スポンサーリンク

フィンペシアとミノキシジルの併用効果と副作用ってどうなの?

シェアする

フィンペシアとミノキシジルを併用すると期待大?気になる効果と副作用

AGA治療に使用される薬には、厚生労働省が認可した治療薬とジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品は個人輸入という形で個人でも購入できますが、製造メーカーによって名称が複数あり、わかりにくくなっています。

簡単に整理すると、厚生労働省が認可した「5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬」がプロペシアです。そのジェネリック医薬品がフィンペシアです。ミノキシジルは大正製薬のリアップにも含まれる「発毛成分」です。

「阻害」と「発毛」、この2つの効果を生み出すフィンペシア(プロペシア)と猪木市ジル併用がAGA治療の基本です。効果とともに副作用を考えてみましょう。

フィンペシアとミノキシジルが併用されている理由

フィンペシアとミノキシジルを併用すると期待大?気になる効果と副作用

併用によりAGAの進行をより遅らせることができるから

AGA(男性型脱毛症)の根本原因は男性ホルモンの作用ですが、血流促進によって発毛効果が高まることも広く共通理解されています。

つまり「AGAの作用」を抑えながら、「発毛促進」を実現することが、薄毛の解消やAGA進行を遅らせる効果的な方法であるというのが現在のAGA治療の基本です。

まず、2つの有効成分について簡単に理解しておきましょう。

脱毛につながるDHT生成を抑えるフィンペシア

フィンペシアは冒頭紹介したように、インドの製薬会社によって製造されているプロペシアのジェネリック医薬品です。主成分は「フェナステリド」で、プロペシアと同じです。

もともと前立腺肥大症の治療薬として発売され、日本ではプロペシアはAGA治療薬として厚生労働省が認可した医薬品です。フィンペシアは容量等を守って使えば、抜け毛抑制(5α-リダクターゼの作用の抑制)に一定の効果があると認められています。

AGA治療専門クリニックの多くはミノキシジル外用薬(一部は経口タイプのミノキシジルタブレットも提供)と併せて使用することで治療効果につなげています。

発毛効果があるミノキシジル

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として開発され、副作用として多毛症の症状が見られたことから発毛効果が認められた成分です。

そのミノキシジルを発毛有効成分として発毛剤として製品化したのが、大正製薬のリアップ(第一類医薬品)です。日本で唯一厚生労働省が認可した、唯一の発毛剤として知られています。

ミノキシジルを含む発毛剤は個人輸入でも購入できます。ロゲインやカークランドといった製品名を耳や目にすることが多いと思います。ミノキシジル配合量が2%や10%もあります。ただしリアップの実験結果(5%配合)を見ると、高濃度だから効果が高いという結論付けは難しいと言えます。

個人輸入ではなく、医師の管理下で使用をした方がいい

個人輸入の場合、ミノキシジルの服用タイプであるミノキシジルタブレットも購入することが可能です。飲む方が発毛効果は高く、日本のAGAクリニックでも一部採用しているので「=危険」ということではありませんが、医師の管理下での使用が望ましいことは言うまでもありません。

いずれにしても、ミノキシジルは副作用を考えたうえで使用する必要があります。

フィンペシアとミノキシジルの副作用

フィンペシアとミノキシジルを併用すると期待大?気になる効果と副作用

フィンペシアもミノキシジルも、もともとAGA治療として開発された医薬品ではありません。前立腺肥大症治療薬(フィンペシア)、あるいは高血圧治療薬(ミノキシジル)ということで、男性ホルモンの働きの調整や血管拡張作用につなげる医薬品です。

副作用として認められた発毛効果は実証されていますが、誤った使用や自己判断による使用には強い副作用が伴うことを理解する必要があります。

生殖器に関連する副作用リスクがあるフィンペシア

フィンペシアは日本で認可された医薬品ではないため実証データは見つかりません。主成分はフェナステリドなので、プロペシアのデータで確認してみましょう。成分は同じなので結果も同じだと考えて良いでしょう。

ここでは、AGA専門の浜松町第一クリニックのホームページを参照することにします。

「プロペシア臨床効果(国内データ3年)」で見ると、成人男性にフィナステリド0.2mgを1日1回経口投与した場合、1年で約47%が「軽度改善」となっています。3年使用の数値を見ると「著明改善」を見ると.1%、「不変」も約40%(1年)から約20%(3年)に減るなど、一定の効果は見られます。詳細は、下記掲載のホームページを参考にしてください。

一方、同クリニックは副作用についても紹介しています。発現率は1.0%未満ですが、重篤な副作用例として肝機能障害、そのほか勃起不全など生殖器に関連する副作用が挙げられています。

参考サイト:浜松町第一クリニック
参考サイト:副作用の紹介ページ

ミノキシジル配合発毛剤の副作用は限定的

ミノキシジルは、血管拡張作用によって発毛効果が認められている発毛有効成分です。日本で唯一、第一類医薬品として認可されている大正製薬が行ったリアップの実験データを参考にします。

ミノキシジル5%製剤・長期投与(52週)試験結果をもとにした医師の評価です。使用開始24週後から「中等度改善」(47.9%)が「軽度改善」(41.7%)を上回り、「中等度改善」が概ね60%程度という結果となっています。「著明改善」は10%程度だと言えます。

一方、大正製薬は副作用について紹介しています。リアップによる副作用として軽度の発疹などがあり、副作用は限定的だと言えます。

しかし、ミノキシジルがもともと高血圧治療薬であったことから「ミノキシジルと血圧」についてサイト上で紹介しています。「高血圧や低血圧・心臓又は腎臓に障害がある・むくみのある場合は医師や薬剤師に相談をするように」という内容となっています。

リアップのような第一類医薬品は、薬剤師不在のドラッグストアでは購入できません。発毛効果は認められていますが、使用にあたって注意が必要であることはフィンペシアと同様です。

また、一部AGA専門クリニックで提供しているミノキシジルタブレットもあります。経口タブレットは個人輸入で購入することもできますが、リスクが大きくなるため、特に注意が必要です。

参考サイト:リアップ
参考サイト:血圧との関連ページ

「合わせて読みたい」

AGAクリニックを選ぶときに確認しておくべき5つのポイント
AGA専門クリニックが注目される理由は、ミノキシジル(血行促進による発毛効果)とプロペシア(5αリダクターゼ作用の抑制)などの治療薬によ...

おわりに

AGAの原因として、過剰な5αリダクターゼからDHTが生まれる流れはよく知られています。結果として頭皮が薄く血流阻害という症状につながり、血流阻害からAGA進行が止まらなくなります。

この2点を改善する方法が、フィンペシアとミノキシジルの併用です。「抑制」と「発毛促進」という2つの働きが、現在におけるAGA治療(進行を遅らせる・克服する)にとって最善の治療法であることは間違いありません。

AGA専門クリニックの利用が難しい自宅ケアでも、この2点がAGA改善の基本です。さらに、基本的な生活習慣、栄養分が頭皮に十分届く食生活も考えながら、シャンプーやマッサージと組み合わせたケアは欠かさず毎日継続して行うようにしましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部