スポンサーリンク

頭皮ケアブラシ3つの役割と正しい・間違った使い方

シェアする

頭皮ケアブラシの「間違った」「正しい」使い方【ハゲ対策】

頭皮は髪の毛を育てる基礎となる部分です。そのため、頭皮を整えることができるブラシは育毛ケアに欠かせません。

ところが正しい使い方をしないと反対に頭皮に悪影響を与える恐れもあります。頭皮ケアの正しい使い方、間違った使い方を知り、毎日のケアに活かしましょう。

頭皮ケアブラシの3つの役割

女性の驚いた顔
頭皮ケアブラシは、頭皮を刺激するだけでなくさまざまなヘアケアに役立ちます。役割を知ることで目的意識を持ち、頭皮ケアブラシをより有効に使いこなしましょう。

役割1. 頭皮マッサージでの血行を促進

頭皮ケアブラシのもっともメジャーな使い方であり、多くの人がこの効果を狙ってブラシを利用していると言っても良いでしょう。頭皮の血行は髪の毛に栄養を届ける重要なものであり、血流が停滞すると髪の毛を育てる働きも停滞すると言われています。

髪の毛は、頭皮の毛根部分にある毛母細胞が細胞分裂を行うことで成長すると考えられています。細胞分裂には栄養や水分、酸素などが使われますが、それを届けているのが頭皮を巡っている毛細血管の数々です。

頭皮は薄く弾力を失いやすいため、そこを通る血管も通りが悪くなると言えるでしょう。そんな血流を改善するためには、マッサージで頭皮を柔らかくすることが大切なのです。

ただし、頭皮を手指で毎日マッサージするのは手間もかかりますし、疲れます。しかも髪の毛も一緒にこすってしまい、摩擦で髪を傷めたり頭皮にダメージを与える恐れもあるでしょう。そのため、頭皮ケアブラシで手軽に適度な刺激を与えることが大切です。

役割2. ブラッシングで頭皮の皮脂を髪に行き渡らせる

頭皮ケアブラシは普通にブラッシングをしても良い効果が得られます。ブラッシングは頭皮から分泌された皮脂を髪に行き渡らせることが期待できるものです。

しかし、硬すぎるブラシを使うことでブラッシングによって頭皮を傷つけてしまうこともあるようです。頭皮ケアブラシであれば、マッサージ用に適度な弾力を持っているため、頭皮を傷つけないようにブラッシングしやすいと言われています。

役割3. 頭皮や髪の汚れを落とす

洗髪時に頭皮ケアブラシを使うことで毛根や頭皮の汚れを効果的に落とすことが出来ると言われています。

上記のブラッシングでもホコリや汚れを大体落とすことができ、さらにシャンプー中にマッサージを行うことで頭皮を柔らかくして汚れを浮き出させることが出来るようです。

頭皮ケアブラシの「正しい」使い方と「間違った」仕方

女性の驚いた顔

頭皮ケアブラシは正しく使ってこそ良い効果が得られます。マッサージ効果を高めて髪や頭皮を傷つけない使い方のポイントを押さえましょう。

頭の形に合わせて優しくするのが正しい

頭皮ケアブラシは頭の形に添わせて使います最初は上から下へと優しくブラッシングして心地よいくらいの刺激を頭皮全体に与えましょう。少しずつブラシを当てる部分を変えていき、全体的にマッサージ効果が行き渡るようにするのがポイントです。

後頭部のマッサージでは、下から上へとブラッシングを行います。首筋側から後頭部に向けて、優しくブラシを頭皮に這わせます。髪の長い人は片手で髪を持ち上げておくと楽に行えるでしょう。

ブラシを頭皮に力強く押し付けて使うのは間違い

頭皮ケアブラシを使う時は、強すぎる力で頭皮にブラシを押し付けてはいけません。頭皮に強く当ててブラッシングしてしまうと、頭皮が摩擦で傷つきます。傷ついた部分はさらに皮膚が硬くなってしまうので、逆効果になりやすいと考えられます。

また、同じ部分ばかりに繰り返し当てるのも刺激が過剰になってしまうようです。

【シャンプー時】左右に小刻みに動かして使うのが◎

シャンプー中に頭皮ケアブラシを利用する時は、小刻みに動かすことが大切です。シャンプーはあらかじめ掌で泡立てておき、お湯で十分に洗い流した頭皮に泡を行き渡らせます。

頭皮ケアブラシは髪の生え際から頭頂部へ、さらに後頭部をまわって襟足へと進めましょう。力をこめないようにしながら、左右に小刻みに動かして汚れを落とします

【シャンプー時】やはりブラシを力強く押し付けるのは✕

シャンプー中は髪の毛が濡れており、キューティクルが開いている状態です。そのため、髪を強くこすると髪にダメージを与えてしまうでしょう。

また、基本のマッサージ同様に頭皮を傷つける恐れがあるため、強くブラシを当てるのは避けた方が良いと考えられます。

また、ブラシの動きを大きくすると髪の毛が絡んで引っ張られ、毛根が傷つくリスクとなりかねません。毛根が引っ張られることで抜け毛が増えてしまうこともあるようです。

おわりに

頭皮は髪の毛の健康の土台であり、そこが不健康になっていたら育毛剤や髪に良い食べ物などを心がけていても効果を活かしにくくなります。頭皮は激しく鍛えて強くなるものではありません。

頭皮ケアブラシを使う時も優しさを心がけ、強い刺激を与えないように注意しましょう。正しい頭皮ケアブラシの使い方の基本は優しさと気持ちよさです。気持ちよいと感じられる適度な刺激を与えて、血行を促進して頭皮環境を整えましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部