スポンサーリンク

日本酒の育毛効果と成分の特徴

シェアする

日本酒の育毛効果と成分の特徴

AGA(男性型脱毛症)やびまん性脱毛症など、薄毛の悩みは大人になってから起こりやすくなるものです。成人すると、晩酌や飲み会などで楽しい時間のお供にお酒を選ぶ人も増えてきます。

アルコールは基本的に髪の毛の生育に良くないと言われていますが、日本酒についてはそうとも言えないようです。果たして育毛効果はあるのでしょうか?

日本酒の成分と効果

日本酒は「日本人の心」というだけでなく、良い成分を含んでいます。他のアルコール飲料にも健康効果を持つものもありますが、日本酒には栄養も豊富で美容にも健康にも良い影響があると言われています。

アミノ酸によるアンチエイジング効果

日本酒はお米を使ったお酒で、100種類ものアミノ酸と有機酸を含んでいます。アミノ酸の量で比較すれば、ビールの2倍、ワインの5倍とも言われています。アミノ酸は水分と馴染みやすく、保湿効果を持っています。肌にも良いと言われており、美肌にも日本酒は人気です。

また、フェルラ酸という老化を防止する働きがある成分も含んでいます。強い抗酸化作用を持っており、アンチエイジングの効果が期待できます。

こうじによる老化防止効果

こうじは日本酒を作る時に使われるもので、細胞の老化を防いで活性化する作用を持っています。保湿効果も高く、育毛剤や化粧品などにも使われる成分です。

アデノシンによる血管収縮防止効果

日本酒には、核酸の一種であるアデノシンと言う成分も含まれています。アデノシンは免疫力アップや細胞の活性化、血管収縮を妨げる効果などを持っています。これも他のアルコール飲料よりも日本酒に多く含まれているものです。

アルコールの分解過程では「アセトアルデヒド」という物質が発生し、これは健康に悪いばかりと言われていますが、この物質もアデノシンと同じく血管を拡張して血流を促進する働きがあります。

薄毛対策として日本酒がよい理由とは?

家族で日本酒を飲んでいる

日本酒の成分には、健康や美容に良いものが多く含まれています。それが薄毛にも良い効果を与えるメカニズムと理由を紹介します。

髪の毛の成分として役立つから

日本酒の豊富なアミノ酸は、肌の保湿や肌をきれいにする働きがあると言われています。髪の毛の元となるケラチンもアミノ酸がもととなるため、髪の毛の成分としても役立ちそうです。

アルコールの分解にはアミノ酸が使われますが、日本酒自体にアミノ酸が多く含まれているため、髪や肌を作る妨げにならずにお酒を楽しむにはちょうどいいかも知れません。

頭皮環境を整えてくれるから

肌の保湿効果やアンチエイジング効果が高い日本酒の成分は、頭皮の老化も防いで良い頭皮環境を作ってくれそうです。髪の毛を生成するためには、土壌となる頭皮の健康が大切。日本酒の保湿効果で頭皮の肌トラブルを防いで若々しい肌にできるでしょう。

血行促進とリラックス効果があるから

血管の収縮を防ぐ効果の高い日本酒は、血行を促進して頭皮の血流も改善できそうです。血流は栄養を運ぶために大切なものであり、頭皮の血流が良くなることで育毛効果も期待できます。

また、体を温めてリラックスさせる効果もあるため、ストレスや疲れを解消してくれます。

薄毛対策としての日本酒の飲み方の注意

日本酒を控える男性

薄毛対策として日本酒を生かすなら、飲み方も大切です。間違った飲み方をすると健康を害して髪の毛に悪影響となる恐れもあるため、注意点を守って正しく飲みましょう。

適量をたしなむ

薄毛対策として日本酒を使うなら、適量を守ることが大切です。飲みすぎてしまえば、アミノ酸もたくさん使われてしまい、アセトアルデヒドの影響で肝機能の低下や二日酔いなどの不快症状を引き起こします。

一般的には、適量は1日に1~2合弱程度。決してアルコール度数の低いお酒ではないため、飲みすぎ注意です。お酒に酔いやすい人は量を減らして、体調を見ながら取り入れます。どんなお酒でも基本は「たしなむ」程度に留めることが大切です。

熱燗で体を温める

日本酒には血管を拡張して体を温める効果がありますが、熱燗にすることでより体を温めることができるでしょう。冷(ひや)で飲みたいということもあるでしょうが、薄毛対策としてより効果を得たい人は温めて飲んだ方が良さそうです。

飲めない人は肌に塗るのも◎

日本酒の薄毛への効果は、飲むだけでなく肌に塗ることでも得られます。シャンプー後の清潔な頭皮に少量の日本酒を振りかけてマッサージすると、保湿効果や抗酸化作用が期待できます。マッサージの後はしっかりとシャワーで流します。

おわりに

日本酒には豊富な栄養分や特有の成分が含まれており、肌の保湿やアンチエイジングの作用が期待できます。飲酒の楽しみを維持しつつ、薄毛対策が出来るものとして取り入れたり、飲めない場合には頭皮に塗って使うと良いでしょう。

ただし、アルコール成分もあるため、取り扱いには注意も必要です。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする