スポンサーリンク

若ハゲを生活習慣により防ぐ!髪質・頭皮と合わせて確認

シェアする

若ハゲを生活習慣により防ぐ!髪質・頭皮と合わせて確認

最近、なんだか髪が薄くなってきた?まだ若いのに?抜け毛が気になってきたら、もしかしたら若ハゲかもしれません。若いのにハゲなんて認めたくないですよね。まだ若いからまだ大丈夫!と油断してはいけません。今まで通りのヘアケアではハゲが進行してしまいますよ!早めに対処して、髪を守りましょう。

髪質の変化をチェックしてみよう!

髪が全体的に薄い感じに見えたら、髪一本一本の状態を確認してみてください。髪質が変化していませんか?髪の量は減っていなくても、髪自体の太さが細くなると、全体的に薄い印象になってしまいます。抜けた毛の状態もチェックして、原因を探りましょう。

髪が細くなる

ホルモンバランスの乱れなどで、頭皮の環境が乱れると、毛根の働きが弱くなります。髪のコシがなくなったり、細くなってしまったりします。

頭皮の環境を整えて、一本一本しっかりした髪を生やすことが好ましいです。

抜け毛が増える

頭皮の毛穴が皮脂などの汚れで詰まっていたりすると、髪が抜けやすくなります。髪が生え変わるサイクルが乱れてしまい、髪が少ない状態が長くなってしまいます。

髪の生え変わるタイミングが追い付かずに、髪が少ない状態が長くなると、髪が薄い印象になってしまします。

頭皮の状態、これは注意が必要かも!

男性が驚いた顔をしている

頭皮の状態が良くないと、健康な髪も生えません。頭皮の炎症や毛穴詰まりは抜け毛の原因になります。頭皮の脂っぽさを気にして、洗いすぎて乾燥してもよくありません。シャンプーの仕方でも改善できるので気を付けてみましょう。

ヘアトニックなどで、頭皮を保湿するのもいいでしょう。若ハゲが特に気になるようだったら、育毛剤でお手入れを始めてもいいでしょう。

皮脂が多くなる

通常、毛穴からは適量の皮脂が分泌されて、肌を保護する働きがあります。ホルモンバランスが乱れて、皮脂の分泌量がコントロールできなくなると、過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まったりして抜け毛の原因になります。

「合わせて読みたい」

過剰な皮脂分泌はハゲの原因!今すぐできるテカリ防止法
最近、頭皮のベタつきが気になりませんか?冬は空気が乾燥して、頭皮はベタつきやすくなります。頭皮の皮脂分泌が過剰になると、ハゲの原因になっ...

フケが気になる

ストレスなどで頭皮の機能が低下すると肌の保湿不足で、カサカサした状態の乾燥性のフケが多くなってしまいます。かゆみがあっても、爪で掻いて頭皮を傷つけないように気をつけましょう。

湿った状態の脂性のフケが出る場合は、ホルモンバランスの乱れが原因です。皮脂の過剰分泌によって起こるので、頭皮を清潔に保つようにしましょう。

「合わせて読みたい」

頭皮の乾燥でハゲが進行する?改善のポイント
抜け毛が多くなる原因として、頭皮が乾燥していることが考えられます。症状として「乾いたフケがボロボロと落ちる」状態が続く症状が表れ、AGA...

頭皮の色が赤い状態

頭皮の色をチェックしたことはありますか?通常の健康な状態の頭皮は白い状態なのです。赤くなっている頭皮は血行が良くなっているのではなく、新陳代謝の状態が悪くなっている状態なのです。

赤くなっている場合は、皮膚の炎症を起こしていませんか?髪ばかりではなく、頭皮にも目を向けてみましょう。

若ハゲを生活習慣により防ぐポイント

諦めない男性

頭皮も皮一枚で体とつながっているので、健康状態に左右されます。髪にばかり気を使っていても、健康状態が良くないと、健康な髪も生えてきません。基本は健康体でいることです。全身の血行が良くなれば、健康な髪も生えやすくなります。

デスクワークで運動不足になっていませんか?眠気覚ましにコーヒーばかり飲んでいませんか?食べ物も体を巡って頭皮に影響するので、食べ物にも気を使いましょう。

質の良い睡眠が大事

体が健康な状態で過ごすことが、髪にとってもいい生活環境です。頭皮の角質の生まれ変わりにも影響するように、睡眠は大事です。

体は眠っているときに細胞が生まれ変わったり、肌の状態が綺麗になったりするので、頭皮の為にも睡眠で体を休めましょう。

食生活に注目しよう

朝昼晩、和食中心のヘルシーな食生活が好ましいです。ジャンクフードや外食ばかりでは体によくないのはもちろん、髪にも悪影響なのです。香辛料や添加物を取り過ぎると、皮脂が過剰に出て、頭皮の毛穴が詰まってしまします。

カフェインなどの刺激も取り過ぎると髪にも悪影響です。

シャンプーの仕方

入浴してシャンプーするのは毎日のことですから、シャンプーの仕方は髪にとって、とても重要です。頭皮をマッサージするような感覚で、毛穴の皮脂を落とし、髪は泡で汚れを落とすくらいの感覚で洗いましょう。

爪を立てて、頭皮をゴシゴシ洗うのはNGです。スッキリしたい気持ちはわかりますが、市販のシャンプーは洗浄力が高いので気をつけましょう。

「合わせて読みたい」

薄毛・抜け毛を予防するためのシャンプー方法と注意点
抜け毛は頭皮環境によって起こる可能性があり、シャンプーによって左右されると言われています。シャンプーは頭皮の汚れを落とすことができるため...

おわりに

まだ若いのに、ハゲたくない。「髪型で人の印象の8割は決まる」なんて聞いたことがありませんか?若いからこそ、髪型にこだわりたいですよね。カッコよく髪型を決めるには、髪の質が重要です。

薄くなってきたかな?と心配するくらいの状態から、きちんとヘアケアをすれば若ハゲ防止になります。髪型をセットするワックスばかりに気を取られないで、頭皮ケア用品も積極的に取り入れてみてくださいね。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする