スポンサーリンク

フィナステリドの気になる効果と副作用

シェアする

フィナステリドの気になる効果と副作用

AGA(男性型脱毛症)の治療に欠かせないのは、「5αリダクターゼ阻害薬」と「発毛剤」の2種類です。具体的には、フィナステリド(finasteride)がDHT(ジヒドロテストステロン)の産生につながる5αリダクターゼの作用を抑え、ミノキシジルが血流を促進して発毛につなげます。

抜けなければ太くなり、同じ毛穴から複数の髪の毛が生えます。これが、医薬品を使うAGA治療の流れです。2005年以降使用されるようになったフィナステリドの効果と副作用を確かめてみましょう。

フィナステリドの原料はだれもが知るあの成分?

会社の外観

フィナステリドはAGA治療薬で、一般的には「フィナステリド錠」と呼ばれています。商品名として「プロペシア」(MSD株式会社=旧万有製薬)が有名ですが、2015年に特許が切れ複数の製薬会社からジェネリック医薬品も登場しています。

代表的なものがファイザー製薬の「ファイザー」です。ネット通販で個人輸入ができるものでは、インドの製薬会社が製造する「フィンペシア」があります。では、AGA治療に欠かせないフィナステリドはどんな成分のAGA治療薬なのでしょうか。

市販育毛剤やサプリメントでお馴染みのノコギリヤシが原料

市販の育毛剤(医薬部外品)による抜け毛予防と発毛促進も、AGA治療の考え方とほぼ同じです。ただし、AGA治療では第一目的として抱えない「頭皮環境を整える効果」が強調されています。

理由は医薬品効果とは異なり、緩やかな改善につながる「医薬部外品」としての位置づけにあります。「発毛」ではなく「育毛」、髪の毛が生える頭皮環境の改善が効能だというのがその理由です。

市販育毛剤に含まれる有効成分を見ると、ノコギリヤシの抽出液が含まれています。さらに、血流改善にセンブリエキス抽出液、頭皮の炎症を防ぐグリチルリチン酸ジカリウムなどが配合されています。

医薬品フィナステリドの原料は、このノコギリヤシなのです。抽出液と化学合成した薬品とは別のものですが、原料は同じだということになります。

フィナステリドに期待できる効果とは?

薬の箱

DHTを抑制させる効果

フィナステリドは、男性ホルモンの働きを抑える抗アンドロゲン薬で、AGA治療の観点から言うと「5αリダクターゼ2型阻害薬」です。

その結果、DHTの産生が減りAGAの原因の1つを抑えることができます。まず抜け毛の要因を排除し、「発毛剤」によってAGAの治療効果を高めるのがAGA治療です。

血液中のDHTが減った状態を維持すれば抜け毛の量は減る

AGA治療専門のクリニックはもちろん、地方都市でAGA治療の処方も行う皮膚科が共通して処方する治療薬の1つが、フィナステリド錠の「プロペシア」です。AGA治療の有効性が分かっているためです。患者の費用負担を抑えるためにジェネリック医薬品も使われますが、治療効果は同じです。

フィナステリドは飲み続けながら、血液中に含まれるDHTを常に抑えておく必要があります。一度、服用を開始すると、ある程度改善して止めてしまうとDHT量が元の状態に戻ってしまいます。

フィナステリドによる治療効果を見ると、ある実験では1年の服用で約半数、3年の服用で80%以上に改善結果が見られています。

AGA治療薬の問題の1つは、毎月必要な治療費です。しかし、効果が緩やかな市販育毛剤でも毎月数千円から1万円はかかります。サプリメントやシャンプーを含めると1万数千円です。

フィナステリドはAGA専門クリニックでも数千円程度で処方してもらえます。「薬の処方だけ」に押さえ毎月のAGA治療費を1万円程度に抑えるAGAクリニックも登場しており、一概に「育毛剤ケアと比べて高い」と言えなくなっているのも事実です。

若い男性は特に注意したいフィナステリドの副作用

男性が薬を飲んでいる

フィナステリドの効果は明らかですが、抗アレルゲン薬、しかも1992年にアメリカで最初に開発された時から「前立腺肥大症治療薬」として使われてきた歴史があります。

医薬品としての効果が期待できる反面、副作用があることも否定できません。

容量を守って使用すればそれほど副作用の心配はない

副作用は一定の割合で表れます。ある調査では、発疹や赤身などの軽微な副作用を含めると4%、性欲減退や勃起不全などがそれぞれ1%前後という数字も見られます。

副作用は、AGA治療のもう1つの医薬品として知られるミノキシジルも同様に発生することがあり、フィナステリド「1日1mg」の上限を守って使用すればそんなに心配することはないと考えられています。

ただし継続して服用する薬のため、医師の管理下での使用が望まれます。また、服用中の献血はできません。

女性や子どもは副作用の注意が必要

妊婦や妊娠の可能性がある女性、授乳中の女性は「禁忌」とされています。飲むことはもちろん、触ることも禁止されています。胎児への影響として、男の子の生殖器に異常が起こる恐れも指摘されています。自分以上に、周りに配慮する必要があります。

フィナステリドの購入について

医師が薬を処方している

フィナステリドは医薬品です。手に入れる方法は2つあります。AGA専門クリニックで治療をすること、またはネットの個人輸入サイトを通して海外製品を購入する方法です。簡単に紹介しておきましょう。

AGA治療専門クリニックや皮膚科医院で診断

AGA治療を行えれば、ほぼ全ての医師から処方してもらえます。ただし、地方都市にある皮膚科医院のすべてがAGA治療を行っているわけではないので、まず問い合わせをする必要があります。

リスク回避に関連する問題は少ないでしょうが、「発毛効果」の面では専門医の方が心理的に安心できそうです。AGA専門医は、血液中に含まれるDHTの量を血液検査によって確認したり、経験に基づいてフィナステリドの量やミノキシジルとの相乗効果を見極めながら処方を行っています。

個人輸入サイトで購入する

海外で製造されるフィンペシアのジェネリック医薬品は複数あります。インドのシプラ社などは有名ですが、流通段階で偽物が混じる可能性もあり注意が必要です。

こうしたリスクをなくすため、日本国内の大手医薬品輸入サイトは証明書を掲載しています。購入者の口コミ情報とともによく確かめて購入しましょう。

フィンペシアは「1日1mg」が上限です。自己責任で購入し、さらに血液検査も受けられませんので、しっかりと自己管理をしましょう。治療効果が高いことは、口コミ情報などでも明らかです。

「合わせて読みたい」

プロスカーとプロペシアの共通点と違い
AGA(男性型脱毛症)の直接原因である男性ホルモンの働きを阻害するフィナステリド剤の「プロペシア」は、世界60ヶ国以上で承認されているA...

おわりに

フィナステリドは、AGAの改善に不可欠の医薬品だと言えます。原料もノコギリヤシという知られた成分であることや、改善効果は複数の実験でも明らかです。

AGA治療専門クリニックの中には、ディタステリド剤などさらに効果が高い治療薬や、独自に開発した治療薬を使用する場合もあります。

ただし、毛根部分が無くなるまで進行すると効果は出ません。1日の摂取量には上限が設けられています。副作用のリスクも軽減するためにも、育毛剤によるケアに限界を感じたら早く専門医による治療を開始する方が良いでしょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする