スポンサーリンク

髪を早く伸ばすと言われるおすすめ食材BEST5

シェアする

髪を早く伸ばすと言われるおすすめ食材BEST5

「髪の毛をしっかり育てるためには食材選びが重要」そのように聞いても、具体的にどの食材が髪の毛に良いかわからない!といった方も多いのではないでしょうか。

今回は当サイトを運営する毛髪診断士の基準で、髪を早く伸ばすためにおすすめしたい栄養素を、ランキング形式でお伝えいたします。

BEST5の食材は「海藻類」

昆布

髪を早く伸ばす食材として、最初に紹介するのは海藻類です。海藻にはミネラルが豊富に含まれており、昆布やひじきなどの黒っぽい色も髪の毛に良いイメージを与えます。海藻には髪の毛の主成分であるたんぱく質も多く、栄養バランスも良い食品です。

しかし、海藻だけで全ての栄養を得るほどの量は摂取しにくいため、補助的な食材として考えて起きましょう。

たんぱく質と組み合わせて

海藻に含まれるミネラルは、甲状腺の働きを促進させて髪の毛の伸びを良くしてくれると言われています。そのため髪の毛の主成分である、たんぱく質が豊富な肉や魚などと一緒に食べると効果的です。

おすすめの調理方法は

ワカメやあおさなどは味噌汁やスープに入れて手軽に摂取できます。サラダや煮物などに加えると、たんぱく質との組み合わせが簡単にできます。ワカメは加熱しすぎると色や栄養素を損なうため、煮物や汁物ではサッと火を通すのがポイントです。

また、昆布は出汁をとった後も栄養価はあるため、残さず食べましょう。海苔や塩昆布、めかぶ、もずくなどはご飯のお供として食卓に添えると良いでしょう。

ただし、韓国のりや塩昆布などは塩分も含まれており、たくさん食べ過ぎると塩分過多で高血圧やむくみの原因となるので注意が必要です。塩昆布は調味料として使うと良いでしょう。海藻に含まれるヨウ素は油との相性が良いため、ごま油などを加えるのも効果的です。

BEST4の食材は「乳製品」

ヨーグルト

髪を早く伸ばす食材として、カルシウムやたんぱく質と言った成分を含む乳製品は大切です。カルシウムは神経細胞を活発にして、ストレスに強い脳を作り、髪を育てる指令を出しやすくします。

また、必須アミノ酸を多く含んでおり、たんぱく質の合成を進めます。

鉄分と組み合わせて

乳製品にはミネラルと結びついて吸収率を高める成分が含まれています。そのため、吸収率の良くない鉄分の吸収を助けるためにも役立ちます。

鉄分は血液の元となり、栄養の運搬を行うために大切です。乳製品には鉄分がほとんど含まれていないため、栄養バランスのためにも効果があります。頭皮への栄養の供給を助けるためにも使いたい組み合わせです。

おすすめの調理方法は

乳製品はそのままでも、調理しても楽しめる食品です。牛乳であれば、煮込み料理に入れたり、パンケーキに使えます。

また、チーズやヨーグルトなども肉料理の調味や下ごしらえに適しています。カルシウムは熱に強い性質を持っているため、加熱調理にも安心です。

牛乳を飲むとおなかを壊してしまうという人がいますが、これは乳糖という成分を分解する力が弱いために起こります。

この場合には、乳糖の少ないヨーグルトが適しています。そして、ホットミルクを少しずつ飲み続けることで分解する力を育てることが可能です。

BEST3の食材は「青魚」

サバ

髪を早く伸ばす食材のベスト3に入るのは、青魚です。魚介類は、全般的にコラーゲンや必須アミノ酸、亜鉛などが豊富に含まれています。また、特に青魚は脂が固まらず血液をサラサラにする効果も持っています。

そのため、体に負担をかけずに髪の毛の主成分を摂取することができます。コラーゲンで頭皮のハリと健康を維持して、必須アミノ酸で髪を早く伸ばす効果が期待できそうです。

甘いものとの組み合わせは避けて

コラーゲンは甘いものと組み合わせると、糖化してしまいます。糖化とは体の「コゲ」のようなもので、肌の弾力を失わせます。

反対に、酸っぱい味の果物や梅干、酢などを組み合わせることで、たんぱく質や亜鉛の働きを助けて、髪の毛を合成させられるでしょう。

おすすめの調理方法は

魚の皮と身の間には、コラーゲンが豊富に含まれています。身のたんぱく質も大切ですが、丸ごと摂取できるような調理法がおすすめです。煮魚や蒸料理などで皮も骨も柔らかくして食べると良いでしょう。コラーゲンは熱で溶けるため、煮汁まで食べると効果的です。

また、目の周りのゼラチン質に多くの血液サラサラ成分が含まれているため、カマやアラの料理にもチャレンジしてみましょう。煮たり、汁物にしてもおいしく食べられます。血液サラサラ成分も熱で溶けて流れるため、煮汁まで食べたり、生で食べると効果的です。

BEST2の食材は「大豆」

大豆

髪を早く伸ばす食材として、大豆は積極的に摂取したいものの1つです。アミノ酸も豊富で、植物性たんぱく質を取るのに適しています。

アミノ酸の1つでありセロトニンの原料、トリプトファンも豊富で、ストレスを軽減して薄毛や抜け毛予防にも効果的です。

また、女性ホルモンと同様の働きを持つイソフラボンの働きによって、頭皮環境を整えたり髪の毛を作る機能を高めます。髪の主成分でもあり、頭皮を整える機能を持っている食材です。

動物性食品と組み合わせて

大豆はアミノ酸のバランスが良く、効果的に植物性たんぱく質を摂取できます。大豆はヘルシーで血糖値やコレステロールのコントロールなどにも役立ちます。

しかし、お肉を避けて、大豆からばかりでは物足りなさを感じるかも知れません。大豆に含まれる成分には、過酸化脂質発生の抑制効果、さらには中性脂肪やコレステロールを抑える働きがあります。

そのため、お肉などの動物性食品と合わせることで、健康を維持しながらおいしく満足感の高い食事が取れそうです。

おすすめの調理方法は

大豆の成分を摂取するには、蒸して栄養素を流れさせないようにすることが大切です。虫大豆は様々な調理に利用することができ、肉や野菜との相性も良好となります。

大豆と緑黄色野菜、海藻との組み合わせでは、頭皮の健康を維持して、髪を早く伸ばす土壌が作れそうです。

また、大豆製品は手軽に大豆の栄養素を取り入れられる食品です。味噌は調味料として、豆腐や納豆などはそのままでも調理しても楽しめます。ただし、味噌の取りすぎは塩分過多となる恐れがあるため、血圧や持病が気になる人は慎重に取り入れましょう。

BEST1の食材は「タマゴ」

タマゴ

髪を早く伸ばす食材のベスト1は、栄養バランスに優れたタマゴです。タマゴは髪を作るための栄養素が豊富で、免疫力アップにも役立ちます。タマゴはヒナを育てるための成分を併せ持ち、完全栄養食ともいわれています。

アミノ酸バランスも良く、ミネラル、ビタミンも豊富です。中でもビオチンという栄養素は髪の毛の成長や頭皮の健康に良いといわれています。

朝食では組み合わせにも注意

タマゴには豊富な栄養素が含まれていますが、白身に含まれる「アビジン」という成分にだけは注意しなければいけません。

生タマゴの白身に含まれるアビジンは、他の食材に含まれる栄養素を阻害する恐れがあります。

たとえば、納豆にもビオチンが含まれ、これがアビジンと結合すると吸収が阻害されます。そのため、生タマゴと納豆を混ぜて食べるのは避けた方が良さそうです。どうしても生タマゴと納豆を混ぜたい場合には黄身のみを使います。

反対に、鮭などの魚や鶏肉との相性は良く、栄養バランスをさらにアップさせられるようです。

おすすめの調理方法は

タマゴのおすすめの調理方法は、加熱です。白身のアビジンは黄身に含まれるビオチンと結合するとその吸収を阻害しますが、ビオチンは熱に強く、アビジンは熱に弱い性質をもっています。

そのため、髪を早く伸ばすためにタマゴを摂取するには、黄身と白身は混ぜずに加熱して2つの成分を結合させないことが大切です。生タマゴを混ぜてご飯にかけるのも避けた方が良いでしょう。反対に、白身のみを固めた半熟タマゴや白身を取り除いた生タマゴは安心です。

おわりに

食材の中には、より効果的に髪を早く伸ばす働きを持っているものがあります。全ての食材はどれも体に良い働きを持っているものですが、特にその中から厳選して食材を選びました。

摂取の方法にも工夫をして、安全に効果的に、髪の毛を育てやすい環境を整えましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする