スポンサーリンク

人工毛植毛の特徴とメリット・デメリット

シェアする

人工毛植毛の特徴とメリット・デメリット

AGA・薄毛を改善する方法のひとつとして人工植毛が挙げられます。人工植毛とはどのような植毛なのでしょうか。今回は、人工植毛の特徴とメリット・デメリットを解説しています。人工植毛に興味のある方は確認しておきましょう。

人工の髪の毛を植える人工植毛

AGAは内服薬や外用薬で治療できますが、すべての方で同じような効果が現れるわけではありません。AGAが進行した方などでは期待する効果を得られないことがあります。このようなケースで勧められるのが植毛です。植毛とは、頭皮に髪の毛を植え込む治療法です。植毛は、自分の髪の毛を採取して薄毛部分に植え込む自毛植毛と人工的に作った髪の毛を薄毛部分に植え込む人工植毛に分かれます。人工植毛では、ナイロンやポリエステルなどで作った髪の毛を専用の針を使って頭皮に植え込みます。

人工植毛のメリット

人工植毛には自毛植毛にない様々なメリットがあります。代表的なメリットは次の通りです。

髪の毛の量を自由に調整できる

自分の髪の毛を薄毛部分に移植する自毛植毛の場合、移植株を採取しなくてはならないので移植できる髪の毛の量に限界があります。また、髪の毛がかなり薄くなっている方では希望する本数の移植株を採取できないこと、希望する密度まで髪の毛を移植できないこともあります。

人工植毛の場合、人工的に作った髪の毛を植えるので移植する髪の毛の量に制限がありません。髪の毛がかなり薄くなった方でも、希望する密度まで人工毛を植毛することができます。

自毛植毛より負担が少ない

自毛植毛の場合、移植する髪の毛を後頭部などから皮膚ごと採取します。採取に時間と手間がかかるだけでなく、手術法によっては患者の心身に大きな負担がかかります。人工植毛の場合、人工毛を植え込んでいくだけで済みます。植毛に時間と手間がかからず、患者にかかる負担も小さいといえます。

希望するヘアスタイルにできる

自毛植毛は、移植してすぐに希望する髪型を実現できません。移植した髪の毛が定着して生えそろうのを待つ必要があるからです。人工植毛は、植毛する人工毛を選べば、希望するヘアスタイルをすぐに実現することができます。髪の毛の長さや色などを自由に選べるからです。この点も人工植毛のメリットです。もちろん、植毛を何度かに分けて行い、自然な形で髪の毛を増やすこともできます。

人工植毛のデメリット

以上ようなメリットがあるので、人工植毛は魅力的な治療法といえるでしょう。ただし、デメリットがないわけではありません。人工植毛を検討している方は、デメリットも理解しておきましょう。

年に数回程度のメンテナンスが必要

自毛が生えてくるわけではないので、植毛した人工毛はやがて抜け落ちます。もちろん、再び生えてくることはありません。そのため、時間が経過すると髪の毛のボリュームがなくなります。仕上がりを維持するために、年に1~2回程度のメンテナンスが必要です。

頭皮トラブルが起きやすい

「異物」を頭皮に植え込むため、拒絶反応を起こすことがあります。また、人工毛を植え込んだ穴に細菌が侵入して頭皮トラブルを起こすこともあります。頭皮トラブルがひどくなると周囲の健康な髪の毛に悪影響を与えます。トラブルを防止するため、人工植毛を禁止しているところもあります。頭皮トラブルを起こしやすい点は、人工植毛を検討している方が注意したいポイントです。

人工植毛の費用

治療 費用

メリット・デメリットのほかでは、「人工植毛にかかる費用」が気になりますよね。人工植毛は、自毛植毛に比べて手間がかからないので割安といわれています。ただし、メンテナンス代には注意が必要です。自毛植毛で生えてくる髪の毛はメンテナンス不要の自毛です。人工植毛で植えた人工毛は時間の経過とともに劣化します。1回あたりの費用は安くても、メンテナンス代がかかります。トータルで計算すると人工植毛の方が高くなることがあります。

一般的な人工植毛の費用は次の通りです。

人工植毛の費用

  • 500本 100,000円~150,000円程度
  • 1000本 200,000円~300,000円程度
  • 1500本 300,000円~450,000円程度
  • 2000本 400,000円~600,000円程度

希望する密度により異なりますが、生え際が軽く後退しているケースでは500本~750本程度が必要になります。また、生え際が頭頂部まで後退しているケースでは1250本~1500本程度、頭頂部が薄くなっているケースでは1500本~2000本程度の植毛が必要です。人工植毛を検討している方は参考にしてみてください。

まとめ

人工植毛は、ナイロンやポリエステルなどで作られた人工毛を頭皮に植える植毛です。移植株を必要としないので、髪の毛の量を自由に調整できる、すぐに好きなヘアスタイルを実現できるなどのメリットがあります。反対に、年に数回のメンテナンスが必要、頭皮トラブルが起きやすい、ランニングコストがかかるなどのデメリットがあります。人工植毛が気になる方は、メリット・デメリットをしっかり理解して検討を進めると良いでしょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部