スポンサーリンク

【女性必読】頭皮に痛みがでる原因と対策

シェアする

【女性必読】頭皮に痛みがでる原因と対策

思いあたる理由がないのに、頭皮に痛みを感じる経験をしたことはありませんか?この頭皮の痛みは、肌質による影響や、病気などが原因で引き起こされている可能性があります。

ここでは、頭皮の痛みの原因について詳しく調べてみました。症状を和らげるための対策法もご紹介していますので、合わせて参考にしてください。

頭皮が痛む原因には2つのタイプがある

女性が頭が痛くて泣いている

頭皮の痛みとひとくちに言っても、一時的に現れる痛みから断続的に繰り返される痛み、頭の表面で起こる痛み、頭の奥に起こる痛みなど、症状はさまざまです。

さらに痛みの状態を形容すると、ピリピリ、ひりひり、ズキズキ、ガンガンと、実に多くのタイプがあります。これら頭皮に生じる痛みは、ほとんどの場合が次の原因で引き起こされていると考えられます。

乾燥肌が原因で引き起こされる

頭皮に現れる痛みは、肌質が原因で引き起こされることがあります。頭皮も顔と同じように、乾燥肌、敏感肌、脂性肌など、いくつかのタイプに分かれており、頭皮が痛む場合は、乾燥肌が影響していると考えらえます。

なぜ頭皮の乾燥が痛みを引き起こすかというと、通常は肌の表面にあるバリア機能としての角質によって、外部の刺激から頭皮は守られています。

ところが、肌の保水力が低下して乾燥肌になると、角質層が薄くなりバリア機能も低下して、外部の刺激に反応しやすくなり痛みを感じます。たとえば、冬の寒い日に外出すると顔や頭皮がピリピリするのは、乾燥肌が起こす痛みの症状です。

頭皮神経痛が原因で引き起こされる

頭皮に、ビリビリと電気が走るような痛みが現れる場合は、頭皮神経痛の可能性が考えられます。頭皮神経痛とは、頭皮の血管がなんらかの原因で拡張したことから、血管の側にある神経を圧迫して、痛みを引き起こします。

頭皮神経痛の症状は、髪をさわった部分、耳の後ろ、眼球の奥など、せまい範囲で起こることもありますが、後頭部全体から首にかけて痛みを感じるなど、症状に個人差があります。このような症状から、片頭痛と間違われることも多いですが、片頭痛のように光が見える前兆や、吐き気をともなう症状は頭皮神経痛にはありません。

頭皮神経痛の発症は、ほとんどが生活リズムの変化、ストレス、疲労、肩こりなどが原因であり、中には風邪で引き起こされるケースもあります。頭皮神経痛は、脳の病気が原因ではありませんので、基本的には数日~1週間ほどで痛みは治るといわれます。

乾燥肌が原因の痛みの対策法

頭皮が乾燥している

頭皮に痛みがでる代表的な原因には、「頭皮の乾燥」と「頭皮神経痛」があることが、おわかりいただけたと思います。

乾燥肌が原因の痛みは、季節の変化で肌質が改善されると自然に治ることもありますが、たびたび痛みを感じるとは大きなストレスになることや、髪の成長に影響をあたえることもあるため、ケアが大切です。乾燥肌の頭皮の痛みを治すためには、以下の改善法をおすすめします。

シャンプーのし過ぎに注意する

乾燥肌が原因で頭が痛む場合は、シャンプーの回数を見直すことが重要です。シャンプーの回数が多いと、その度に肌を保護する角質まで洗い流してしまい、乾燥肌をひどくしてしまいます。

特に肌が乾燥しやすい冬は、シャンプーを2~3日に1回のペースに減らすなどして、乾燥を防ぐようにしましょう。

「合わせて読みたい」

薄毛・抜け毛を予防するためのシャンプー方法と注意点
抜け毛は頭皮環境によって起こる可能性があり、シャンプーによって左右されると言われています。シャンプーは頭皮の汚れを落とすことができるため...

寒さや紫外線から頭皮を守る

頭皮の乾燥からくる痛みは、乾燥肌を改善することと同時に、外部の刺激から頭皮を守ることも大切です。冬は帽子をかぶることで頭皮が外気に触れることを避けることや、夏の紫外線対策に日傘や帽子を使用することが、乾燥肌を防ぎ頭皮の痛みを和らげることにつながります。

頭皮神経痛が原因の痛みの対策法

頭皮神経痛が起きている女性

頭皮神経痛は、軽い症状であればいつの間にか治ることがありますが、痛みが強く日常生活に影響をあたえる場合もありますので、しっかりケアをすることが大切です。

また、頭皮神経痛が起こる原因は、頭皮の新陳代謝を低下させる要因と共通するため、そのままにしておくと抜け毛や薄毛を招きかねません。しっかり対策をとって、痛みを改善していきましょう。

生活習慣を見直す

頭皮神経痛は、ほとんどが不規則な生活習慣、ストレス、疲労などの原因で発症するため、それらを取り除くことが痛みを治すことにつながります。そのためには、生活のリズムを整えて十分な睡眠をとり、ストレスを溜めないことが重要です。

血液の流れを改善する

頭皮神経痛は、肩こりなど筋肉の血行不良から発症することもありますので、血液の流れを改善することは効果的な方法です。ウォーキングなどの軽い運動、マッサージ、入浴などで血行促進を行いましょう。

痛みが強いときは病院を受診する

通常の頭皮神経痛は、1週間ほどで自然に治りますが、痛みが強く長引く場合は病院を受診するようにしましょう。病院では、ビタミンB12を注射や内服薬で体に取り込み、痛みを改善させる治療が行われます。

おわりに

今回は、頭皮に現れる痛みの原因と、対策法についてご紹介しました。頭皮の痛みは、乾燥肌で外部の刺激に反応して起こることや、頭皮の血管が拡張して神経を圧迫する頭皮神経痛が原因として考えられます。

それぞれの痛みは、頭皮を保護したり、生活習慣を見直したりすることで改善が期待できます。ただし、頭皮の痛みは、日常生活や髪の成長に影響をあたえることもあるため、不安を感じるときは、がまんをせずに病院を受診しましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする