スポンサーリンク

厚生労働省認可である「m-034」の効果と副作用

シェアする

育毛成分として話題の「M-034」ってどんな?効果・副作用

北海道日高産のミツイシコンブから抽出される「M-034」は、厚生労働省に認可され育毛剤の有効成分として注目を集めましたが、実際のところはどうなのでしょうか。

公開されている検証データや口コミ情報から判断すると、医薬部外品としての緩やかなAGA改善効果は見込めますが、AGAに悩む人が期待する「画期的な改善効果」に応えるところまでの判断材料が揃っているとは言えません。

副作用がほとんどない多くの育毛剤同様、自身の症状とともに、他の有効成分との相乗効果を見極めながら適切なケアを継続することが改善効果を生み出すポイントとなりそうです。

厚生労働省にも認可されている「M-034」ってなに?

男性がアドバイスを出している

「M-034」は医薬品ではありません。発毛や薄毛改善につながる緩やかな改善効果が厚生労働省から認められ、医薬部外品の育毛剤にも配合されている有効成分です。

本来は他の育毛剤同様の効果であって、一部ネット上で騒がれたように「画期的に生える効果が見込める」という解釈をしないことが重要です。

「M-034」の製造元は天真堂

天真堂は東京江東区に本社を置き、厚生労働省認可の医薬部外品を、OEMによるPB商品として製造する会社です。「M-034」も認可を受けており、天真堂も「ソヴール08」という商品名で医薬部外品の育毛剤を販売しています。

またアマゾンサイトでも販売されており、「厚生労働省から認可された育毛成分M-034(北海道ミツイシコンブエキス)配合。ミノキシジルと同等の育毛パワーが証明されています。(アマゾン販売ページより抜粋)」という商品説明が書かれています。

ミノキシジルと同等の育毛パワーを備えている

天真堂がホームページ上に公開しているデータを見ると、「M-034」を添加した抜け毛を培養液に浸けた場合と、無添加で培養した比較実験を行った結果写真が掲載されています。この結果を見ると、髪の毛の根元の上部分が成長していることが確認できます。

この結果から「毛球の保持と髪の毛の成長」が認められ、厚生労働省の認可を受けているということのようです。ある育毛剤サイトには「ミノキシジルと同等の効果」とありますが、この点の確認はできません。

また製品化されている育毛剤は、有効成分「M-034」とともに、血流促進効果があるとされるセンブリエキスや抗炎症作用のあるグリチルリチン酸などが加えられ、AGA改善効果のある育毛剤(医薬部外品)として販売されています。

参照元:天真堂

「M-034」を含む育毛剤を紹介!

男性医師が雄たけびを上げている

では、天真堂の「ソヴール08」以外に「M-034」を含む育毛剤(医薬部外品)にはどういうものがあるのでしょうか。天真堂がOEMによるPB商品を製造する企業です。

実際にどの育毛剤を製造しているのか明らかではありませんが、各種情報から推測できる「M-034」を含む育毛剤を挙げてみます。

ソヴール08のほかチャップアップやブブカなど

天真堂のソヴール08のほか、認知度も人気も高いチャップアップ、BUBKA(ブブカ)、IQOS(イクオス)、さらにアマゾンでは取扱いをしていないヘアドーンという育毛剤もあります。

一般的に、個人輸入で購入できるプロペシアやミノキシジルといった医薬品の口コミ情報の多くが「効果がある」とされている傾向と比較すると、医薬部外品の育毛剤は当然ながら評価がわかれる傾向があります。

極端な例として、とあるホームページには「M-034の効果は保湿効果だけ」という情報もあります。しかし、頭皮の保湿効果は抜け毛の減少に顕著に働く場合もあるのです。

そういった意味では、保湿効果があれば初期段階や症状が落ち着いたときの進行を遅らせることにつながるため、AGA治療であれば十分に高い効果が生まれるという言い方もできます。

医師が育毛剤効果を認めているチャップアップ

注目できるのは、チャップアップのホームページ上に医師のインタビュー記事が掲載されている点です。このなかでM-034の「太さ、成長期の延長、退行期の遅延」効果を紹介しています。

同時にセンブリエキスなどの血流促進効果や、アミノ酸など髪の毛の成長に欠かせない有効成分とともに効果が発揮されるというように、その他の有効成分との相乗効果に注目しています。

参照元:チャップアップ

10代から20代の若年性脱毛症の改善には安全な育毛剤のほうが良い

檀英の切ない表情

「M-034」は、画期的な改善効果が全員に認められるものではなさそうです。ただし、副作用もなく安全であることはほぼ間違いありません。

特に若い世代のAGA改善には、男性ホルモンの影響といった重大なリスクを考える必要があります。

副作用の心配がほとんど考えられない

プロペシアなどの医薬品は育毛剤成分としても知られるノコギリヤシ抽出液が原料です。化学合成した「医薬品」として、男性ホルモンの作用を抑えます。

また、ミノキシジルは血管を拡張させて血流を促進する「医薬品」です。当然、医薬品を使うAGA改善には副作用のリスクがあります。

「M-034」は医薬品同様の高い効果は見込めないでしょうが、ミツイシコンブの抽出液だという点を考えれば副作用のリスクはほとんどありません。若年性脱毛症なら、安心して使えるでしょう。

また、AGAがかなり進行して全体的に薄くなり、M字ハゲや頭頂部が円形状に地肌が見える状態、あるいは前頭葉部分全体が完全に薄毛の状態になってしまっていても、実験結果からも毛包部分が残っている限り髪の毛が育つ有効成分だと言えます。

「合わせて読みたい」

【毛髪診断士監修】育毛剤成分で薄毛改善効果を期待できる8選
育毛剤にはさまざまな商品があります。しかし、種類が多すぎてどれを買えばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回、育毛...

おわりに

一時期、「M-034」に寄せる期待は大きかったようですが、過度の期待は禁物であることがわかります。

しかし、それは「M-034」に効果がないということではありません。育毛剤利用者のAGA進行スピードが、他の全ての育毛剤同様の「緩やかな改善効果」に追い付かず、早期ケアのチャンスを見過ごしたために頭皮改善が進まないジレンマとも言えます。安全で副作用がないことは、育毛剤にとって重要なことです。

「M-034」とともにセンブリエキスなどの有効成分をしっかりと分析して、自身の症状に合わせた選択とケアの方法を考えると良いでしょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部