スポンサーリンク

頭皮の乾燥でハゲが進行する?改善のポイント

シェアする

頭皮の乾燥に要注意!改善にむけた方法

抜け毛が多くなる原因として、頭皮が乾燥していることが考えられます。症状として「乾いたフケがボロボロと落ちる」状態が続く症状が表れ、AGA(男性型脱毛症)とともにFAGA(女性男性型脱毛症)にも見られます。

加齢による肌の潤いの喪失という悩みとも関連していると言えるでしょう。

また、頭皮が乾燥する原因としてアレルギー体質も頭に置いておく必要があります。頭皮がベタベタ状態から乾燥状態に変わる背景には、AGAの遺伝的要素に伴う症状の変化とともに、加齢、アレルギーを併せて考えてみる必要があります。

AGAやFAGAの進行とともに見られる頭皮環境の乱れ

女性が泣いている

AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)が急速に進行し始めると、頭皮に問題が発生します。頭皮は痩せて薄く硬くなり、極端にベタベタとした状態か、あるいは極端に乾燥した状態のどちらかの症状が見られます。

AGA発症の根本原因は遺伝要素ですが、頭皮の状態は抜け毛が極端に増えた状況をありのままに反映していると言えます。

フケがボロボロと落ちる状態は異状

AGA症状の典型例として、頭皮はベタベタとしています。一方で、頭皮が乾燥して乾いたフケが固まりのようになって落ちることもあります。どちらであっても、フケが大量に落ちるのは異状です。

フケに混じって短く先端が細く生えたばかりの新しい髪の毛が混じっているはずです。頭皮環境の悪化がもたらす抜け毛の代表例です。

頭皮の乾燥を短期間で緩和する3つのポイント

頭皮の極端な乾燥が、ヘアサイクルの乱れにつながることは知られています。

そこで、乾燥し過ぎた頭皮を短期間で改善する方法として、まず3つの回復法を紹介しておきます。

ポイントは「アミノ酸シャンプーの使用」「保湿成分を含む育毛剤の使用」「バランスの取れた食事と運動による汗をかく生活習慣」に心がけることです。

抜け毛につながる悪影響の代表となりがちな頭皮の乾燥状態を防ぐためにも、「皮脂」量を適度に増やし、頭皮の保湿バリアの役割をする皮脂膜が正常に機能することを目標に、頭皮の乾燥状態を和らげるようにしましょう。

頭皮の乾燥を改善するためにはどうすれば?

意思が頭皮の乾燥を改善させようと言っている

頭皮が乾燥する原因は、大きく「体質」「育毛ケアの誤り」「生活環境」が挙げられます。AGAとともに症状が変化することもあり遺伝によって受け継いだ体質の影響を受けます。同時に、過度な皮脂を洗浄するシャンプーに対する誤解もあります。

さらに、乾燥した部屋で運動による汗をかかず生活をする時間が長くなると新陳代謝の衰えにもつながります。「保湿と潤い」をキーワードに原因を考えてみます。

頭皮改善のキーワードは「保湿」と「潤い」

皮脂が多い場合、皮脂腺に「5α-リダクターゼⅠ型」の影響が強いと言われています。DHT(ジヒドロテストステロン)の生成に関わる「5α-リダクターゼⅡ型」の抑制とともに、効果を生む育毛剤や医薬品を考える必要があります。抜け毛が増える原因である痒みや炎症にも大きく関わっています。

逆に少ない場合は、アレルギー体質と加齢を考えてみる必要があります。アレルギーも関連したAGAは、若いうちはベタベタした脂漏性のフケが多く、そのうちに乾燥フケに変わってくるということも知られています。

また、加齢に伴う頭皮の乾燥は皮脂そのものが減少したり、新陳代謝も失われ「保湿や潤い」が保てなくなっていると言えます。潤い成分や栄養分の補給に対応したケアが必要です。

過剰な皮脂と過度の洗浄に注意すること

皮脂は、皮脂腺に多くあると言われる「5αリダクターゼⅠ型」という酵素が作用して分泌されます。多すぎると頭皮がベタベタしてしまい、触るとズルズルとした脂分が指先に移るのですぐに確認することができます。

汚れたまま毛穴に詰まると、育毛剤の浸透効果を阻害することにもなります。多すぎる場合は洗浄力の強いシャンプーを使うことで比較的簡単に対応できます。

しかし、過度に取り除くことは危険です。洗浄力の強いシャンプーは、結果として、頭皮の痒みや炎症の原因となる常在菌が増える結果を生みます。

頭皮には常在菌と言われるマラセチア菌がいますが、マラセチア菌は皮脂量が「多くても」「少なすぎて乾燥しても」頭皮悪化を引き起こすと考えられています。

皮脂量は適度で、しかも正常な皮脂膜によって頭皮にバリアが張られている状態を保つ必要があるというのが一般的な理解と言えます。

アレルギー症状を起こしやすい生活環境の改善を目指す

部屋などの住環境や食生活、生活習慣の乱れ、さらにストレスなど、AGAの進行につながる要因は数多くあります。すべての要因を除くことは困難です。

そこで、40代以降で頭皮が乾燥して潤いがない場合、頭皮が乾燥した原因が「体質」「シャンプーなど誤ったケア」だけにあるのか、アレルギー体質も関係しているのかを確認しましょう。アレルギー体質は、若いときはもちろん年齢を重ねても体への影響として続きます。

頭皮の乾燥は痒みや炎症につながり、抜け毛が増えます。皮脂洗浄力の高いシャンプーを使えば、逆に抜け毛が増えてしまいます。

アミノ酸シャンプーに変えると抜け毛が減るという口コミ情報もあります。「保湿と潤い」を最優先にケアを考え、生活に適度な運動を取り入れたり、冷暖房の工夫をするなど、生活環境の改善にも努めましょう。アレルギーの原因には、ハウスダストやストレスが影響していることも知られています。

育毛剤とシャンプーの使用法から生まれる頭皮の乾燥

意思が間違った育毛剤の使い方を説明している
AGAやFUGAが発症して抜け毛が増えると、育毛剤や育毛シャンプーを使うようになります。この時に陥りやすいのが、「頭皮を清潔にするために皮脂を洗浄して、育毛剤の浸透をよくしよう」という考え方です。

洗浄力の強いシャンプーや「生える」効果を目的に頭皮への刺激が強い育毛剤を使いたくなります。

洗浄力が強い育毛シャンプーが裏目に出る場合がある

皮脂を落とす効果が高いシャンプーは市販されており、比較的安価(1,000円以内)なので手に入れやすいことも特徴として挙げられます。しかし、極端なべたつき感が残る場合が改善されたらいったん使用を止めることも有効な選択肢です。

一般的に肉類などの摂取も減少する壮年性や老人性のAGA対策で、洗浄力が強いシャンプーは慎重に考えても良いでしょう。それよりも、頭皮を整えるアミノ酸シャンプーなどの方が弱った頭皮への刺激が小さくてすみます

頭皮へ強い刺激がある育毛剤を避ける

育毛剤も同様で、ミノキシジル配合の育毛剤で強い刺激を与えるよりも、亜鉛で知られる保湿力や柑橘成分のように頭皮柔軟化効果を生み出すことを考えましょう。頭皮そのものに強い刺激を避けた方が、早い段階で抜け毛を止める効果を生み出すこともあります。

「発毛効果」だけがAGAやFUGA改善のすべてだと考えなくても、頭皮柔軟化効果や血流促進効果につながる場合もあることは間違いありません。

乾燥した環境や強い紫外線などの外的要因への配慮

エアコン設備の整った室内で1年中過ごした、仕事で外出すると紫外線を頭皮が受け続けることになります。こうした頭皮ダメージは頭皮の乾燥や細胞の分裂に支障をきたすようになり、髪の毛そのものが作られにくくなるということは、医学的な見地からも知られています。

夏は紫外線に注意し、冬は室内が乾燥しないような配慮も必要です。

また、しっかりと運動をして汗をかくことで頭皮から余分な汚れを押し出しながら乾燥状態を少し和らげることも必要です。

おわりに

AGAに伴う抜け毛が進行し始めると、真っ先に頭皮に変化が表れていることは冒頭で紹介しました。乾燥して、硬く、冷たい頭皮は「抜け毛」を改善する大きな妨げとなります。頭皮が乾燥している場合のAGA改善法として「血流促進による発毛が先」か「頭皮の柔軟化が先」か、一度は考えたことがあるでしょう。

その結論は、発毛よりも「頭皮柔軟化の回復」だと言えます。ケアの基本は「潤い」と「保湿」を取り戻すことです。

頭皮が乾燥していれば、頭皮の潤いを回復するためのケアを集中的に30日間実施してみましょう。そのほうが、誤ったケアによる「悪化」を防ぐためにも有効な対策となります。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部