スポンサーリンク

休止期脱毛症の原因と対策を徹底解説

シェアする

休止期脱毛症の原因と対策を徹底解説

薄毛が目立つ方の中には、休止期脱毛症を疑っている方がいるかもしれませんね。休止期脱毛症とはどのような脱毛症なのでしょうか。

その特徴と原因、対策などを解説いたします。休止期脱毛症が気になる方は参考にしてください。

休止期の髪の毛が増える休止期脱毛症

私たちの髪の毛は、成長期・退行期・休止期からなるヘアサイクルに従い生え変わっています。成長期は髪の毛が太く・長く育つ時期、退行期は髪の毛の成長が止まる時期、休止期は髪の毛が抜け落ちる準備をする時期です。

健康な方の場合、髪の毛の成長期は4~6年程度続きます。その後、2~3週間の退行期、数カ月の休止期を経て抜け落ち、生えかわります。

何かしらの原因で、約9割あるといわれる成長期の髪の毛が一斉に休止期に入り生じる脱毛症を休止期脱毛症といいます。

休止期脱毛症の特徴

女性が泣いている

男性の薄毛の原因は約9割が男性型脱毛症(AGA)と考えられています。男性型脱毛症では、ヘアサイクルの成長期が短くなるため髪の毛が成長する前に抜け落ちます。

髪の毛が太く・長く成長する前に抜け落ちるので、産毛のような細く短い毛(軟毛)が増えます。その結果、髪の毛は生えているのに薄毛になってしまうのです。

休止期脱毛症では、成長期の髪の毛が一斉に休止期に入るため抜け毛が増えます。ヘアサイクルの成長期が短縮されるわけではないので、男性型脱毛症のように軟毛は増えません。

かわりに、髪の毛の量そのものが減ります。髪の毛の密度が低くなるため薄毛になるのです。なぜ、このような脱毛症が起きるのでしょうか。

休止期脱毛症の原因

休止期脱毛症の原因は、何かしらの原因でホルモンバランスが乱れることなどと考えられています。その結果、成長期の髪の毛が休止期に移行して抜け毛が増えます。

休止期脱毛症の原因として多いのが出産です。妊娠中は髪の毛の成長を助けるエストロゲンの分泌が増えるため、ヘアサイクルの成長期が長くなります(=抜け毛が減ります)。

出産するとエストロゲンの分泌が減るため、妊娠の影響で成長期にとどまっていた髪の毛が一斉に休止期に移行します。この影響で休止期脱毛症のひとつ分娩後脱毛症に陥ることがあるのです。

このほかにも、中絶・経口避妊薬の中断・外科的手術・貧血・甲状腺機能異常・薬剤(インターフェロン、抗凝固薬・抗甲状腺薬など)の影響・過度なストレスの影響などで休止期脱毛症になることがあるといわれています。

休止期脱毛症の対策

女性が脱毛症の改善を目指す

休止期脱毛症になると、ほとんどの方がこのまま薄毛になってしまうのではと心配するはずです。幸いなことに、休止期脱毛症は一時的な脱毛症なので、原因が改善すれば治まります。

例えば、分娩後脱毛症は出産から数カ月経過してホルモンバランスが整えば基本的に治まります。まずは、休止期脱毛症の原因を把握して原因の改善に努めることが対策になります。

様々な原因が重なっている場合などは、原因を把握することが簡単ではありません。このようなケースでは休止期脱毛症が長引くことが多いようです。

AGAやFAGAを併発している場合もあり

また、男性型脱毛症(AGA)や女性男性型脱毛症(FAGA)を併発しているケースもあります。適切に対策を講じれば改善する脱毛症ですが、ケースによっては簡単に改善しないこともあります。

特別な治療をしなくても改善するケースがある

休止期脱毛症になると驚いてしまいますが、特別な治療を受けなくても改善することが多いといわれています。休止期脱毛症を疑っている方は、焦らずに様子を見るとよいかもしれません。

ただし、休止期脱毛症の原因は様々です。背後に治療が必要な病気や薬剤の影響が隠れている場合もあります。不安や異常を感じる方は、様子を見る前に病院で相談すると良いでしょう。

休止期脱毛症が改善しにくい場合の対策

医師が説明をしている

休止期脱毛症の原因が分からず対策を立てられない場合、休止期脱毛症が長引く場合などは病院での治療が必要です。

病院では、頭皮の血行を促進するとともに毛母細胞を刺激する外用薬・ミノキシジルを使った治療や外用薬・塩化カルプロニウムを使った治療などが受けられます。

いずれも頭皮に塗布するだけなので手間はかかりません。治療は、皮膚科のある病院などで受けることができます。

「合わせて読みたい」

「円形脱毛症」のタイプで違う完治期間と共通する改善対策
急に大量の髪が抜け落ちてしまう円形脱毛症。円形脱毛症は大人だけでなく子供も発症する可能性のある病気です。

おわりに

休止期脱毛症は、ヘアサイクルの成長期にある髪の毛が一斉に休止期に移行することで起こる脱毛症です。

主な原因は、産後や中絶・経口避妊薬の中断・外科的手術・貧血・甲状腺機能異常・薬剤の影響・過度なストレスの影響などと考えられています。原因が改善すれば治まる脱毛症なので、まずは原因を突き止めることが重要です。

自然に軽快することもありますが、複数の原因が重なっている場合などは長引きます。改善しづらい方は皮膚科などで治療を受けると良いでしょう。外用薬のミノキシジルや塩化カルプロニウムなどを用いた治療で改善するはずです。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする