スポンサーリンク

薄毛隠しの粉(ふりかけ)で周囲に気づかれないための使い方

シェアする

薄毛隠しの粉(ふりかけ)で周囲に気づかれないための使い方

気になる薄毛を簡単に隠せる粉があることをご存じでしょうか?薄毛に悩み育毛剤など対策を試みても、なかなか効果が現れないときは、薄毛を隠すことも選択の1つ。

とはいえ、薄毛隠しの粉は使い方を間違うと、周囲の人に違和感をあたえて気づかれてしまう場合があります。そこで今回は、粉を使って自然に薄毛を隠すための注意点をご紹介します。

薄毛隠しの粉を使うメリット

薄毛を隠す粉は「ふりかけ」「魔法の粉」「ヘアファンデーション」などの呼び名でも販売されています。この薄毛隠しの粉は、ふりかけるタイプや、パフを使って薄毛の部分にポンポンとはたき込むタイプがあり、誰でも簡単に自宅で簡単にできることが特徴です。

薄毛隠しの粉に育毛剤や発毛剤のような髪を育てる効果はありませんが、一時的な増毛法として役立つ2つのメリットがあります。

髪を太く見せることができる

薄毛隠しの粉を使うと、髪の1本1本に粉が付着して髪の毛を太く見せることができます。そのため、頭皮全体がボリュームアップして薄毛を目立たなくさせる効果が期待できます。

頭皮を黒くしてボリュームをつけることが可能

薄毛隠しの粉は髪の毛だけでなく、頭皮を黒くすることで薄毛を隠すこともできます。髪が細く薄毛になると頭皮の地肌が目立ち、髪のボリュームを少なく感じさせますが、地肌が黒くなると薄毛の印象が弱くなる効果があります。

薄毛隠しの粉を使うデメリット

男性が薄毛隠しの粉を使おうとしている

薄毛隠しの粉は誰でも簡単にできる増毛法といえます。しかし、簡単に使えるからこそ、デメリットを心配する声も聞かれます。粉を使うことの代表的なデメリットには、次の3つの不安があげられます。

頭皮へ悪影響を及ぼす可能性が少なからずある

薄毛隠しの粉は頭皮へ直接使用することから、悪影響が心配されます。しかし、薄毛隠しの粉は植物の繊維や炭などでできていますので、頭皮に直接使用しても炎症やかぶれなどが起こる心配はほとんどありません。メーカによっては、保湿成分を配合して頭皮への負担がかからないように作られた製品も販売されています。

耐久性が悪い

薄毛隠しの粉は、汗や水に弱いイメージがあり耐久性が心配されますが、仕上げにヘアスプレーやミストを使うことで、定着力を高めることができます。しかし、一般的なスタイリング用のヘアスプレーは用途が違いますので、仕上げにはメーカーが販売している専用ヘアスプレーの使用をおすすめします。

違和感があり、気づかれやすい

薄毛隠しの粉は、人に違和感をあたえて気づかれやすいデメリットもあります。しかし、粉が人に気づかれてしまうのは、その部分だけ色が目立つことが原因と考えられます。薄毛を隠す粉はカラーバリエーションの豊富な商品も販売されていますので、違和感をなくすためには自分に合った色を選び、正しく使うことがポイントになります。

薄毛隠しの粉の基本的な使い方

薄毛を隠す粉の使い方は、商品によって多少の違いはありますが、一般的には次のような手順で使用します。

  1. 薄毛の気になる部分に粉ふりかける、またはパフをはたき込む
  2. 手やくしを使って、ふりかけた部分をなでつける
  3. ヘアスプレーやミストで粉を髪と頭皮に定着させる

薄毛隠しの粉を自然に仕上げるための5つの注意点

ふりかけを使う時の注意点を説明する男性

薄毛隠しの粉を使っていることが周囲の人に気づかれてしまう場合は、粉の使い方が間違っていることが考えられます。違和感なく粉を使って薄毛を隠すためには、以下の5つの注意点を守りましょう。

注意点1. 粉をかけ過ぎない

周囲の人に気づかれやすい、ありがちな原因が粉のかけ過ぎです。特に粉の使い方に慣れていない初心者は、薄毛をなんとかして隠そうと粉をかけ過ぎて違和感が出るケースが多いです。

注意点2. ヘアスプレーやミストのかけ過ぎ

粉の上にかけたヘアスプレーやミストが多すぎると、その部分だけガチガチに髪が固まり異様に盛り上がって違和感をあたえます。

注意点3. 乾いていない育毛剤の上から使用しない

育毛剤を併用している場合は、しっかり髪が乾いてから粉を使うことがポイントです。薄毛を隠す粉は油分に弱いものが多く、育毛剤の油でダマができやすいため、仕上が不自然になりがちです。育毛剤で髪が濡れているときは、粉を使う前にドライヤーでしっかり乾かしておきましょう。

注意点4. 薄毛が進行している部分は使用しない

一般的な薄毛を隠す粉は、髪の毛に吸着することで自然に薄毛を隠せます。そのため、薄毛が進行している場合や、円形脱毛症のように頭皮に産毛がない状態で使用すると、不自然な印象をあたえて周囲の人にも気づかれやすいです。

ただし、メーカーによっては円形脱毛症を隠すために作られた粉も販売されていますので、薄毛の状態に合わせた商品を選びましょう。

注意点5. 1日の終わりには必ずシャンプーで流す

薄毛隠しの粉を使った日は、必ずシャンプーで洗い流すことも重要です。シャンプーをせずに寝てしまうと、枕などの寝具を汚してしまうことや、翌日さらに粉を使ったときにダマができやすく、不自然な仕上がりになります。

「合わせて読みたい」

円形脱毛症でウィッグを購入するときに意識したい5つのポイント
脱毛症のお悩みを解決する方法の一つに、ウィッグの活用があります。円形脱毛症は10円玉サイズの小さなものから、頭全体に広がるものまで症状は...

おわりに

今回は、薄毛を隠す粉を使うときの注意点についてご紹介してきました。薄毛隠しの粉は、髪の毛に振りかけたり頭皮にはたき込んだりするだけで、簡単に髪のボリュームをつけることができるアイテムです。

しかし、短時間で手軽に使えるからこそ使い方を間違うと、周囲の人に違和感をあたえてバレやすい増毛法ともいえます。粉を使って自然に仕上げるためには、自分の薄毛の状態と髪の色に合った商品を選び、正しい使い方をマスターしましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする