スポンサーリンク

頭皮の汗かきは薄毛と関係してる?

シェアする

頭皮に汗をかきやすいと薄毛になる?やるべき対策

「汗をいっぱいかく人はハゲる」という、汗と抜け毛・薄毛との直接的な関連はなさそうです。しかし、汗に影響されて頭皮が不衛生になるなど間接的な影響は考えられます。

また、汗をかきやすいと言われる肥満タイプの人は健康面から影響を見つめ直す必要がありそうです。

汗の役割として体温調整が挙げられますが、太った人は少し動いただけで汗をかき、運動時の酸素摂取量が低く毛細血管の血流悪化傾向もあります。「頭皮環境の悪化」と「体質による代謝機能低下」の2つの影響を考えてみましょう。

汗による頭皮環境の悪化はAGAを進行させる

AGAの直接原因は、ズバリ遺伝要素です。強い男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が増え、同時に頭皮の汚れなど頭皮環境の悪化も作用して抜け毛が増えます。

頭皮の汚れの一因として汗があることは事実ですが、体質や生活習慣も関わる「汗の質」を考えてみる必要がありそうです。

綺麗な汗なら頭皮悪化の影響は少ない?

健全な頭皮は青白く、弱酸性の皮脂の膜で覆われることで頭皮全体の保湿力を維持しています。健康な体から出る汗は水分がほとんど(99%)で匂いもないと言われています。

ところが、ろ過が十分行われず余分な成分を含む汗となったり、ネバネバした汗が出て汚れた皮脂と混ざることから、頭皮表面がアルカリ性に傾き雑菌が繁殖するようになるようです。

こういった情報から判断すれば、頭皮を清潔に保ったうえで、水分99%の健康な汗なら抜け毛が増える悪い影響にはつながらないということが言えます。「汗が多いと抜け毛が増える」という関連性は、「頭皮環境の悪化」と「体質や体の機能の低下」につながる場合と考えられます。

頭皮は乾燥と汗の影響が反映されやすい場所

頭皮に汗をかきやすいと薄毛になる?やるべき対策

頭皮への悪影響を、「保湿バランス」「炎症」「毛穴を塞ぐ」という3つの視点から考えてみましょう。頭皮の状態は、皮脂量やケアの方法とともに汗の質にも左右されます。

AGAの原因やケアとともに、汗の状態も確認してみましょう。

頭皮の保湿バランスが崩れると抜け毛が増える

抜け毛の原因に直接影響する原因の1つに、頭皮の保湿バランスがあります。以前は抜け毛の大きな原因は「汚れた皮脂」と言われ、皮脂を取り除く効果の高いシャンプーが多く市販されるようになりました。こういったケアは、若年性脱毛症で特に皮脂が多い場合には有効です。

しかし、老年性脱毛症だと少し事情が違います。年代が上がると皮脂量も少なくなり、結果としてこうした皮脂洗浄力の高いシャンプーを使用することで頭皮の保湿力が失われ、乾燥したフケが増えて抜け毛も増えるという悪い影響が出ている例も見られます。

年代を問わず共通する悪影響として、頭皮の保湿バランスが挙げられます。

頭皮は乾燥しても汗でベタベタしても痒みと炎症を引き起こす

頭皮は、シャンプーや適切なケアを怠ると雑菌が繁殖します。いわゆる悪い汗が多く出ると、雑菌とともに痒みが発生します。そこで、爪で頭皮をかきむしることで頭皮にキズがつき、部分的な炎症を起こすことがあります。頭皮の乾燥が極端に進んだ場合も、同様の症状が起こります。

汗と汚れた皮脂が混ざることは、間接的に頭皮炎症につながっています。

毛穴が塞がれると育毛剤成分が浸透しなくなる

同様に、汗と汚れた皮脂が毛穴に詰まることにもつながります。毛穴を塞ぐと、育毛剤の有効成分が毛乳頭に届かず、頭皮全体に広がる作用が働かなくなる可能性が高まります。皮脂洗浄力が強いシャンプーは、こうした毛穴の皮脂を取り除く効果も高いと言われています。

一方、皮脂を取りすぎると頭皮が乾燥して保湿や潤いがなくなり、逆に抜け毛が増えてしまいます。

体質も影響する良い汗と悪い汗

薄毛の男性

汗には良い汗と悪い汗があるというのが医師の見解です。水分99%の良い汗は頭皮環境悪化にもつながりにくく、逆に余分な成分が混じるネバネバした汗は出てくる量も多く、毛細血管の血液の流れも悪くするという悪影響が見られます。

つまり、大量の汗によって抜け毛が増えるという現象は起こり得ると理解しておいたほうが良いでしょう。

有酸素運動で汗腺の働きを鍛え、良い汗をかく

専門医の解説を見ると、普段出る汗は水分が99%で余分な成分がなければ無臭だということです。

しかし、ベタついた汗が出ると、皮膚(頭皮)の皮脂や汚れと混ざり雑菌が発生することから匂いが生まれます。ネバネバした汗の原因は、汗腺の働きが弱まり血漿成分を血液中に戻すろ過機能が働かなくなるからです。

良い汗につなげる方法として、筋トレや有酸素運動によって日頃から汗腺の働きを鍛えておくと良いようです。

参考サイト:五味クリニックブログ

太っている人は汗をかきやすい?

同じ専門医が「肥満と汗の関係」について疑問に答えたページがあります。「太った人は汗をかきやすいか?」の質問に対して、「イエス」と答えています。太って皮下脂肪が厚い人は熱を体外に逃がすことができにくいことから体温が上がり、逆に汗の量は多くなります。

太っている人は運動量に対する酸素摂取能力が低いことに関連しており、乳酸が多い汗となりやすく匂いも強くなるということです。

また、内臓脂肪が多い場合は血中脂肪酸の濃度が高く、毛細血管の血流悪化から汗が増えるようです。

いずれにしても、太ると汚れた汗が増えることと同じだとも言えます。その汚れて悪い汗が頭皮の汚れた皮脂と混じります。

汗による悪影響が、頭皮環境の悪化を生み抜け毛が増えるという関係は否定できません。

参考サイト:五味クリニックブログ

健康を意識した生活習慣を取り入れることが何より重要

泣いている男性

悪い汗が多く出ることが、抜け毛の増加につながるという関係が否定できないことはわかりました。では、対応はどうすれば良いのでしょうか。

基本は、健全な体調と頭皮環境を常に整えるケアを実践することのようです。育毛ケア同様、質の悪い汗につながらないよう食生活や生活習慣の改善、ストレスの軽減を意識する必要があります。

規則正しい生活と肥満予防の運動を

肥満や内臓脂肪の蓄積は、食生活や生活習慣の乱れも大きく影響します。同時に運動不足も関連していると言えるでしょう。「デスクワーカーが中心の人は、立ち仕事の人と比較すると死亡リスクが高い」という研究結果もあり、NHKも番組で取り上げています。

足腰を動かす運動は健康の基本であり、抜け毛予防にも効果的であることは間違いなさそうです。

参考までに、ストレスによる汗は額に出やすいとともに血管収縮にも関連するので、抜け毛を予防するうえでも運動などを取り入れた生活習慣を考えてみると良いでしょう。

参考サイト:NHK

「合わせて読みたい」

過剰な皮脂分泌はハゲの原因!今すぐできるテカリ防止法
最近、頭皮のベタつきが気になりませんか?冬は空気が乾燥して、頭皮はベタつきやすくなります。頭皮の皮脂分泌が過剰になると、ハゲの原因になっ...

「合わせて読みたい」

頭皮の乾燥でハゲが進行する?改善のポイント
抜け毛が多くなる原因として、頭皮が乾燥していることが考えられます。症状として「乾いたフケがボロボロと落ちる」状態が続く症状が表れ、AGA...

おわりに

「汗が抜け毛を引き起こすか?」という問いに対する答えには、明確には答えられません。しかし、「頭皮環境の悪化」と「体質による機能低下」の影響という面から考えると、単純に「汗の量は自分で調整できないし」ということにはならないようです。髪の毛は、自分の体の細胞が変化した結果として毎日成長しています。

また、新しく生えようと細胞はしっかりと働いています。AGA発症と進行のリスクを抱えながら、一方で、髪の毛が育つ働きを自らの不摂生によって阻害することは避けたほうが良さそうです。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする