スポンサーリンク

セファランチンの期待できる育毛効果と副作用

シェアする

セファランチンの期待できる育毛効果と副作用

「セファランチン」は、あまり耳なじみのない成分ですが、育毛効果が期待される成分の1つです。円形脱毛症を改善するために内服薬として利用されることもあり、薄毛治療にも効果があると考えられています。セファランチンの育毛効果と注意したい副作用について理解を深めて、薄毛対策に活用できるかを考えてみましょう。

セファランチンの育毛効果とは?

セファランチンは、天然の植物であるタマサキツヅラフジから抽出した成分です。植物由来のアルカロイドとして、さまざまな症状に用いられる生薬でもあります。そんなセファランチンには、その特性によって頭皮や育毛組織に対しても良い働きがあると言われています。

アレルギーを抑える効果が頭皮を整える

セファランチンが髪の毛の問題に使われるようになったのは、「円形脱毛症」の治療です。円形脱毛症は自己免疫異常が関係しており、アトピーなどのアレルギーを持つ人が発症しやすいと考えられています。免疫組織の異常によって毛根が攻撃されるのを、セファランチンが抑制することで、円形脱毛症を改善します。自己免疫が関係していない薄毛にも、アレルギー反応は悪影響を与えるもので、アレルギーによる頭皮の炎症を抑えるためにセファランチンは役立ちます。

血行促進効果で頭皮に栄養をめぐらす

セファランチンには血行促進効果もあるため、病的な脱毛や薄毛以外にも良い効果が期待できます。頭皮は髪の毛を育てるための土壌として、栄養や酸素などの循環が必要です。そのため、血行を促して頭皮へとそれらを運びやすくするセファランチンの働きが育毛を促進させると考えられています。

セファランチンには副作用もある?

セファランチン 副作用 説明

セファランチンは自然の生薬であり、優しい効果が期待できるものです。しかし、天然成分でも薬である以上は効果だけでなく副作用を持つことはあります。
医師から処方される内服薬なので、自己判断するケースは少ないはずですが、服用には十分に注意しましょう。

軽い副作用として吐き気などが

セファランチンの副作用としては、深刻なものは多くありません。しかし、服用しているときに胃に不快感があったり吐き気を感じるなどの症状が出る人はいるようです。胃への負担によって食欲がなくなることもあります。

重い副作用としてショック症状に

セファランチンで重篤な副作用はあまり多くないのですが、まれにアナフィキラシーショックに陥る人もいるそうです。軽い副作用の症状から重くなることもあるため、軽い症状の場合でも楽観視するのは危険です。手足の痺れやめまいなどがある場合には、すぐに医師に相談することが必要となります。特に、食物アレルギーや薬のアレルギーを持っている人は注意が必要です。

今度はセファランチンがアレルゲンに?

セファランチンの役割は、アレルギーを抑えることですが、長期服用をしているとセファランチンに対するアレルギーが起こる可能性もあります。セファランチンがアレルゲンになってしまうと、服用で体調悪化を引き起こします。

セファランチンを安全に育毛に生かすためには

セファランチンは、基本的に危険なお薬ではありません。しかし、場合によっては副作用によって体調不良となったり、稀に重篤な症状に見舞われることがあります。そのため、セファランチンを育毛や薄毛治療に使う際には、正しく利用することが必要です。

セファランチンは医師の指導のもとで

セファランチンは、医師の処方によってのみ手に入ります。皮膚科や育毛専門医などで処方してもらうこともでき、円形脱毛症の他に皮膚の病気などでも使われることがあります。セファランチンを処方されたら、医師の指導に従って服用して、飲みすぎや間違った飲み方は避けましょう。もちろん、残った薬剤を診断されていない人にあげたり、流用してはいけません。生薬とはいえ、副作用のリスクを伴う薬であることを忘れないようにしましょう。

セファランチンは薄毛治療の補助として

セファランチンは、円形脱毛症のための抗アレルギー薬として利用されています。しかし、普通の薄毛においてアレルギーは原因の1つでしかなく、それだけで効果があるとはいえません。そのため、セファランチンの効果を過信して頼りすぎることなく、頭皮やヘアケアなどでも薄毛の改善を目指すことが大切です。

また、セファランチンを服用したからといってすぐに発毛するわけでもありません。じっくりと根気よく頭皮の状態を整えて、育毛機能を取り戻すことが大切です。

おわりに

セファランチンは、円形脱毛症の薬として使われていますが、アレルギーによる頭皮の炎症を改善することで他の薄毛に対しても効果が期待できます。天然の生薬として安全性が高いと考えられていますが、副作用が起こることもあります。まれに重い副作用が出ることもあるため、服用中の体調の変化には注意が必要です。処方薬なので基本的には医師に従うことでリスクを防げます。安全に育毛するためには、自分勝手な流用などは絶対に避けましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする