スポンサーリンク

発毛促進の期待がある食べ物と理由【5つ激選】

シェアする

発毛促進に効果的な5つの食べ物と理由

発毛促進のためには、体の外から栄養を得られる食べ物の効果を十分に利用することが大切です。髪の毛も含めた体のあらゆる組織は私たちが日常的に摂取している食べ物から作られています。

栄養バランスを整えることも大切ですが、特に発毛に効果的な食べ物を選んで食べることも意識してみましょう。

食べ物の栄養は「発毛促進」へ影響を与える

家族で食事をしている

発毛促進に食べ物が重要なのは、髪の毛を作っている材料となる成分が食べ物から作られているためです。髪の毛は私たちが食事で摂取した栄養素が頭皮に運ばれることで作られます。

そのため、髪の毛となる成分を摂取することと、頭皮に栄養を運びやすい環境を作る成分を重視すると良いでしょう。

髪の毛を作るたんぱく質

髪の毛の主成分はケラチンというたんぱく質の一種です。ケラチンを合成するためには、たんぱく質を十分に摂取しなければいけません。

たんぱく質は動物性と植物性の2つのタイプがありますが、それぞれをバランスよく摂取するようにしましょう。

髪の毛の合成を助けるミネラル

ミネラルは体の中で作ることができないものが多くあります。そのため、食べ物からの摂取は欠かせません。

ミネラルの中には髪の毛の合成に関係しているものがあり、たんぱく質を摂取するだけでなく、合わせてミネラルも補うことが必要です。

頭皮を健康に保つビタミン

ビタミン類の多くは、血行を促進したり肌に潤いを与える働きを持っています。発毛促進のためには、髪の毛が生える根っこである毛根周辺と頭皮の健康維持が大切です。

ビタミンを十分に取ることで、血液が栄養を運ぶ機能を高め、肌の一部である頭皮にも潤いを与えます

発毛促進に効果的な5つの食べ物を紹介!

食事

発毛促進のために効果的な食べ物のうち、代表的で重要な役割を果たす食べ物を5種類紹介します。どれも欠けてはいけないものなので、意識的に摂取を続けることが必要です。

栄養素によっては体内で摂取した分を保存しておけないものもあるので、ドカ食いをするよりも少しずつ毎日食べることを目指しましょう。

1. 肉類

たんぱく質の摂取のために必要なのは、肉類です。動物性たんぱく質を豊富に持っており、吸収しやすい形の鉄分も含まれています。

肉は体に悪いと思われがちですが、赤身肉やささみなどの脂の少ない部位を利用することで、頭皮の皮脂の増加やダイエットの心配なども避けることができます。

2. 青魚

肉以外で良質なたんぱく質を得られるのが青魚です。アジ、いわしなどの青魚にはDHAやEPAが含まれており、血液の脂質濃度を下げて血液サラサラ効果も期待できます。

肉の脂が気になる人は、魚を積極的に摂取してたんぱく質を確保しても良いでしょう。

3. ナッツ類

ナッツ類には亜鉛やビタミンEが豊富に含まれています。亜鉛はたんぱく質の合成を助けるもので、牡蠣や豚レバーなどにも含まれていますが、食べにくい人も多いため、おやつ代わりにも手軽なナッツ類が便利です。

一度にたくさん食べられないものですが、補助的に利用すると良いでしょう。

「合わせて読みたい」

育毛効果が期待のピーナッツに隠された栄養素と働き
ピーナッツなどのナッツ類はアンチエイジング効果があることで知られています。アンチエイジングとは、加齢による体の衰えをできるだけ減らすこと...

4. 海藻類

海藻類は昔から髪に良いと言われていましたが、単なるイメージではなく実際に育毛剤などにも使われている成分が含まれています。

中でもフコイダンという成分はIGF-1という成長因子を増やす効果が期待できます。発毛だけでなく抗菌作用や筋肉強化などの作用も持っており、美容や健康効果の高い食べ物です。

5. 大豆イソフラボン

大豆製品に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きを持っている成分です。肌を整えたり発毛効果があると言われています。

女性はもちろんのこと、男性の薄毛を予防する効果も期待できます。納豆やきなこ、豆腐などの食べ物に多く含まれています。

発毛促進で注意を必要とする食べ物

男性が医師に怒られている

発毛促進にはさまざまな食べ物や飲み物が効果を発揮しています。しかし、中には良い栄養素を持っているにもかかわらず、摂取し過ぎると悪影響を与えるものもあります。

ワインポリフェノールの摂り過ぎ

ポリフェノールは抗酸化作用が高く、頭皮の健康維持に良い効果が期待できます。赤ワインにも含まれる成分であり、意識して選んでいる人もいるようです。赤ワインのポリフェノールも抗酸化作用は期待できますが、それ以上にアルコールの摂取でのリスクがあります。

アルコールは過剰に摂取することで頭皮の刺激になったり体調不良の原因となるため、ポリフェノールのために摂取を増やすのは危険です。

カプサイシンの過剰摂取

唐辛子に含まれているカプサイシンはイソフラボンと一緒に取ると成長因子を増やしたり、適度な刺激で血流を改善する効果が期待できます。

しかし、摂取しすぎると頭皮に刺激を与えるものとなります。

「合わせて読みたい」

カプサイシンに期待できる4つの育毛効果と摂取量目安
カプサイシンが育毛に効果があるという話を聞いたことはありませんか?カプサイシンといえば、発汗作用やダイエット効果のイメージがありますが、...

大豆製品の味噌やしょうゆによる塩分過多

イソフラボンを持つ大豆製品には味噌やしょうゆなどの調味料もあります。ただし、これらの調味料には塩分が多く含まれており、過剰に摂取すると塩分による成人病のリスクやむくみなどの深い症状の原因となりかねません。

おわりに

発毛促進には食べ物の働きが重要な役割を持っており、食べ物選びによって頭皮や髪の毛に良い影響を与えることができます。良い食べ物は積極的に摂取するようにして、髪の毛の発毛効果の高い栄養素を十分に取り入れましょう。

ただし、栄養素を含んでいても、たくさん摂取してはいけない食べ物もあるので注意が必要です。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部