スポンサーリンク

発毛剤のどのような成分が効果をもたらす?

シェアする

発毛剤のどのような成分が効果をもたらす?

発毛剤は、毛髪を生えさせる効果が期待できるものであり、薄毛や抜け毛の対策として使われています。ヘアケア商品の中にはさまざまなものがありますが、その中でも高い効果が期待できる発毛剤。

その成分と効果を理解して、上手な使い方をしてみましょう。発毛剤は、高い効果を持つと言われていますが、万能ではありません。自分の薄毛のタイプと発毛剤との相性もチェックして、効率よくヘアケアに生かすことが大切です。

発毛剤?育毛剤?ヘアケア用品のタイプとは

薄毛や抜け毛などの髪の毛の悩みを持つ人にとって、大きな味方となってくれるであろうヘアケア商品。しかし、その種類は多く、タイプによっては期待できる効果に違いがあります。

ヘアケア用品には、発毛剤の他に育毛剤、養毛剤などがあり、これらはどれも髪の毛に良いとされていますが、働きはそれぞれに違っています。

「発毛剤」は高い効果の医薬品が多い

発毛剤は、髪の毛を「発毛させる」ためのものです。生えていない部分に使って、新しく髪の毛を生えさせることを目指しています。なくなったところに髪を生えさせるものなので、成分の効果は比較的強く、ケア用品やお薬の分類上では「医薬品」に当たることが多くなります。

「育毛剤」は発毛剤とは違う効果が

育毛剤は、発毛剤とは違って、髪の毛を「育てる」ための商品です。ないところに生えさせる発毛剤に対して、すでに生えている(もしくは生えかけている)毛への効果を目指します。

発毛剤と比較すれば、成分の強さは低いことが多く、医薬部外品として売られているものがメジャーです。

発毛剤の成分と期待される効果とは

男性が泣いている

発毛剤の成分は、髪の毛の発毛を促す作用を持っています。ヘアケア商品の研究は日々、進んでおり、次々に新しい成分が見つかっておりますが、現時点で注目されている成分は以下のようなものがあります。

もっともメジャー?「ミノキシジル」

ミノキシジルは、育毛剤にも発毛剤にもよく利用されている成分であり、薄毛対策としてはメジャーと言っても良いでしょう。

血管拡張作用をもっており、血管を増幅させて、頭皮の血流がアップすることで毛根に栄養や酸素を十分に送る働きを発揮します。毛根がたっぷりと栄養を得ることによって健康になり、細胞分裂が活性化されるという発毛メカニズムです。発毛医薬品として認可されており、外用薬に加えて内服薬も出ています。

昆布の天然パワー「M-034 」

ミツイシ昆布由来の天然エキスであり、ミノキシジルと同様に高い効果が期待される成分です。髪の毛を生えさせる毛母細胞と、それを守る外毛根鞘細胞に働きかけて、発毛促進と抜け毛予防をします。

新発見の成分「バイオポリリン酸」

人の体内に本来存在する成分であり、毛乳頭の細胞に発毛の指令を出す役割を持っています。また、酵母エキスの一種であり、保湿効果も期待される成分です。新しく発見された成分で、育毛剤にも利用されています。

補助的だけど効果的「センブリエキス」

センブリエキスは古くから胃腸薬として使われてきた成分で、血行促進による発毛の効果が期待できるものです。

発毛剤の効果的な使い方とは?

男性が育毛剤についてアドバイスをしている

発毛剤は基本的には、効果の強い成分を使っていることが多いため、場合によっては医師の診断や薬剤師の指示がないと利用できないものもあります。

また、そうではない場合にも、副作用のような症状には十分な注意が必要です。正しい使い方をして、頭皮により効果的に、そしてより安全に発毛剤を与えましょう。

清潔な頭皮へ塗布

発毛剤や育毛剤などのヘアケア剤すべてにおいていえることですが、成分を浸透させるためには頭皮を清潔にしておくことが大切です。

また、頭皮の汚れは抜け毛のリスクにもなります。シャンプーで余分な皮脂や汚れを落とした状態で、発毛剤を使用します。また、濡れた髪に塗布すると、成分が流れてしまう恐れがあるため、基本的には乾燥した状態で使います。

長期使用で継続的に

発毛は一日にして成らず。発毛剤はすぐに効果が出るものではありません。通常のヘアサイクルでも、基本的には数年の成長期を経て黒々と太い毛を作るものです。

そのため、長期に渡って継続的に使ってみなければ、その効果の有無は分かりません。皮膚の刺激や炎症などが起こった場合には中止もやむを得ませんが、トラブルがなければ数ヶ月の継続を心がけましょう。

AGAの対策の場合は効果が期待できないことも

一般的な発毛剤は、男性型脱毛症であるAGAには効果が出ないこともあります。男性ホルモンの異常によって起こるAGAは、それに対する専用のお薬を処方してもらうことが必要です。

「合わせて読みたい」

発毛剤の効果がある人・ない人の特徴
「発毛剤」の効果を考えるときにも統計上の正規分布をイメージしてみる必要があります。特に個人差が影響するAGA(男性型脱毛症)だとその傾向...

おわりに

発毛剤の成分は、生えていないところから髪の毛を発毛させる効果が期待できます。その効果は育毛剤などと比較すると強いもので、期待感も高くなりますが使い方次第で効果が出にくくなることもあります。正しい使い方でその成分の効果を高めて、髪の毛のケアに生かしましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする