スポンサーリンク

AGAの治療方法と一般的な費用

シェアする

AGAの治療方法と一般的な費用

AGAは病院で治療することができます。具体的に、どのような治療方法が用意されているのでしょうか。ここでは、AGAの治療方法と一般的な費用を解説しています。AGA治療を検討している方は確認しましょう。

内服薬を用いたAGAの治療

AGAは多くの男性を悩ませる脱毛症です。3人に1人の男性がAGAに悩まされているといわれています。幸いなことに、現在ではAGAを医療機関で治療できます。治療方法には様々なものが用意されています。最もオーソドックスといわれているのが、内服薬を用いた治療方法です。AGAに有効な内服薬にはいくつかの種類があります。

プロペシア

AGAの治療に多く用いられている代表的な内服薬がプロペシアです。AGAの原因になる「5αリダクターゼ」という酵素を阻害することでAGAの進行を予防します。基本的には、抜け毛を予防する治療薬です。費用はクリニックにより異なりますが、28錠で6,500円~10,000円程度であることが多いようです。

フィナステリド

いくつかの製薬会社からプロペシアの後発医薬品(ジェネリック)が発売されています。働きはプロペシアと同じです。フィナステリドもAGA治療を行っている医療機関で処方してもらうことができます。費用はクリニック、製薬会社により異なりますが28錠で4,000円~7,000円程度であることが多いようです。

ザガーロ

2016年以降、ザガーロという内服薬もAGA治療に活用されています。プロペシアと同じく、AGAの原因になる5αリダクターゼという酵素を阻害する薬です。プロペシアとの違いは、Ⅰ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼの両方を阻害できることです(プロペシアはⅡ型リダクターゼしか阻害できません)。ザガーロはその効果から、プロペシアよりも強力なAGA治療薬として注目を集めています。プロペシアが効かなかった方で効くことがあるようです。費用はやや高めで、30カプセルで8,000円~13,000円程度です。

外用薬を用いたAGAの治療

薄毛 薬

AGA治療は外用薬を用いても行われています。AGA治療で用いられている外用薬は次の通りです。

ミノキシジル

ミノキシジルもAGA治療で多く用いられている治療方法です。ミノキシジルはAGAの進行をストップする外用薬ではなく、発毛・育毛を促進する外用薬です。具体的には、頭皮の血行を促進することと毛乳頭細胞に働きかけて細胞増殖因子の産生を促すことで発毛・育毛を促進すると考えられています。費用は、ミノキシジルの濃度やクリニックなどにより異なります。一般的に用いられているミノキシジル5%は、5,000円~10,000円程度であることが多いようです。

内服薬と外用薬を用いたAGAの治療

以上の内服薬と外用薬でAGAを治療できます。内服薬と外用薬では働きが異なるため、両方を併用することが少なくありません。つまり、プロペシアとミノキシジル、ザガーロとミノキシジルなどでAGAを治療することが多いのです。当然、両方の費用が掛かるので、気になる方はこの点も抑えておきましょう。

自毛植毛

AGAが進行しているケースなどでは、内服薬と外用薬を併用しても思うように改善しないことがあります。このようなケースで検討されるのが自毛植毛です。自毛植毛とは、後頭部などAGAの影響を受けにくい部位の髪の毛を薄毛部分に移植する治療です。費用は、基本料金にグラフト単位の料金が加算されることが多いです。生え際が全体的に少し後退したケース、M字部分が少し後退したケースでは750本の自毛植毛が必要なので700,000円~1,100,000円程度です。

生え際・M字部分が頭頂部まで後退したケースでは1500本の自毛植毛が必要なので1,200,000円~2,000,000円程度、頭頂部が薄くなっているケースでは2000本の自毛植毛が必要なので1,500,000円~2,500,000円程度の費用がかかります。

移植した髪の毛が定着すればメンテナンス不要ですが、AGAの進行を防ぐ治療は継続しなくてはなりません。移植部周辺の髪の毛が薄くなる可能性があるからです。自毛植毛を検討する方はこの点も抑えておきましょう。

HARG療法

最先端のAGA治療として注目を集めているのが「HARG療法」です。「HARG療法」は、幹細胞から抽出した150種類以上の成長因子を頭皮に注入して、頭皮の幹細胞を刺激することで発毛機能をよみがえらせる再生医療です。自分の細胞をよみがえらせることで発毛を促すので、治療終了後も発毛が続く点が魅力です。

HARG療法の費用は、頭部の3分の1の範囲で1回120,000円、頭部の3分の2の範囲で1回150,000円です。4週間おき6回の治療が1クールとなっています。HARG療法は全国の認定医療機関で受けることができます。

まとめ

AGAは内服薬・外用薬・自毛植毛・HARG療法などで治療できます。治療法により期待できる効果、費用が異なるので、AGAにお悩みの方は自分に合った治療法を選ぶことが重要です。わからない点がある方は、AGA治療を行っているクリニックで相談してみてはいかがでしょうか。専門クリニックの多くは無料カウンセリングを行っています。気になる点などを教えてもらえるので、AGA治療を検討している方に最適です。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする