながる成分を含む商品を選ぶことが基本です。それでは下記から具体的な取り組みついて見ていきましょう。

症状克服に有効な成分を理解しておく

AGAの遺伝リスクを抑える成分として、ノコギリヤシやミツイシコンブ抽出液(M-034)、アロエエキスに大豆イソフラボン、オウゴンエキス、ビワ葉エキス・ヒオウギエキス、加水分解酵母エキスなどがあります。

また亜鉛は、保湿効果とともに育毛を考える上で必要な成分と考えられています。AGAの克服を目指すにあたり、このような成分があるのだと知っておきましょう。

医師の処方で服用できる薬品についても理解を深める

医師の処方で服用できる薬品には、プロペシアやザガーロ(5α-還元酵素阻害薬)、フィンペシア、プロスカー、フィナステリドなどがあります。これらの一部は、個人輸入という形で購入することができますが、できるだけ安全に使用を続けていくためにも、個人輸入のものはしないようにしましょう。

また、発毛効果で注目されるキーワードとして、ミノキシジルやキャピシキルなどがあります。例えば、発毛効果の高いミノキシジルを塗布する(育毛剤)場合は、イソフラボンやノコギリヤシを飲む(サプリメント)ことで摂取する選択もできます。

この組み合わせを考えることが、自宅ケアの基本です。これでも全ての使用者に有効であるとは言えませんが、進行を遅らせる効果は生み出します

3タイプに分かれる育毛剤について認識を

AGAを克服していくためには、これから紹介をする育毛剤やシャンプーは、3タイプに分かれているといったことをおさえておく必要があります。まずは育毛剤についての説明です。

育毛剤は「遺伝要素が働く男性ホルモンの悪影響を抑える」「毛根細胞に働きかけ発毛を促す」「頭皮を改善する」という3タイプに分けられます。

「遺伝要素を抑える」育毛剤は、冒頭紹介した「5αリダクターゼの抑制」「DHTの生成抑制」「脱毛因子FGF-5の発現抑制」を目的としています。

続いて「発毛を促す」育毛剤は血流促進効果成分を含む育毛剤です。

そして「頭皮改善」は保湿効果と柔軟化効果が期待できる育毛剤です。加えて、市販のアルコール系トニックにも発毛を促す成分として期待されるt-フラバノンを含む製品もホームセンターなどで販売されています。

使用者個々の症状や状態によっては、大きな効果を生んだ(医師の見解は明確ではありません)という声もあります。

3タイプに分かれる育毛シャンプーについても認識を

育毛シャンプーも「皮脂の洗浄」「アミノ酸系」「育毛成分を含む」の3つのタイプに分けられます。

特に皮脂が多く、いつも頭皮がズルズルと脂っぽい状態が続くと埃やゴミなどとともに固まり毛穴を防ぐ恐れがあります。

毛穴が塞がると育毛剤の浸透を妨げることから、余分な皮脂を洗い落とす効果が高いシャンプーが販売されています。

しかし、皮脂は頭皮の潤いや保湿力を維持するために必要な成分でもあります。必要以上の洗浄は逆に抜け毛増加につながります。

ここで頭皮の保湿効果に有効として紹介したいのは「アミノ酸シャンプー」です。シャンプーを選ぶ基本として、まずアミノ酸シャンプーから検討することも有効な方法だと言えます。

育毛・発毛効果があるとされるシャンプーもありますが、予防から始める場合を除くと、育毛剤の代用にはならないと考えた方が良いでしょう。

発毛効果は、シャンプーで頭皮の清潔さと保湿を維持し、育毛剤を使った遺伝要素の働きの抑制と、発毛効果を期待する頭皮マッサージを含めた育毛ケアが基本です。

自宅ケアの基本はシャンプーと頭皮マッサージ

自宅で行う育毛と発毛ケアの基本は、毎日欠かさないケアの継続です。育毛剤もシャンプーも「効果はあるが、即効性はない」という認識を持っておきましょう。頭皮ケアのポイントは「頭皮マッサージ」です。

シャンプー時は頭皮を少し熱めの湯に浸けたタオルを絞って頭部を包んで温め、シャンプーはしっかりと泡立てて二度洗いを行うのがポイントとなります。

シャンプー後は、ドライヤーでしっかりと頭皮と髪の毛を乾燥させます。育毛剤は、髪の毛を乾かした後にに1回、寝るまでにもう1回、寝る直前にもう1回、1日に3度程度は塗布して指の腹を使って軽く頭皮全体をもみほぐしましょう

抜け毛が増えたときの頭皮は、痩せて、硬くなっていることが多いものです。マッサージを基本とした頭皮ケアを続けると、少しずつ改善します。このケア法は、どの年代や症状であっても効果的と言われています。

生活習慣の改善だけでなく育毛剤を使った毎日継続したケアを

食生活や食習慣の改善に意識を向けることは体調管理上も重要なことですが、上述のケアを欠かして生活習慣を改善しても、効果は期待できません。

自宅ケアの基本は、育毛剤を使った毎日継続することです。

育毛クリニックで専門医の指導を受ける

育毛剤を使って、きちんとケアをしているのに効果が見えないときのチェックポイントがあります。シャンプー時に毛穴に溜まった汚れが落ちているかという点もその1つです。シャンプー後にさっぱりとした頭皮になり、塗布した育毛剤のほとんどが流れ落ちる状態が解消されていれば一定の効果が見込めます。

育毛サロンは、こうした頭皮の状態をプロのテクニックによって回復させる効果が期待できる場所です。「生える効果」ということではなく、プロのケア(施術)が受けられる場所であることだと理解して、必要であればサロンの利用も効果的だと言えます。

しかし、効果が出ずに抜け毛が進行する場合も多くあり、こうした場合AGA専門クリニックで診断と治療を受けることも考えてみましょう。

メリットは、原因が特定できることです。診察料や薬代など毎月20,000円から30,000円の費用は必要ですが、発毛効果に高い期待をもつことができると言えます。

AGAクリニックを探すときの注意点と選ぶポイント

街の風景

発毛効果が科学的に認められている医薬品の処方や治療法が進み、AGA治療を専門とするクリニックが大都市圏を中心に増えています。自宅ケア以上の効果は見込めますが、一方で副作用も考えられます

また、保険適用外の治療であるため全額自己負担という費用面についても考えておく必要があります。多くのクリニックは治療方針や副作用リスクなどをホームページ上に公開しています。

公開されている情報を分析して決めるようにしましょう。

医学的に「100%効果」の治療法は発見されていないことに注意

AGAクリニックは医学的見地に基づいてAGAを改善する治療です。治療や施術の基本は、プロペシアとミノキシジルの塗布(一部は服用薬も処方)を組み合わせて抜け毛の抑制と発毛促進をうながします。

自宅ケアのように、医薬部外品の育毛剤やシャンプーによる頭皮ケアを中心としたケア以上に、発毛と抜け毛の根源とも言われるDHTの生成抑制、さらには発毛効果が高い方法だと言えます。

とはいえ、AGA治療も100%全ての人に劇的な効果が見込めるわけではないため注意が必要です。自宅ケアに限界を感じ、金銭的にも月額で20,000~30,000円の継続した支出を考えたうえで、まず実際にクリニックに足を運び相談から始めて納得したうえで通院するようにしましょう。

自宅に近い場所にある「専門医」の看板を掲げた所を選ぶ

残念ながらAGAクリニックは大都市圏に集中しています。地方都市であれば、皮膚科の医院がミノキシジルの処方を行っているのが現状です。皮膚科医院であっても、アレルギー性皮膚炎などを含めたAGA発症の原因特定や基本的な治療は可能ですが、できればAGA専門医に診てもらう方が良いでしょう。

自宅近くに専門クリニックがない場合も多いでしょうが、治療薬による副作用の可能性も否定できないため、すぐに診てもらえたり相談できる専門医を見つけておく方が良いでしょう。

治療方法と処方薬品名をホームページ上に公開している所を選ぶ

多くのAGA治療専門医は、ホームページ上に「相談から受診までの流れ」「診療方法」「処方する医薬品の種類」「費用」「副作用などのリスク」「効果」などを詳しく紹介しています。

またAGAクリニックのなかには、ミノキシジルを塗布するだけではく服用するタブレットタイプを処方するクリニックもあります。

服用する方が高い効果が見込めますが、副作用のリスクも高まります。そして、独自に開発した薬や独自のルートで輸入した医薬品を使用する場合もあります。

基本は「ミノキシジルの塗布」と「プロペシアの服用」です。処方薬や効果の違い、副作用のリスクもしっかりと比較しながらクリニックを選択しましょう。

副作用のリスクを明確にホームページ上で公開している所を選ぶ

上述の通り、ミノキシジルもプロペシアも副作用のリスクがあります。「リスクの有無」「リスク回避の検査や診療法」などをきちんとホームページに紹介している専門クリニックの方が安心できるでしょう。

現在のところ、多くのAGAクリニックがこうした情報をきちんと掲載していますが、「効果を強調するだけ」のクリニックは慎重に見極める必要があります。

ミノキシジル等を使用する際の留意点

全力で走る男性

ミノキシジルは、発毛効果があると認められている成分です。日本では大正製薬のリアップシリーズだけに含まれる成分とされ、1%と5%の製品があります。

リアップは薬局で購入することも可能ですが、第一類医薬品なため、薬剤師の指導を受けなければ購入することはできません。ネット購入もチェック項目を確認する作業が必要です。

血管拡張により発毛効果につながるがリスクも存在

ミノキシジルは、血管拡張作用から発毛効果があると認められた発毛有効成分です。しかし、誰にでも効果があるわけではありません。

また、副作用のリスクがあることも無視することはできません。大正製薬がホームページ上で公開している「ミノキシジル5%製剤の長期投与試験結果」(医師の評価:使用52週)によると、24週の投与で9割が「軽度改善以上」となっています。しかし、残りの1割未満は「可視的毛髪成長なし」としています。

また、「軽度改善以上」のなかで「著明改善」は52週後も10%に止まり、「中程度の改善」が65%程度を占めています。効果は、全員に及ぶものではないことは明らかです。

さらに、副作用発現率は8%とされ、湿疹や炎症など軽度の副作用は一定の割合で現れることがうかがえます。

参考サイト:大正製薬リアップ

ミノキシジルの副作用に対応するために

前述でも触れたように、ミノキシジルの副作用発現率は8%とされ、湿疹や炎症なども一定の割合で現れることがうかがえます。リアップの副作用は限定的ですが、リアップの副作用は他にも指摘されています。

使用後に血管拡張効果に伴う多毛症とともに、頭皮のかゆみなどの頭皮炎症、さらに倦怠感や頭痛などが挙げられています。

こうした副作用も含めて、リアップの購入にあたっては薬剤師の指導が必要となるのです。とくに、タブレットタイプのミノキシジルは個人輸入による服用は避け、AGA専門医の管理下で利用する方が無難だと言えそうです。

ミノキシジル等の服用を開始すると継続的に費用が発生

ミノキシジル(5%)を含む育毛剤のリアップは、おおむね7,000円(税込)程度で購入可能です。ネット通販で購入できるプロペシアもおおむね7,000円(税込)程度と言えます。また、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は約3,000円程度から購入できます。

一方、AGA専門医で処方を含めた治療を行うと、初回の初診料や検査料が5,000円程度、ミノキシジルの塗布やプロペシアの処方など薬品代として10,000万円から30,000万円程度が必要となります。

AGAクリニックで安心を担保しながら利用するミノキシジルタブレットは、毎月10,000万円から15,000円程度だと見られます。これらは使用を止めると、効果は失われるとされているため服用を始めると大前提として継続費用を確保する必要があるため、覚えておきましょう

AGAを克服した人はどれくらい存在する?

悲しそうな顔をする男性

実は、AGAを完全に克服できる割合はデータとして示されていません

しかし、客観的データをはじめネットやテレビCMなどの情報とともに統計上の傾向から推察すると、5%程度は「克服」、60~80%は「ある程度の効果はあった」、そして5%から20%は「ほとんど効果はなかった」と考えることができるといった結論に至りました。

統計学から紐解くAGA改善の割合「5%から20%程度」について

残念ながら、AGAは100%克服することはあり得ません。ミノキシジルを5%含む大正製薬のリアップも、その実証実験で確かな効果を得られたと答えているのは10%に過ぎません。

また、「改善が見られた」という回答を含めると70%~90%に効果があったと判断できる程度です。

このような数字は、統計学から見ても一般的に知られる事実です。概ね20%が「優れている」、60%が「普通」、そして残りの20%が「劣っている」という比率が成立することは否定できません。

つまり、AGAを本当の意味で克服できたのは20%で、「完全に克服した」というケースは全体の5%と言えるでしょう。

次の60%は「それなりに改善効果は見られた」ということになり、残りの20%は「ほとんど効果がなかった」として考えることができます。

育毛サロンのテレビCMや通販情報に見られる使用者のコメントの裏側

テレビCMや通販番組を見ると、育毛剤使用者の「生えた」「ボリュームが出てきた」など成功事例がどんどんと飛び出してきます。

しかし、その成功事例は「成功者」だけを紹介した一方的な情報であることをはっきりと意識しておきましょう。CMや通販番組で「20%は効果がなかった」「60%は少しだけ効果があった」という情報は出てこないということです。

前述のように、「効果があった」という人は、原因と対処法がうまく働いたということになります。AGAの原因がDHTにある場合のように、「DHT抑制が功を奏した」という情報はほぼ間違いなく出てきません。

つまり、DHTに関わる作用の解決は、かなり難しいということを証明しているとも言えます。このようなことを考えても、AGAの改善割合が5%~20%であるといった数値とつじつまが合うと言えそうです。

おわりに

AGA(男性型脱毛症)の克服は簡単ではありません。遺伝的要素の大きいDHTの作用を抑えることが難しいという点にあります。そこで、「男性ホルモンの影響に関わるDHTの作用」と「頭皮改善」を整理して考える方法について紹介しました。

遺伝要素を含めた原因を明確にした上で育毛剤や育毛シャンプーを選び、生活習慣や食生活、ストレス軽減などを含めた頭皮に対する「直接ケア」と「体調管理」で改善していくことが基本となります。

また自宅ケアでは、自己評価による原因の把握と効果的なケア製品の選択に関わってきます。自宅ケアとともに、原因や症状を専門的な立場で客観的に診断してもらえるAGAクリニックの活用も視野に入れて、あきらめずにAGAと闘い、長く付き合う覚悟を持ちましょう。

長年AGAの進行を抑える成功者も実在するため、常にAGAの改善を目的に継続したケアを続けることから効果を生み出すことは可能と言えます。AGAの症状が進行中の人はもちろん、リスクを抱える人は今日から正しく丁寧なケアを開始しましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする