スポンサーリンク

20代男性が抜け毛になる5つの原因と対策

シェアする

まだ若いのに…!「20代男性」が抜け毛になる原因と対策

まだ20代なのに、抜け毛が気になる男性が増えてきています。「髪を洗うと髪のまとまりが排水溝に溜まる」とか「朝起きると枕に抜け毛が散っている」などと、若いのにハゲの心配なんてしたくないですよね。

20代男性の抜け毛の原因を探ってみましょう。これ以上抜け毛を増やしたくない方におススメのケア方法をご紹介します。

原因1. 生活習慣の乱れ

夜遅くまでスマホを見て寝るのが遅くなったり、食生活が乱れると、自律神経やホルモンバランスが崩れて抜け毛の原因にもなります。

今までの睡眠不足や偏った食生活を見直してみましょう
抜け毛の予防にも規則正しい生活が基本です。またタバコやアルコールも頭皮にとって好ましくありません。

和食中心のヘルシーな食生活を

脂っこい食べ物や、インスタント食品、外食ばかりでは髪にもよくありません。
頭皮の皮脂が多くなり、毛穴が詰まって抜け毛の原因になります。
高カロリーな食事ばかりで負担がかかると、胃腸の働きが低下して栄養を吸収しにくくなり、抜け毛につながります。

また、食事が偏って肥満になると、血行がドロドロになって悪化してしまい、薄毛の直接的な原因になる可能性もあります。

喫煙や飲酒はできるだけ控える

喫煙をすると、ニコチンの影響で血液の流れが悪くなり、髪にも悪影響を及ぼします。急に禁煙することは難しくても、本数を減らしたりして気を遣ってみましょう。

また、飲酒は肝臓の機能が低下して、発毛に必要な細胞を作れなくなってしまいます。すっぱり禁酒までしなくても、今までより飲酒量を減らすなどの努力をしてみましょう。

和食中心のヘルシーな食生活を目指すと体にも負担がかからずに、健康になって抜け毛も予防できます。

原因2. ストレス

10代後半から、20代にかけて、受験や就職活動などでストレスを感じることが多くなります。
ストレスを多く受けるようになると血管が収縮し、血行不良になってしまいます。そのほかにも体調などにも色々な悪影響が出てしまいます。

社会人として生活するようになればなおさらです。規則正しい生活を心がけて、睡眠をたっぷりとることが大切です。
抜け毛を気にしすぎることもストレスになるので注意しましょう。

サプリメントや育毛剤を利用する

最近では種類も豊富になり、抜け毛予防に効果が高い物も発売されています。育毛剤から自分に合ったものを選んでみてください。値段は効果になりますが、地道に少しづつケアすれば、効果が出るでしょう。
頭皮環境によっては育毛剤を使用することが悪影響になってしまうこともあるので、不安な人はまず医師の診断を受けてみることも考えましょう。

ちょっと薄くなったかな?というくらいの段階からサプリメントを飲んでいると安心できます。栄養も補給できて、抜け毛も予防できるようになって、効果的でしょう。

頭皮環境を整える

皮脂が気になるからと、洗浄力の高いシャンプーでゴシゴシ洗うのもNGです。
抜け毛を気にして、洗う回数を減らすのもNG。ノンシリコンのシャンプーで指の腹を使って、地肌を優しく洗いましょう。

優しくタオルドライして髪同士の摩擦を避けて乾かしましょう
ドライヤーも短時間で済ませて、同じ個所に長時間ドライヤーをあてないようにしてください。

ほかのアルコール系などに比べると頭皮に優しく、保湿性が高いアミノ酸系のシャンプーが使えるとベストです。基本は一日一回洗いましょう。
頭皮環境を健やかに整えることで、健康な髪が生えやすくなります。

原因3. 皮膚病

アトピー性皮膚炎などで、肌が炎症を起こしていたりすると、抜け毛が発生するのです。
皮膚科で治療してもらうと炎症やかゆみも治まり、自然と抜け毛が収まるようになります。頭皮の状態をよく見てみましょう。

痒くても掻かない

アトピー性皮膚炎などの場合、どうしても痒さを感じ掻いてしまわれる方が多くいます。

掻いてしまうと皮膚を傷つけてしまい、爪に溜まった菌が皮膚内へ侵入します。
痒みを我慢するのが大変ですが、できるだけ掻かないように注意し、皮膚科等で相談されることをおすすめします。

原因4. 円形脱毛症が原因

自己免疫性疾患によって、抜け毛が発生するのが「円形脱毛症」です。いわゆる10円ハゲと呼ばれる脱毛症です。
自己免疫性疾患は外敵を攻撃し、細胞を守る働きがある「リンパ球」が、誤って毛根を守る「毛包」を細胞を攻撃してしまうことで起きる脱毛症です。

そのほかにもストレスなどが原因で円形脱毛症は起きることもあります。

皮膚科で診てもらう

円形脱毛症の可能性がある場合は皮膚科か、頭皮専門の病院で診てもらうことが対策として1番おすすめです。
AGAとは違って、円形脱毛症には育毛剤の効果は期待できないとされています。

円形脱毛症には確実な治療法が未だあるわけではありませんが、内服薬による治療法や、ステロイド局所注射など色々な治療方法があります。
改善をするためにも、一度医師の診断を受けてみましょう。

原因5. AGA(男性型脱毛症)が原因

今まで、男性の抜け毛で最も多いのがこのタイプでした。昔は30代から抜け毛が気になり始めるという傾向でしたが、最近では20代からすでに発症することも多くなってきました。

生え際や頭頂部から薄毛が進行していきます。円形脱毛症との違いはAGAが進行が比較的ゆっくりなのに対して、円形脱毛症は気づいたときには抜けてしまっていることがほとんどです。

また、男性の抜け毛のほとんどがAGAであるのに対して、円形脱毛症は子どもと女性でも発症が見られます。

AGA専門クリニックへ通う

男性ホルモンと5aリグクターゼによって、ジビドロステトロンが生成されるとAGAが発症します。
このジビドロステトロンが脱毛の原因となります。

生え際から抜けるM型・頭頂部から抜けるO型・M型とO型が同時進行する複合型があります。
気になるようならば、思い切って病院で診てもらいましょう。

抜け毛が激しくなって、さらにストレスになってしまうのならば、頭皮専門の病院で診察を受けて治療を開始することも検討してください。
抜け毛対策では、早め早めの対応が重要となります。
血管を拡張することによって育毛効果が期待できる「ミノキシジル」や「亜鉛」や「ビタミン」を含むサプリメントを飲む治療を受ければ、AGAを克服する可能性は高まります。

おわりに

いかがでしたか?抜け毛はハゲの原因だからしょうがないと諦めていませんでしたか?今では育毛剤の効果も上がってきて、自分で抜け毛のケアをしやすくなっています。

専門外来での治療も有名になってきました。必要以上に心配することなく髪の抜け毛ケアをスキンケアと同様に取り入れてみるといいでしょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする