スポンサーリンク

AGAクリニックに通う前に読んでおきたい!重要情報を徹底網羅

シェアする

AGAクリニックに通う前に読んでおきたい徹底情報

AGAクリニックの治療で完治するのか?答えは「NO」です。これには2つの問題があります。治療の基本的考え方はどのクリニックも「抑制」と「発毛促進」とほぼ同じです。

一方で治療を受ける人の症状や体質はさまざまで個別対応の問題があります。また、AGAメソセラピー(毛髪再生脂肪注入)やAGA幹細胞再生治療(HARG治療など)の新たに期待される治療法も、単独で劇的な変化を生み出すことはないという医療技術の課題もあります。

「個々により条件が異なる」「新たな治療法も限界がある」という2点を踏まえ、AGAクリニックの選び方を考えてみます。

AGAクリニックでも「抑制」と「発毛促進」以外の治療方法はない

医師がAGAの治療について話をしている

AGAクリニックは、医薬品を使って発毛効果を生み出すための病院です。地方の小さな都市には専門クリニックはなく、皮膚科医院などが対応しています。

プロペシアやミノキシジルによる治療は行いますが、AGAのカウンセリング体制はありません。治療実績やカウンセリング体制を考えると、通院するなら大都市圏にある専門クリニックを利用する方が良いと言えます。

プロペシアなどによる「抑制」とミノキシジルによる「発毛促進」治療が基本

AGA専門クリニックによる治療の基本は、プロペシア(5αリダクターゼⅡ型阻害薬)やザガーロ(5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型阻害薬)による抜け毛予防と、ミノキシジルによる発毛促進です。薬代の安いファイザーや、ジェネリック医薬品のフィンペシアを使う場合もあります。

AGA専門クリニックは、医薬品による「抑制」と「発毛促進」効果につなげる治療です。同時に、リスクである副作用を抑える検査や治療が重要だと言えます。

自宅ケアや育毛サロンはあくまで頭皮のケア

プロペシアやミノキシジルを使う治療効果と比較すると、家庭で使う育毛剤には医薬品を超える効果が見込めないと考えられます。育毛剤の多くは、医薬部外品、もしくは化粧品に分類されています。唯一、発毛剤として認められているのは大正製薬のリアップ(第一類医薬品)だけです。

育毛サロンで行う育毛ケアも、医薬品を使っているわけではありません。カウンセラーによるシャンプーや、専用の器具を使って頭皮を健康に保つ施術によって、自分では難しい丹念な頭皮ケアを行っていると考えれば良いでしょう。

AGAクリニックで行う基本的な5つの治療

AGA専門クリニックの治療は、5つの方法で行われます。基本である「抑制」「発毛促進」とともに、「AGAメソセラピー」「AGA幹細胞再生治療」など新しい治療法を採用しているクリニックもあります。さらに、「副作用管理」は重要です。

1. 5αリダクターゼ阻害薬による「抑制」

医薬品としてプロペシアやザガーロが知られています。同じフィンペシア剤は個人輸入で購入することもできます。また、5αリダクターゼⅡ型のみの阻害のプロペシアよりも、Ⅰ型・Ⅱ型も阻害するザガーロの方が、抑制効果が高いと言われています。

Ⅰ型は主に皮脂の分泌量、2型が直接脱毛につながるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成に関わっています。

2. ミノキシジルによる「発毛促進」

血管が拡張すれば発毛促進につながることは分かっています。ミノキシジルには血管拡張効果があり、リアップ(1%もしくは5%)が知られています。個人輸入で海外製品を購入することができます。

AGA治療専門クリニックも、ミノキシジル成分の外用薬を使います。また、ほんの一部ですが経口タイプのミノキシジルタブレットを処方するクリニックもあります。

3. 痩せた頭皮を改善する「AGAメソセラピー」

前頭葉がハゲている状態を想像すればすぐに分かりますが、頭皮が薄く突っ張っています。脂肪がなければ頭皮の血流は生まれません。そのため、注射によって脂肪を注入する治療法です。美容整形でも行われています。

ある専門クリニックは、短期間で回復したというデータを掲載しています。「抑制」「発毛」効果の発揮を助ける効果があると考えられますが、単独で顕著な発毛効果が見られる治療法とは言えません。

4. HARG(ハーグ)治療など再生医療

HARG療法は、サイトカイン(成長因子)を含むヒト脂肪幹細胞由来の培養上清に育毛剤を混ぜた医薬品による再生医療です。専門医によっては「多くの人に有効」という意見と、「効果は30%程度」というように評価が分かれています。

プロペシアなどとの併用が一般的なことを考えると、HARG療法だけでAGA治療が完結するということではありません。

「合わせて読みたい」

HARG療法でAGAの改善を目指すなら!基礎知識を徹底網羅
AGAの治療で発毛までにかかる期間はどれくらいなのでしょうか?薄毛が気になる人でAGAの治療を試したいと思う人は多いはず。そこで今回は、...

5. AGAリスク遺伝子検査と副作用によるリスク管理

「ハゲるリスク」を診断するための遺伝子検査を行います。5αリダクターゼの「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の発現状態を調べることで判定します。
診断精度は100%ではありませんが、「Ⅰ型」「Ⅱ型」のどちらに強く起因しているのか知ることができるため、フィナステリド剤(プロペシア)か、デュタステリド剤(ザガーロ)の選択や、効果的な処方量を決めることができます。

AGAクリニックは血液検査行うことで、有効成分の血中濃度を確認したり、同時に副作用の影響を考慮しながら治療方針に反映させます。

AGAクリニックのメリット・デメリット

AGAクリニックのメリットとデメリットを聞く男性

AGA専用クリニックは「医薬品による治療」「副作用のリスク管理」「次の一手(植毛のタイミングなど)」を参考にして選ぶ参考にすることができます。次の一手とは、効果があまり見込めないときに他の治療の選択肢が明確であるという点です。

AGA治療は毎月2万円から3万円の定期支出がずっと続きますが、発毛効果には個人差が出てきます。メリットとともにデメリットを十分確認しておく必要があります。

メリット

メリットは、自宅で使う医薬部外品の育毛剤以上の効果が期待できる点です。

5αリダクターゼ阻害薬のフィナステリド剤やディタステリド剤の処方、あるいはミノキシジルの処方が可能です。医薬品を使う効果とともに一定の割合で発生する性欲減退、軽度の発疹、あるいは重症化といった副作用を防ぐことができます。

治療効果が見込めない場合は再生細胞医療など先端治療や、場合によっては植毛も選択(一部クリニック)できるなど、一貫した治療を継続することができます。

デメリット

医薬品を使うAGA治療も、改善率は100%ではありません。各種データや情報を見ても、自覚できる改善には半年から3年ほどの期間がかかります。その間、毎月2~3万円の治療代が必要です。

また、薬の服用や外用薬の使用を止めると、またAGAの進行が始まります。継続しなければ効果は持続できません。

また、先端治療のうちAGAメソセラピーによる脂肪溶解注射も、前頭葉のハゲあがり頭皮が薄く硬くなった状態からの回復には時間が必要です。AGA幹細胞再生治療同様、全員に必ず効果が出るというわけではありません。

個人個人に合う治療法であっても、必ず効果が実感できるとは言えないのも事実です。

AGAクリニックには「男性専門」「男女対応」「女性専門」がある

AGAクリニックについて知りたがっている人たち

AGA専門クリニックの基本的な治療方法やカウンセリング体制は、どこも同じと考えて良いでしょう。ただ、使用する医薬品や外用薬のメーカーが異なっていたり、一部は外国で製造された医薬品を使うことで毎月の治療費の差がでます。

ここでは、AGAクリニックを選ぶヒントとして「男性専門」「男性(女性)専門」「男性と女性に対応」「女性専門」とともに考えてみましょう。

治療方法

治療の基本は「抑制」と「発毛」で、医薬品も同じです。製造メーカーが異なれば名称も違い、ジェネリック医薬品も選択できるAGAクリニックなら毎月の治療費も抑えることができます。

AGA治療に使うほとんどの医薬品は、女性男性型脱毛症(FAGA)には使えません。

カウンセリング

カウンセリング内容、家系や仕事、生活、現在の状況を問診票に基づいて聞き取ることが中心です。また、治療内容や料金の説明などが行われます。AGA治療に関していえば、若い男性も多いことから特に男性型脱毛症の悩みが共有できるカウンセラーを配置しているかが気になるところです。

多くのクリニックは専門スタッフが対応しますが、一部クリニックは医師が無料のカウンセリングや問診を行っています。医師によるカウンセリングは治療方針と同じなので、相談者も安心できます。

「男性専門」「男女対応」「女性専門」のどこが有利?

AGAと、女性のFAGAは原因が少し異なります。またAGA治療薬の中には、女性に使えない医薬品も多くあります。ホームページの情報から「実績」「原因と治療法の解説」「費用」などを見てきめましょう。

比較が難しい場合は「専門」と「実績」が伴っているかを判断すると良いでしょう。治療方法やカウンセリング体制も含めて、相談者の立場で考えれば「男性専門」である方が安心につながるかもしれません。

ジェネリック医薬品の選択ができればAGAクリニックの料金は安くなる

AGAクリニックの料金について話を聞く患者

AGA専門クリニックで治療するときに毎月必要となる料金は、「治療費」「診察・検査費」「医薬品費」によって決まります。使用する医薬品の価格はAGAクリニックによって違いがあるのでホームページなどで確認するようにしましょう。

いずれも健康保険は適用されないので、料金はクリニックや薬局が設定する自由診療です。大きな差は、医薬品の料金から生じると考えてもよいでしょう。

毎月必要な料金に深く関わる医薬品の見方

AGA専門クリニックで使用する医薬品(抑制のため)は「プロペシア(フィナステリド)」または「ザガーロ」です。発毛には「ミノキシジル(主に外用薬として)」です。

1か月に必要となる医薬品の価格を目安によって評価してみましょう。プロペシアは7,000円前後、ザガーロは9,000円前後とします。プロペシアのジェネリック医薬品フィンペシアは1,000円というクリニックもあるようです。単純に、毎月5~6,000円は抑えることができます。

また、フィナステリドとミノキシジル、さらに亜鉛を加えるなど独自の調剤薬を使用するクリニックもあります。こういった場合も考えられるので「無料相談」で料金を確認しましょう。

AGA専門クリニックの多くは、使用する医薬品や料金をホームページ上に公開しています。検査費は、治療を開始する前の血液検査やAGAのリスクを数値で見る遺伝子診断、初診料です。また、定期的に血液検査を行い有効成分の濃度や副作用の検査を行います。

個別治療の有無や、医薬品の価格によって毎月の負担額は違ってきます。ホームページの公開情報をもとに自分はどの方法を取るのかをイメージしたうえで、カウンセリング時に治療方法と料金を確認することが重要です。

AGAクリニックを選ぶ5つのポイント

AGAクリニックを選ぼうとしている男性

冒頭、「個々により条件が異なる」「新たな治療法も限界がある」という2点を紹介しました。その2点を理解したうえで、利用者がAGA専門クリニックを選ぶ理由は、「発毛効果が期待できるか」です。その判断材料となるホームページの情報量と質が重要となります。

治療以上に、料金も高額、医療に伴う効果も未知数、しかも継続した通院が必要など、利用者には最初の不安が大きいものです。そこで重要なのが「相談やカウンセリング体制」です。5つのポイントを分けてAGA専門クリニックを選ぶポイントを紹介します。

1. ホームページの情報が充実していること

検索で上位検索されるAGAクリニックは、人気が高いと言えます。

まず、自宅から通える場所にあるのか確認します。次に、症例写真を見てみましょう。次に、治療内容、治療薬、料金、ドクター、Q&Aなどを確認します。

ポイントは「相談体制」「治療実績(件数など)」「治療方法」「治療薬」「明確な料金表示」です。

2. 継続して通院できる場所にあること

場所は重要です。AGAの治療は、止めてしまうと元の状態に戻ります。AGAクリニックの多くが大都市圏にあり、地方の政令都市以外にはほとんどないと言えます。治療費として毎月3万円程度、さらに通院費用を計算して継続できるかどうかがポイントです。

転勤が多い人は、将来の勤務先も考えておくことも必要です。治療を中断すれば、効果はなくなります。

3. ホームページを見てAGA治療の基本が理解できること

AGA治療の基本は、プロペシアやザガーロ(5αリダクターゼ阻害薬)を使い抜け毛を抑制しながら、ミノキシジル(血管拡張作用)によって発毛促進をうながします。

また、全てではありませんが、脂肪注射により頭皮血流効果を高める治療方法、成長因子を利用するHARG治療を併用します。

この内容に沿った治療法や使用する薬が紹介されており、目を通せばどういう治療をするのかが自分で理解できることが重要です。曖昧な点があれば、質問項目としてメモしておくと良いでしょう。

4. 個々に違う状況や症状をしっかり聞いてくれること

AGA治療専門クリニックで治療をする覚悟が決まれば、いよいよ相談です。ネット申込みが簡単なので、必要項目にチェックを入れて日時と時間を決めます。

最初の問い合わせやカウンセリングは、一部を除き専門カウンセラーが対応します。このときに、相談者の状態を「問診票チェック」だけで、「わかりました。では、このような治療が効果的です」と、そそくさと治療の説明に入ろうとするクリニックは要注意です。

「家系の状態」「仕事の状態」「生活パターン」などは、誰にでも聞ける基本的なことです。これまでのAGA発症経過やケアの方法、改善するための方法や発毛確率など、相談者の状態についてしっかり聞いてもらえない場合は、事前に用意した「質問メモ」を用意して確認するようにします。

5. 効果が出ない場合の新たな治療方法や料金の説明があること

相談が終わりAGA治療を開始することを決めても、それで納得してはいけません。AGA治療は、全員が同じように完治するわけではありません。最善を尽くしても「効果が見えないケース」もあるということです。

そこで、最初に提案された治療方法や費用の変更も考えておく必要があります。AGA治療は、止めてしまえばその時点からまた元の状態に戻ります。治療によっては、次の新たな治療法を採用する必要も出てきます。

例えば、前述した基本治療に加え「AGAメソセラピー」や「AGA幹細胞再生治療」、さらに「自毛植毛による治療」です。AGA治療に伴い数十万円も費やして、揚句の果てに100万円の自毛植毛で治療しましょうと突然言われる可能性もあります。

専門クリニック側に悪意はなくても、事前に確認しておかなかったために信頼関係を崩すと、せっかく行ってきた治療が無駄になります。最初に、「効果がなかった場合の次の治療法」についてしっかりと理解しておくことが重要です。

中断したら、それまでの治療は無駄になることはしっかりと頭に置いておきましょう。

おわりに

AGAの症状や原因は、個人個人異なります。冒頭紹介したように、「個々により条件が異なる」「新たな治療法も限界がある」ので、まず自分自身の治療に適したクリニックを探す必要があります。

自宅から定期的に通える場所にあるエリアから候補を選び、治療内容(基本的な治療と先端治療など)と使用する医薬品を確認、料金を確認したうえでAGA治療を決断することが重要です。カウンセリング体制をしっかりと見極めましょう。

AGA治療の第一歩を踏み出すときの勇気は必要ですが、慣れれば抵抗はなくなります。早期治療が基本のAGA改善には、「効果が期待できて自分が良いと確信したら、素早く実践してみる」という考え方も重要です。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする