スポンサーリンク

塩分の摂り過ぎが薄毛・抜け毛に原因って本当?

シェアする

塩分の摂り過ぎが薄毛・抜け毛に原因って本当?

塩分の摂り過ぎは、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を引き起こすと言われており、良いことはありません。

また、健康を害する恐れがあるだけでなく、薄毛にも悪影響となるようです。薄毛や抜け毛が気になる人は、食生活を見直す際に塩分の量にも注意してみましょう。体の健康と育毛環境に与える塩分の影響と正しい取り方について紹介します。

塩分の摂り摂り過ぎは薄毛に繋がる【悪影響】

ラーメン

塩分は体に必要なものですが、摂り過ぎることで悪影響を与えます。塩分を多く摂り過ぎると、体の機能が低下しますが、その影響は髪の生成にも作用していきます。

血流循環が悪くなり頭皮へ栄養が届きにくくなる

塩分を摂り過ぎることの悪影響として、最初に思いつくのが高血圧や動脈硬化などの血液の循環についての問題です。塩分に含まれるナトリウムが血液内に増えすぎると、体はその割合を安定させるために血液の水分を増やそうとします。水分が増えることで血管の圧力が高まり、それが継続すると高血圧となります。

高血圧は血管への負担を大きくし、血管を硬くします。これによって血管の動きが悪くなると、栄養の循環が停滞して頭皮への栄養の供給も衰えてしまいます。直接的ではありませんが、髪を育てるための栄養が不足することで薄毛を引き起こす可能性があるのです。

髪を育てる「IGF-1」が減少する

塩分の影響は、直接的な薄毛の原因にもなりかねません。塩分には知覚神経に強い刺激を与える作用があります。傷ついた口腔内が塩辛い食べ物で刺激されて痛みを覚えた経験は多くの人にあるでしょう。

これと同様の作用は体内でも起こっており、その影響が髪の毛を育てるための成分「IGF-1」を減少させる恐れがあります。

「IGF-1」は適度な知覚神経への刺激によって作られます。しかし、過度な刺激は知覚神経にダメージを与えたり、「IGF-1」を作るために必要な「CGRP」という物質を出し切ってしまいます。「IGF-1」が減少すると、薄毛や抜け毛のリスクが高くなります。

頭皮がむくむ

薄毛リスクとしては、頭皮のむくみもあります。頭皮環境の悪化は髪の毛を育てる働きや栄養補給を停滞させて、薄毛リスクを高めます。

塩分のナトリウムが増えると、むくみが起こり老廃物の排出がしにくくなります。老廃物は血流やリンパの流れを停滞させて頭皮を硬くし、頭皮が硬くなると血液循環が悪化するという、まさに「悪循環」が始まります。

頭皮の循環の停滞は血流の悪化に加えて、ピンポイントに育毛機能の妨げになるでしょう。

塩分を抑えて薄毛・抜け毛を予防しよう!

塩分の摂り過ぎを反省する男性

塩分の薄毛への影響を抑えて、薄毛や抜け毛を予防するためには、塩分のコントロールを行うことが必要です。食事から摂取する塩分量が体つきと比べて多いと言われる日本人。意識的な食事の工夫を行い塩分を減らしましょう。

日本食でも塩分が多いためチェックを欠かさない

日本食はヘルシーと言われがちですが、実は日本食にも塩分量の多いものはあります。漬物や味噌汁などは比較的塩分が多く、毎日食べていると塩分過多になりかねません。確かにジャンクフードや洋食は塩分が多いものですが、日本食でも塩分量をチェックしておくことが大切です。

厚生労働省では、1日の塩分摂取の目安量を、18歳以上の女性で7g・男性で8gとされています。(2015年度時点で)

参考:厚生労働省

出汁で物足りなさをカバー

日本食の良いところとして、出汁の味わいでおいしさを感じられることがあります。塩分の足りない分をたっぷりの出汁でカバーすることによって、薄味を楽しむことができるでしょう。

天然の昆布やカツオなどから取れた出汁はアミノ酸豊富で美容にも髪の毛にも良いものです。ただし、市販されている粉末などの出汁は手軽ですが、添加物などを含んでいるので使いすぎに注意が必要です。

麺類のスープは避ける

麺類のスープは、塩分の塊である可能性が高いものです。ラーメンやうどん、そばなどの汁を飲み干すことは控えて、塩分の過剰摂取を避けましょう。

濃い味の好きな人はココに注意を!

塩分の濃い料理

塩分を減らす必要があっても、おいしさが感じられない、調理に不便を感じるのでは快適に毎日を送れません。楽しく快適に過ごしてストレスを緩和することも薄毛対策には必要なことです。特に濃い味に慣れている人は、一工夫をしておいしさと塩分のバランスを改善しましょう。

コンビニ弁当なら幕の内を中心に

コンビニ弁当や外食は塩分が多いものですが、食事の利便性のために使わなければいけないこともあるでしょう。どうしてもコンビニ弁当などが必要な場合には、おかずの多い種類を選びます。

野菜の煮物などの含まれている幕の内弁当は比較的栄養バランスも良く、塩分を排出してくれる食物繊維も取れます。また、単品料理を選ぶ際にはサラダ類を加えましょう。

自炊なら減塩調味料を

自炊をする時の味付けが濃くなってしまう人は、調味料の選び方に注意しましょう。減塩味噌や減塩しょう油などに普段の調味料を変えるだけで塩分を抑えられます。また、ドレッシングは塩分量を比較して選んでみたり、レモンやお酢で代用してみると良いでしょう。

食材には生野菜を取り入れる

うっかり塩分の多い食事をしてしまった場合には、ナトリウムを調節してくれる「カリウム」の豊富な生野菜や生のフルーツを取り入れましょう。カリウムはナトリウムとともに血液や細胞液の水分バランスを維持するものです。

また、カリウムはナトリウムの再吸収を阻害して、排出を促す働きも持っています。

「合わせて読みたい」

鉄分不足が薄毛を招く!おすすめの食材を5つピックアップ
体の鉄分不足は、薄毛を引き起こす原因につながります。最近、薄毛が気になるという方は、もしかしたら貧血のサインがでている可能性もあります。...

おわりに

塩分は摂り過ぎによって薄毛や抜け毛を引き起こすリスクを持っており、その摂取の仕方には注意が必要です。

食事のコントロールを行って、適切な量の塩分を心がけたり、摂り過ぎた塩分の排出を目指しましょう。濃い味の好きな人は特に、塩分が少なくても楽しめるような食事の工夫が必要です。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする