スポンサーリンク

幼児期で円形脱毛症を発症しやすい理由と確認すべき生活環境

シェアする

幼児期で円形脱毛症を発症しやすい理由と確認すべき生活環境

円形脱毛症は大人だけに発症するものではなく、現在では幼児期から子供といった若い世代にも多く発症し、悩みを抱えている人は少なくありません。

こちらでは、子供に発症してしまう円形脱毛症の根本的な理由と、見直すべき生活環境について紹介いたします。お伝えする内容をおさえ、円形脱毛症の予防・改善の参考として頂けると幸いです。

幼児期から子供に発症する円形脱毛症の原因

ウィキペディアには、円形脱毛症の発症は「30歳以下で発症する割合が81.8%、特に15歳以下の発症が全体の4分の1を占め若い世代に多いのが特徴」と紹介されています。

「生まれたばかりの幼児の発症や、15歳以下が全体の4分の1を占める」ということからも、子どもの発症率が高いことがわかります。ではどうして、年齢が若い子供に円形脱毛症が発症してしまうのか?

下記で確認をしてみましょう。

根本的な原因は「自己免疫疾患」である

原因は自己免疫疾患ですが、アレルギー症状につながる遺伝的な要因があれば発症しやすくなるということが言えます。

同じウィキペディアを見ると、「円形脱毛症の40%以上がアレルギー要因を持つ」「円形脱毛症の50%が親兄弟にアトピー要因が認められる」という記述もあります。ストレスが第一の原因というよりも、自己免疫疾患が深く関わっていると言えるでしょう。

参考サイト:ウィキペディア

自己免疫疾患と生活環境の大きな関わり【要確認事項】

女性が確認をしている

触れてはいませんでしたが、円形脱毛症を発症させる原因である、自己免疫疾患に遺伝が関わっていることは間違いではなさそうです。

しかし、遺伝以外の外部環境からアレルギーやアトピー性皮膚炎を発症することも十分考えられます。代表的な要因を下記で確認していきましょう。生活環境が関わっているため、これからお伝えする内容に該当していると思われた場合、改善できないか考えてみてくださいね。

室内にいるダニが影響

医学的な見解はありませんが、幼児期の生活環境が影響する可能性も否定できないでしょう。建築資材の問題はもちろん、室内の清掃がきちんと行き届かない環境で育てることでダニの影響を強く受けることがあるかもしれません。

エアコンフィルターの汚れも悪影響のひとつ

また、エアコンのフィルターの汚れが室内を汚染している可能性も否定できません。ご家庭によっては、目に見える範囲でしか掃除をする時間が取れないといった方もいるでしょう。

ですが前述したように、掃除ができていないことが脱毛症に繋がるリスクに繋がるというのであれば、どうにか少し時間を作って、清掃に取り組みたいものです。

家庭内で感じるストレス

家庭内のイザコザによるストレスを乳幼児に与えている可能性もあります。また母乳の授乳期間なども関係するかもしれません。

遺伝的に発症しやすい体質を持っていれば、さまざまな要因から誘発する可能性が高いと言えるでしょう。とくに、夫婦間の喧嘩などは子供にとっては心へ与える不安要素も大きく、ストレスとなります。抱える不安や精神的ダメージを我慢するために、自分の髪の毛を引っっぱるといった子供も少なくありません。

「合わせて読みたい」

抜け毛症の子供に見られがちな共通点と改善にむけたポイント
抜け毛は子供にも起こるものです。大人の抜け毛にもいろいろな原因があり、それに合った対策がありますが、子供の抜け毛を改善するためにも原因に...

まとめ

円形脱毛症の治療は、日本皮膚科学会のガイドラインに基づいてステロイド局所注射や局所免疫療法といった治療方法が行われています。そして円形脱毛症は皮膚科など専門医の診断を受けることが大切です。

子どもの発症率が高いことを考えると、家庭でできる生活環境の改善は注目したいものです。自分自身のみならず、小さな子どもがいる家庭はとくに配慮が必要と言えるのではないでしょうか。

部屋の掃除、健康を考えたレクリエーション、栄養バランスを考えた食事などは比較的簡単に実行できるはずです。成人の発症でも考え方は同じです。想定できるリスク少しでも減らしながら、医師とともに疾患と闘う覚悟が求められます。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする