スポンサーリンク

デュタステリドの基礎知識を徹底的に学ぼう

シェアする

脱毛症に効果的と言われるデュタスの基礎知識を学ぼう

AGA(男性型脱毛症)改善効果があると言われ個人輸入などで購入されているのが「デュタステリド」というジェネリック医薬品です。有効成分の「デュタステリド」は、AGA治療薬として厚生労働省が承認した医薬品「ザガーロ」と同じ成分です。

ザガーロは、同じAGA治療薬のプロペシアよりも効果が高いと位置づけられています。個人輸入でも30錠が2,500円程度と購入しやすい価格で販売されているので簡単に手に入りますが、脱毛症に対応した効果とともに副作用には注意が必要です。

クリニックで使っている治療薬と同じ成分のデュタス

男性の表情

デュタステリドが、ザガーロと同じ成分のジェネリック医薬品であることは冒頭の説明の通りです。そしてデュタステリドに一定の効果が見込めることがわかりました。

では、主成分「デュタステリド」信頼性から確認しておきましょう。AGA専門クリニックで使用されているということが第一のポイントです。

デュタステリドはプロペシアよりも効果が高い

AGAの根本原因は、5αリダクターゼという酵素から強力な男性ホルモンDTHが生成され脱毛指令を生み出す作用です。まだ抜けてはいけない若い髪の毛が抜けることから、一本一本が細くなり全体の密度が失われ、前頭葉の薄毛とともに生え際の後退や頭頂部が円形状にハゲる状態が生まれます。

AGA専門クリニックで使用するザガーロは「5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬」です。主に「Ⅰ型」に影響される皮脂に起因するAGA対策にも効果があるとされています。

プロペシアが「Ⅱ型」のみの阻害薬ということから、主成分がデュタステリドの医薬品「デュタス」はプロペシアより効果が高いと言えます

補足すると、ザガーロはプロペシア同様、日本でAGA治療薬として厚生労働省の承認を受けており、主成分デュタステリドのAGA改善効果は医薬品として認められています。

クリニック治療の基本はザガーロ(orプロペシア)+ミノキシジル

AGA治療を行う専門クリニックの治療は、ザガーロやプロペシアによって遺伝的要素である「5αリダクターゼ」の脱毛作用を抑え、ミノキシジルによって発毛効果を高めるという2つの側面からアプローチしています。この治療法が、AGA治療の基本であることは間違いありません。

2つの治療方法を自宅で実現するときに、ミノキシジルについては大正製薬のリアップを購入することによって解決します。ザガーロやプロペシアは医師の処方がないと手に入れることができません。

そこで、個人輸入で「デュタス」を購入する利用者が多くなっています。

個人輸入でデュタステリドを購入することは可能

個人輸入でデュタステリドを購入することは可能です。また、デュタステリド以外にもフィンペシア(プロペシアのジェネリック医薬品)とともに、ミノキシジルを主成分とするロゲインやカークランド(リアップと同じミノキシジル配合)の購入も可能です。

また、もう少し広がって経口タイプのミノキシジルタブレットを購入することができます。自己責任でフィンペシアやデュタスを試し、さらにミノキシジルタブレットに期待する人もいます。口コミ情報を見ると、こうした医薬品を服用することの「効果」も見ることができます。

しかし、副作用のリスクを伴うため注意をしましょう。

「前立腺肥大」治療薬のジェネリック品であるデュタス

男性が電話で副作用について聞いている

デュタスの主成分であるデュタステリドは、AGA治療に効果的な医薬品であること、AGA治療専門クリニックでの治療や個人輸入によって実際にAGA治療の改善につながっていることがわかりました。

しかし、デュタスはもともと前立腺肥大治療薬「アボダート」のジェネリック医薬品であることを知っておく必要があります。プロペシア同様、副作用のリスクがあります。

世界的に有名な医薬品メーカーが製造しているため信頼性が高い

前立腺肥大治療薬アボダートは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社が開発した前立腺肥大治療薬です。同社は、ザガーロのメーカーでもあります。デュタスは、ジェネリック医薬品製造で世界的に知られるインドの医薬品メーカーが製造しています。

主成分がデュタステリドであるという点、及びインドの信頼性の高い企業が製造していることを考えると、製品の品質に対する信頼性は高いと言えそうです。

ただし、購入時は実際の出荷国などを確認する必要があるため信頼できるサイトを利用しましょう。

ただしEDや精力減退につながる副作用も考えられる

デュタスと同じ主成分のデュタステリド薬「ザガーロ」の副作用について、AGA専門クリニックの浜松町第一クリニックのホームページから見てみましょう。

20歳から50歳の男性型脱毛症の患者120人に対して1年間(52週)「ザガーロ0.5mg」を服用した結果、20人に副作用が見られたと掲載されています。勃起不全や精力の減退などが挙げられています。

実際には先入観などから頻度が上がることもあるということで必ずしも確率的に表れるわけではないかもしれませんが、医師の管理下で使用するなどの注意が必要だということは間違いなさそうです。

特に、若い世代の人が個人輸入を利用する場合は注意をするようにしましょう。

参考サイト浜松町第一クリニック

他のAGA専門医もデュタステリドの発毛効果を認めています。同時に副作用については成分量「0.1㎎と0.5㎎(1日1回の服用)」に違いがないことも紹介されています。しかし、副作用の可能性もあるED治療も考慮したうえで専門医の下での使用を勧めています。

「合わせて読みたい」

プロペシアの副作用は怖い?薄毛への効果と合わせて確認
プロペシアは日本でもAGA治療薬として承認され、日本の製薬メーカーが製造しています。飲み薬なので5α-リダクターゼの影響を阻止する効果が...

おわりに

発毛効果が高いと、それだけ副作用のリスクもきちんと考えなければいけないことは間違いありません。

デュタスはジェネリック医薬品としてネットで比較的簡単に購入できますが、単独の利用ではなくミノキシジルとの組み合わせた使用がAGAの改善効果を生み出す基本となります。

医薬部外品の育毛剤を使う自宅ケアだと心配する必要がほとんどない副作用のリスクが大きくなることは明らかです。AGA専門クリニックに行かず自己責任で使用する場合はは特に注意をしましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部