スポンサーリンク

薄毛を予防するために取り組むべき6つの方法  

シェアする

薄毛を予防するために取り組むべき6つの方法  

薄毛予防は大切!しかし、それが分かっていても何をすれば良いのか分からない人も多いのではないでしょうか?特定の病気などの場合には治療が必要となりますが、一般的な薄毛は日常の対策である程度予防できるのです。

今回は、正しい薄毛予防の方法をお伝えします。6つの対策としてまとめたので、毎日の薄毛予防に上手に生かしてみましょう。

薄毛予防はどこでもできる?

女性が薄毛対策について話をしている

薄毛予防というと、育毛剤の使用や病院の診察、特定のグッズなどを想像しがちです。しかし、薄毛予防のために必要なことは、日常生活の中で特別なものがなくても行うことができます。

いつでもどこでも、手軽にできる方法を選ぶことでこそ、毎日続けられて効果の持続が期待できるのです。

毎日の食事から

薄毛予防を考える上で大切なことは、髪は食事から取る栄養によって作られると言うことです。食事を工夫することは、それだけでも薄毛予防の方法として効果が期待できます。おいしく食べて、薄毛予防ができるという、大変お得で楽な方法です。

毎日の生活から

薄毛予防のためには、生活習慣も大切です。体を作るのは食事の栄養ですが、それを消化吸収したり、髪に届けるためには、体の機能が重要となります。体の機能は生活習慣によって整えることができるので、毎日の生活習慣を見直して見ましょう。

身の回りにあるものを使って薄毛予防

薄毛予防では、実際に頭皮へのアプローチをすることも大切です。しかし、頭皮の健康を向上させるためには、特定のグッズを使わなくても出来ることがたくさんあります。手の指や自宅のヘアブラシなど、実際にあるものを上手に使いこなすことが大切なのです。

薄毛予防ができる6つの方法

女性が薄毛対策を説明している

薄毛予防のための手軽で簡単な方法を、6つ紹介します。上記のように、難しいことも高価な商品も必要ありませんので、毎日続けて健康な髪の毛を育てましょう。

方法1. たんぱく質と栄養バランスの取れた食事を考える

髪の毛を作る素材となる栄養を積極的に取ることは、薄毛予防の方法の基本です。髪の毛の主成分である「ケラチン」を作るたんぱく質の摂取を基礎として、バランスの良い栄養素を食事から摂取しましょう。

たんぱく質の合成には亜鉛、血行を整えて栄養を運びやすくするには、ビタミンやミネラルが必要です。どれも欠かせないものなので、バランスよく栄養素を取るために、複数の食材を組み合わせた食事を心がけましょう。

方法2. 生活リズムを整えて自律神経を改善する

体の機能を動かしているのは神経ですが、その中でも消化吸収や血流、細胞分裂などを活性させる働きを持つのは自律神経です。自律神経は生活リズムを整えることで、正常化します。

自律神経は緊張と緩和、活動と睡眠といった動と静の体の働きを司るものでもあり、これが乱れると体の機能もバランスを失ってしまうのです。

栄養を運ぶ機能や髪の毛の細胞分裂を活性化したいなら、自律神経を整えることが大切です。寝る時間やおきる時間、食事の時間などがバラバラの人は、特に注意しましょう。

方法3. 睡眠時間を十分に取って成長ホルモンを元気にする

体の組織の修復を行い、美容と健康の源となる成長ホルモンを元気にすることも、薄毛予防の方法として大切です。成長ホルモンは睡眠中に活発になり、お肌や内臓などの修復を行っています。

そのため、荒れた頭皮や疲れた体の組織を健康にするためには睡眠を十分に取って成長ホルモンの機能を生かすことが必要です。成長ホルモンが分泌されやすいのは、夜10時から。夜更かしは避けて、ぐっすりと眠れるように寝る前の飲食をガマンしましょう。

女性が薄毛対策について補足をしている

方法4. 体を温める方法を取り入れて免疫力を高める

免疫力が弱くなると、頭皮がデリケートになり、炎症を起こしやすくなります。もちろん、体全体への影響もあります。そのため、免疫力を高めることで刺激や細菌から身を守ることは頭皮の健康にも、それを支える体内の機能のためにも大切です。

シャワー中心の生活はやめて、ゆっくりと湯船で体を温めたり、適度な運動を行うようにしましょう。体を温めることは血流の促進にも役立ちます。

方法5. シャンプーで頭皮を清潔にする

外側からの薄毛予防の方法として基本となるのが、シャンプーです。シャンプーの方法をおざなりにしていることは、薄毛のリスクとなります。正しい方法でシャンプーを行えるようにして、健康で清潔な頭皮を作りましょう。

シャンプーをする前には、ブラッシングをしてホコリを落としておきます。シャンプーはたっぷりのお湯でぬらした頭に、あわ立てて塗布します。頭皮を中心にマッサージをするように洗って、再度十分なお湯を浴びてすすぎましょう。

仕上げには、タオルドライ後のドライヤーも必要です。余分な皮脂や汚れを落とすことで、毛穴の奥の育毛組織が活動しやすくなるでしょう。

方法6. ツボ圧しで手軽に薄毛予防をする

ツボ圧しは、自分の手指を使ってできる薄毛予防対策のひとつです。頭皮をマッサージすることで血行促進を行うこともできますが、一歩進んで東洋医学による薄毛予防も効果が期待できます。

百会(ひゃくえ)は、頭のてっぺんにあるツボです。左右の耳と顔の中央からの延長線がクロスする部分にあります。万能なツボで、ストレスを減らして自律神経を整えたり、血流をアップさせると言われています。親指でじっくりと押したり、ブラシで軽く叩くと刺激できます。

襟足の部分にも複数の薄毛予防のツボがあります。百会からまっすぐ後ろに下がった襟足の位置から左右にあるのは「天柱」、さらにそこから指一本外側のやや上には「風池」と言うツボがあります。

おわりに

薄毛予防の方法にはいろいろありますが、どれも基本的には特別な道具や難しい技術を使わずにできるものです。今回は基本の方法を6つ紹介しましたので、まずはここから開始して、健康な頭皮と体を育てて髪の毛を元気にしましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする