スポンサーリンク

住まい近隣にAGAクリニックがないときはどうする?

シェアする

住まい近隣にAGAクリニックがないときはどうする?

AGA専門クリニックが東京を中心に増えています。治療費が高額なこともあり治療を受けられる人が限られるため、地方都市の隅々まで普及することはないかもしれません。

ですが、AGA治療を行う医療機関は増えています。地方の大都市には東京に拠点を置くクリニックが新たに展開し、さらに小さな地方都市でも皮膚科医院や美容クリニックで治療できるようになってきました。

都市部の専門クリニックはさらにAGA治療の高度化が進み、地方都市では薬の処方を行う皮膚科医院が増加すると考えられます。それでは下記から具体的にお伝えいたします。

進化するAGA治療には専門医が持つ経験や高度な技術が欠かせない

男性がネットで調べ物をしている

AGAの治療は、命に関わる病気を治す治療ではありません。そのため健康保険が対象外です。「抜け毛を減らす」「発毛を促進する」、この2点の改善が基本となります。

AGA治療薬や発毛剤による治療は当然ですが、症状がそれぞれ異なるAGA治療を希望する人に対応するため、さらに高度な治療技術も生まれています。皮膚科医院とAGA専門クリニックの違いは、この対応力に表れてきます。

AGA治療の基本

AGA治療の基本は、「血流促進」と「発毛促進」につなげるためのAGA治療薬の処方です。

具体的には、「5αリダクターゼ阻害薬」のプロペシアやザガーロで抜け毛を防ぎ、血管拡張作用のある「ミノキシジル」外用剤で発毛を促進します。こうした治療薬を小児科医院で処方することはありませんが、医師であればAGA専門医でなくても処方できます。

全国で見ると「皮膚科」を中心に「内科」「整形外科」「美容外科」などのクリニックでも治療を行うようになってきました。AGA治療薬を製造し販売する、製薬会社の販路開拓戦略が背景にあると考えられます。

ただし、「AGAリスク検査」や、感染症や医薬品の濃度を確認する「血液検査」、副作用の影響を診る「診断」、そして「不安に対する相談」まで含めると、地方都市の医院で十分な対応が行われているかどうかは疑問が残ります。

こうした点への対応は、悩みを共有することができるAGA専門クリニック特有の先進医療体制だと考えておきましょう。

AGA専門医による治療とは

基本治療に加えて、AGA治療専門の看板を掲げたクリニックは、頭皮改善効果を高めるプロペシアやミノキシジルを頭皮に直接注入する注入治療を行ったり、メソセラピーと呼ばれる脂肪溶解注射による頭皮の改善、HARG療法のような毛髪再生治療技術など、新たなAGA治療技術を採用し始めています。あるいは、植毛手術によるAGA治療も一般的になっています。

こうした治療は、AGA治療に関する専門知識や技術、あるいは設備が必要です。同じ医師であっても、内科医と外科医の専門が違うように、一部のAGA治療は高度な専門医療へと進化しています。

大都市圏を中心にAGA専門クリニックが増えている背景には、こうしたAGA治療技術の進化とニーズに対応できる専門医の登場が挙げられます。

全国にAGA専門クリニックはどのぐらいあるの?

AGAクリニックへ通おうとする男性

全国のAGA治療専門クリニックを調べてみると、東京や神奈川を中心に、札幌、愛知、大阪、福岡などの大都市に開設されています。

皮膚科医院などの内服薬や外用薬の治療であれば、全国全ての都道府県で可能となるなど、基本的なAGA治療を受ける医院は近くにあると考えて良いでしょう。

ただし、AGA治療を「診療科目」として大きく掲げている皮膚科医院はまだ少ないと言えそうです。

AGA専門クリニックは東京に集中

全国のAGA治療が可能と考えられる医療機関をネットの情報からピックアップすると、300施設を超えます。これらは皮膚科などで治療を行っている医院を含む数字です。

このうち東京には、AGA専門クリニックとして広く知られる施設が集中しています。数で比較すれば、全体の10%以上あると考えられます。

東京にあるAGA専門クリニックは、ホームページでも積極的に情報を発信しているので、関東圏の人であれば近くの専門クリニックの情報を比較して治療を行う施設を選ぶことができます。

皮膚科医院などを加えれば全ての都道府県で治療が可能

一方、地方都市を見ると、AGA専門と位置付けられるクリニックは1つの道府県に1~2軒ほど見つけることができます。

全国展開をしている「AGAスキンクリニック」は主要都市を中心に20都道府県に開設しています。スマホで相談するAGA専門クリニックもありますが、クリニックを開院しているわけではありません。

多くの地方都市では、皮膚科や美容形成外科、形成外科が治療を行っています。AGA専門医ではないけれども、全都道府県にそれぞれ5つ以上のAGA治療が可能な施設があるということもできます。

近くの大都市で治療を受けることができない場合、直接、関連する医療機関に問い合わせて確認しましょう。こうした医院はホームページの情報も不十分で、AGA治療に関して詳しく紹介していない場合も多くあるので直接確かめないとわかりません。

問い合わせてみて「相談対応が不十分」な場合は、大きな期待をしないでAGA治療の専門クリニックを探す方が良いでしょう。

近くにAGA専門クリニックがない場合はどうする?

男性が泣いている

地方都市に住んでいても、近くにある皮膚科医院や形成外科医院を丁寧に探すと基本的なAGA治療を行っている専門医と出会うことはできます。

しかし、前述の通り、症状によっては高度な治療が必要となる場合もあります。また、専門医の特徴であるカウンセリング体制も整っていないのが実情です。

どうしても専門医に頼りたいという人の対応策を紹介しておきましょう。

スマホTV電話でどの地域でも治療が可能

全国でAGAに悩む人の力になるクリニックが、「AGAヘアクリニック」です。スマホを使ったTV電話を使って、地域に関係なくAGA専門医の治療が受けられるシステムを採用しています。

投薬治療がメインなので、直接医師に診てもらう機会は少なくなりますが、相談体制も考えると地方に住んでいる人でも心強いAGA治療ができます。

AGAヘアクリニックも、初診時や半年に1回程度は東京で診察を受ける必要があります。安心して相談から始めるのも良い選択肢の1つだと言えそうです。

ジェネリック医薬品の有無を確認して毎月1回は大都市の専門医で治療

AGA治療に求められるのは、内服薬と外用薬の処方だけではありません。「改善」の確認はもちろん「検査」「処方管理」など健康管理も含めて定期的に医師の診療を受けることが重要です。

また、悩みに対して的確な指示を伴う「カウンセリング」は欠かせません。薬だけ処方してもらうのであれば、個人輸入で購入する方が毎月の治療に必要な出費は抑えられます。

近くにAGA専門の医療機関がない場合、例えば、新幹線などで1か月に一度通院することも考えてみましょう。往復2万円とします。AGA専門のクリニックだと、ジェネリック医薬品を処方する医院もあります。1つの医薬品で半分以下に抑えることができます。

「費用や薬代のみ」という、費用を抑えたAGA治療を行うイースト駅前クリニックが近くにあれば費用負担も軽くなります。

参考サイト:イースト駅前クリニック

おわりに

AGA治療を望む人に共通する「抜け毛と発毛」に対する不安を、本当に理解することは難しいものです。地方の小さな都市にも皮膚科専門医がAGA治療を行っていますが、治療はずっと続きます。

治療薬の処方の前にきちんと相談に乗ってくれるかどうかは、クリニックを決める大きな要素です。治療薬の処方だけに頼るクリニックに通院するだけだと効果が芳しくない場合もあるので、少し足を延ばしても近くの大都市にあるAGA専門クリニックの受診と治療が望まれます。

さまざまな治療方法の提案もあり、AGA改善のために遠回りをする心配が少ないかもしれません。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする