スポンサーリンク

AGAクリニックの通院期間・頻度を徹底解説

シェアする

AGAクリニックの通院期間・頻度を徹底解説

AGA治療を始めるときに気になるのが通院期間と通院頻度です。AGA治療は髪の毛が生えれば終わりなのでしょうか。また、髪の毛が生えるまでどれくらいの頻度で通院しなくてはならないのでしょうか。ここでは、AGAクリニックの通院期間と頻度について解説します。

基本的なAGAの治療方法

AGAクリニックの通院期間が気になる方は、AGAの原因とAGAクリニックで行われている基本的なAGA治療を理解すると良いでしょう。AGAの主な原因は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素により悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換されることです。悪玉男性ホルモンが毛根のレセプターと結びつくと、通常2年~6年あるといわれる髪の毛の成長期が数カ月~1年に短縮されます。髪の毛の成長期とは、髪の毛が太く、長く成長する期間のことです。髪の毛の成長期が短くなると、生えてきた髪の毛が太く、長く成長する前に抜け落ちてしまいます。

これを繰り返すことで、次第に髪の毛が細く短くなっていきます。つまり、AGAが進行していくのです。多くのAGAクリニックでは、AGAの原因を作り出す5αリダクターゼを抑制する内服薬を用いた治療を行っています。このことを理解すれば、AGAクリニックの通院期間が分かります。

AGAクリニックの通院期間

5αリダクターゼを抑制する内服薬を用いたAGA治療を行えば、短くなった髪の毛の成長期を元に戻すことができます。これにより、抜け毛が減ることでAGAの進行を予防できます。ただし、内服薬でAGAの進行を予防しているだけなので、根本的な問題が解決したわけではありません。内服薬の服用をストップすると、AGAは再び進行し始めます。

つまり、多くのAGAクリニックで行われている内服薬を用いた治療は、一度はじめると途中でやめることはできないのです。このことから、通院期間はAGAの進行を予防しておきたい期間ということができます。

その他のAGA治療も通院期間は同じ

AGA治療にはその他の治療法もあります。例えば、発毛・育毛を促進する外用薬を用いた治療、薄毛部分にAGAの影響を受けにくい後頭部の髪の毛を移植する自毛植毛などです。これらのAGA治療を受けた場合も通院期間は同じなのでしょうか。外用薬を用いたAGA治療は発毛・育毛を促進する治療で、5αリダクターゼを抑制してAGAの進行を予防する治療ではありません。単独でAGAの進行を予防することはできないので、AGAの進行を予防するには内服薬による治療を受ける必要があります。つまり、外用薬を用いたAGA治療を受けた場合も、AGAの進行を予防したい期間だけ通院する必要があるのです。自毛植毛ではAGAの影響を受けにくい後頭部などの髪の毛を薄毛部分に移植します。

このことから、自毛植毛後はAGA治療を受けなくてよいと思われがちですがそうではありません。AGAの進行を予防する内服薬を辞めてしまうと、移植部の周りにある髪の毛がAGAの影響を受けて薄毛になる恐れがあります。そのため、自毛植毛を受けた方もAGAの進行を予防したい期間に合わせて通院を続ける必要があるのです。

AGA治療をやめるとどうなる?

AGA 治療

治療により体質そのものを変えられるわけではないので、AGAの進行を予防したい方はAGA治療を受け続ける必要があります。AGA治療を中断した場合、どのような影響が現れるのでしょうか。内服薬を用いたAGA治療を中断すると、時間をかけながら元の状態に戻ると考えられています。元の状態に戻るまでかかる時間は人により異なりますが、1年程度で戻ることが多いようです。外用薬を用いたAGA治療を中断した場合も元の状態に戻ります。AGA治療をやめると抜け毛が増えるなどの影響が現れます。AGA治療を受けたい方は治療を継続しなければならない点に注意しましょう。

AGAクリニックの通院頻度

以上の通り、AGAクリニックの通院期間はAGAの進行を予防したい期間と同じです。この間、どれくらいの頻度でAGAクリニックに通わなくてはならないのでしょうか。AGA治療で用いられる内服薬・外用薬は、ほとんどが1カ月分で用意されています。そのため、1カ月に1回程度の頻度でAGAクリニックに通院することになります。

月に1回の通院なので負担は少ないですが、仕事が忙しいなどの方は時間を作りにくいはずです。あてはまる方は、夜遅くまで診察しているAGAクリニックや土日祝も診察しているAGAクリニックを選ぶと良いでしょう。あるいは、2カ月分単位などでAGA治療薬を処方してくれるAGAクリニックを選ぶとよいかもしれません。

まとめ

AGAの主な原因は、悪玉男性ホルモンが毛根のレセプターと結びつくことです。これを抑えるのがAGAクリニックで利用されている内服薬です。内服薬の服用をやめるとAGAの進行を止められなくなるので、AGAクリニックの通院期間はAGAの進行を予防したい期間となります。通院頻度は月に1回程度が多いようです。AGA治療を検討している方は、以上のポイントを押さえておきましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部