スポンサーリンク

脂漏性脱毛症の特徴とやるべき改善策

シェアする

脂漏性脱毛症の特徴とやるべき改善策

フケやかゆみなどの頭皮のトラブルと抜け毛が気になる方は「脂漏性脱毛症」を疑うとよいかもしれません。脂漏性脱毛症とはどのような脱毛症なのでしょうか。改善するには何を行えばよいのでしょうか。今回は、脂漏性脱毛症とその改善策を解説しています。気になる方は確認しておきましょう。

脂漏性脱毛症の特徴

「脂漏性脱毛症」は、「脂漏性皮膚炎」が原因の脱毛症です。「脂漏性皮膚炎」とは、皮脂の過剰な分泌が原因となり起こる皮膚炎です。皮脂の分泌が多すぎると、皮脂をエサに繁殖する皮膚常在菌の一種、「マラセチア真菌」が異常繁殖します。マラセチア真菌は、皮脂を分解するときに炎症を引き起こす物質を生み出します。マラセチア真菌が異常繁殖すると、この物質が大量に生み出されるため皮膚炎が起こるのです。(※脂漏性皮膚炎はこのほかの原因でも起こると考えられています。)

皮脂の分泌が多い頭皮は脂漏性皮膚炎が起こりやすい部位です。頭皮で脂漏性皮膚炎が起こると、頭皮が赤くなる、カサカサになる、かゆくなるなどの症状が現れます。

さらに、炎症がひどくなると大量のフケが出る、頭皮がグジュグジュになるなどの症状が現れます。炎症がひどくなると、その影響で炎症部の髪の毛が抜け落ちることがあります。これが脂漏性脱毛症です。頻繁に起こるものではありませんが、頭皮の炎症と抜け毛が気になる方は脂漏性脱毛症に注意したほうが良いでしょう。

脂漏性脱毛症の改善策

薄毛 解説

脂漏性脱毛症を疑う方はどのような改善策をとればよいのでしょうか。オススメの改善策を紹介します。

皮膚科などで相談

脂漏性脱毛症を疑う方が最初に行いたい改善策は、皮膚科などの医療機関で相談することです。放っておくと慢性化することや繰り返すことが多くなります。また、本当に脂漏性脱毛症だとすれば、かなり炎症が悪化していると考えられます。まずは、医療機関で相談したほうが良いでしょう。脂漏性脱毛症の場合、炎症を和らげるステロイド剤と真菌(マラセチア真菌)の繁殖を抑える抗真菌薬などで治療します。

正しいシャンプーを心がける

脂漏性脱毛症の原因の一つは、多すぎる頭皮の皮脂です。頭皮環境を清潔に保つことも脂漏性脱毛症の改善策になります。脂漏性脱毛症を疑う方は、正しいシャンプーに取り組みましょう。正しいシャンプーのやり方は次の通りです。

  1. 38度程度のぬるま湯で頭皮と髪の毛をしっかり流す。
  2. 手のひらに適量のシャンプーをとってよく泡立てる。
  3. 2の泡を頭皮に塗布して、指の腹で頭皮をマッサージするように優しく洗う。
  4. 38度程度のぬるま湯でシャンプーが残らないようにしっかりすすぐ。
  5. 清潔なタオルで髪の毛と頭皮を押さえるように拭く。
  6. ドライヤーで髪の毛を乾かす。

シャンプーは、抗真菌剤を配合したものを選ぶと良いでしょう。マラセチア菌の繁殖をある程度は抑えられるかもしれません。ただし、シャンプーのやりすぎには注意が必要です。何度もシャンプーをすると、頭皮が乾燥して過剰な皮脂の分泌を招いてしまうことがあるからです。シャンプーは1日1回までにとどめましょう。シャンプー後は必ずドライヤーで乾かします。自然乾燥すると頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなるからです。面倒かもしれませんが、脂漏性脱毛症を改善するポイントです。

整髪料の使用を控える

脂漏性脱毛症が気になる方は、整髪料の使用を控えるとよいかもしれません。整髪料がマラセチア真菌のエサになる可能性があるからです。整髪料の使用を控えられない方は、就寝前に必ず整髪料を落としましょう。そのまま寝てしまうと、脂漏性脱毛症が悪化するかもしれません。上述のシャンプーすると良いでしょう。

ライフスタイルを改善する

以上のほかではライフスタイルにも注意が必要です。ライフスタイルが乱れていると、脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症が起こりやすくなるからです。特に重要と考えられるのが食生活です。できるだけ栄養バランスの良い食事を心がけましょう。中でも摂りたいのが皮脂の分泌をコントロールしてくれるビタミンB群です。ウナギやマサバなどに多く含まれています。睡眠不足やストレス、疲れなどにも注意が必要です。いずれも皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。脂漏性脱毛症が心配な方は、規則正しい生活を心がけましょう。

まとめ

脂漏性脱毛症は、脂漏性皮膚炎により引き起こされる脱毛症です。主な原因は、マラセチア真菌の異常繁殖と頭皮の炎症と考えられています。放っておくと慢性化することなどがあるので、気になる点がある方は皮膚科などで診察を受けましょう。原因にあわせて適切な治療を受けられるはずです。セルフケアで対処したい方は、シャンプーのやり方やライフスタイルなどを見直すとよいかもしれません。ただし、セルフケアには限界があります。症状が改善しないときは、皮膚科などの医療機関で相談しましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする