スポンサーリンク

AGAクリニックを選ぶときに確認しておくべき5つのポイント

シェアする

AGAクリニックを選ぶときに見過ごせないポイント5つ

AGA専門クリニックが注目される理由は、ミノキシジル(血行促進による発毛効果)とプロペシア(5αリダクターゼ作用の抑制)などの治療薬による高い改善効果への期待と、副作用に対するリスク管理に信頼がおけるという点にあります。

ネットによって広くAGAクリニックの存在と価値が広まったこともその背景にあると言えます。現状は大都市圏中心という不便さはありますが、今後も拡大が続くと考えられます。心得ておきたい「5つの基本」とともに、後半で「クリニックを選ぶ5つのポイント」を紹介しています。

時間とお金に余裕があればAGAクリニックに相談しよう

結論から言えば、AGAクリニックは「お金と時間の都合が合えば有効である」と言えます。

頭皮改善が目的なら自宅ケアや育毛サロンでも十分ですが、AGA克服にもっと確実な成果を得ることを考えると、治療薬による治療のほうが効果を得やすいというのが一般的な考え方だと言えます。

AGAクリニックでの治療前に抑えておきたい基本知識

医師と話をする男性

「健康保険の対象外である」「クリニックや症状によって治療薬や治療法が異なる」という点は心得ておく必要があります。

また、注意点もあります。治療期間は「ずっと続く」という覚悟が必要だということです。クリニックの基本である「ミノキシジル」と「フィナステリド剤」を止めれば、その時から改善効果はなくなります。

さらに「副作用もある」ということを理解しておきましょう。クリニックを選ぶ場合は、ホームページをしっかりと見て治療薬や治療法などの情報を収集する注意が必要です。

AGAクリニックも100%改善はあり得ない

AGAクリニックは遺伝子検査や診察によって、原因の確認と体質に合った治療薬の処方を行います。しかし、注意点もあります。ミノキシジルもフェナステリド(プロペシアの主成分)も万能薬ではないので、効果は100%ではありません。

これは、大正製薬がホームページ上に公開している「ミノキシジル5%」のリアップによる実験でも明らかです。多くは「中程度の改善」ということは頭においておきましょう。

いくら効果が高いといっても、個人の体質や生活習慣、治療期間などによる影響も受けて100%にはならないのです。注意点として「過信はしない」ということです。

その成果を高めるためには、生活習慣もきちんと整えていく必要があります。

専門医による客観的判断と指導を信じること

AGAクリニックの多くは、AGAのリスク判定を問診(家族や親族にAGAの人がいるかなど)や検査によって把握します。

また、リスクの程度や症状に応じて、フェナステリドの投与量を決めます。ミノキシジルを含めた発疹や体調変化などの副作用を、血液検査をしながら管理します。

医師との信頼関係がなければ、発毛効果もリスク管理も難しいということも確認しておきましょう。

AGA専門クリニックを選ぶときに確認する5つのポイント

風景

多くのAGA専門クリニックは相談体制から始まり、ホームページ上に使用する治療薬や料金、効果や副作用について詳しく紹介しています。

残念ながら地方の小さな都市にはまだないため、地方の人は近くの中核都市まで通うことになります。一部、皮膚科の開業医などでも治療はしてもらえますが、できればAGA専門医として開業するクリニックを選ぶ方が、効果に対する信頼性が高いと考えられます。

ホームページでも確認しておきたい「選び方5つのポイント」を紹介しましょう。

ポイント1. 相談体制と治療方法が公開されているかどうか

しっかりとしたAGAクリニックは無料相談体制が整っています。医師が相談に応じることはあまりありませんが、専門のスタッフが費用や効果、治療期間などに答える体制を整えているのが一般的です。

無料カウンセリングを利用したうえで決める必要があります。

ポイント2. 治療薬が明確であること

保険適用外の治療なので全額自己負担であることは共通です。治療薬の基本は、発毛効果があるミノキシジルと男性ホルモンの作用を抑えるフィナステリド錠ですが、クリニックによって違いがあります

ミノキシジルを塗布するクリニックが多いなか、経口タイプのミノキシジルタブレットを提供するクリニックもあります。

また、フィナステリド製剤のプロペシア(5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬)以外に、ザガーロ(5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬)、さらには独自開発や輸入する治療薬を提供することもあります。それぞれの特徴や効果もしっかりと情報を集めましょう。

ポイント3. 植毛手術の可否

AGA専門クリニックのなかには、植毛手術を行うクリニックもあります。また、植毛手術を希望してもAGAの進行具合やデザイン上の観点から、まずミノキシジルやプロペシアによるAGA治療から始めることを勧められる場合もあるのです。

治療だけ、あるいは植毛手術も行うクリニックなのかは最初に確認しておきましょう。

ポイント4. 料金と治療期間の確認

料金は、AGAの検査料金や初診料、治療代、治療薬などが必要となります。AGA治療は、半年や1年で完了(完治)することはありません。継続して通院検査と治療薬の購入が必要です。

毎月、2万円から3万円程度の費用を継続して払い続けることになります。費用の問題は、最初にしっかり確認しておきましょう。

「払っても効果がない」と嘆く前に、自分が払い続けられる治療費はいくらなのか明らかにしておくことが大切です。

ポイント5. 効果とリスクと専門医の実績を紹介していること

最後に、大切なポイントがあります。「効果」と「リスク」の両方をきちんと紹介している点です。

また、「専門医の考え方や確かな実績」は押さえておきましょう。「効果ばかり発信している」「治療費が安いことを全面にアピール」「華々しいキャリア紹介だけが目立っている」ホームページのクリニックは、上記で紹介した基本的な重要情報の有無と内容を確かめてみる必要があります。

「合わせて読みたい」

AGAクリニックに通う前に読んでおきたい!重要情報を徹底網羅
AGAクリニックの治療で完治するのか?答えは「NO」です。これには2つの問題があります。治療の基本的考え方はどのクリニックも「抑制」と「...

おわりに

AGA専門クリニックによる治療は自宅ケアや育毛サロン以上の効果は見込めますが、費用や居住場所の問題もあります。

ホームページで公開されている情報をきちんと整理して、治療方法や使用する治療薬など、細かい点もしっかりと把握することが大切です。

どんなに強い効き目のある治療薬を使っても、「あなたまかせ」の治療では、AGAクリニックの治療効果を実感することは難しいでしょう。

AGA治療において、自己責任でお金を払い、自己責任で克服するという覚悟はAGA治療の場合も自宅ケアと変わりはありません。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする