スポンサーリンク

成長因子注入療法は薄毛治療でおすすめ?

シェアする

成長因子注入療法は薄毛治療でおすすめ?

AGA(男性型脱毛症)治療に「成長因子注入療法」が広がりを見せています。「成長因子」は特定の細胞の増殖を促すタンパク質の総称で、注射で頭皮に直接注入して発毛を促す治療です。「成長因子」の不足は男女の薄毛の原因の1つなので薄毛の改善効果が見込めます。しかし、AGA治療専門クリニックではAGA治療用内服薬や外用薬と併せて使用することが多く、「成長因子=発毛」というわけではありません。「成長因子とは何か?」、そして治療法、期待できる効果について紹介します。

成長因子ってなに?

AGAは正常なヘアサイクルが乱れることから薄毛が進行するようになります。そこで、毛母細胞がしっかり働かせることで新しい髪の毛が生える効果につなげる方法が、発毛成長因子(グロースファクター)による治療です。注射を使って頭皮に成長因子を直接注入するため、効果は高いと言えます。最近はノンニードルタイプも登場し、痛みも少なくなっています。

HARG(ハーグ)療法との違いって?

頭皮注射によるAGA治療法には、「成長因子注入療法」とともにHARG療法もあります。「HARG療法」は、成長因子が放出された幹細胞培養液に、育毛剤成分を加えた治療薬を注入する治療法です。新たに登場した「成長因子治療」は比較的手軽で、毛髪成長因子にその他の細胞増殖因子を加えた製剤を注入することで毛乳頭や毛母細胞に働きかけ、毛髪再生を促します。

治療費にも違いがあります。あるAGAクリニック例では、HARG療法は培養など作業が複雑で100万円を超えますが、製剤を使う成長因子注入療法は40万円程度と紹介されています。

副作用もない製剤で男女とも治療が可能

日本で販売されている医薬部外品の育毛剤の中には、成長因子を配合したものもあります。しかし、AGA専門クリニックはAGA治療目的の医療として行っています。医療機関で使われる成長因子治療薬は、医療機関だけ使用が許されている「米国BENEV社製」の製剤が使われています。BENEV社の治療薬は天然製剤なので、副作用もなく安心して使用できると言われています。クリニックによっては、この製剤にビタミンやミネラルを加えるなど独自の開発も行っています。「ミノキシジル」を配合するクリニックもあるので、最初にしっかり確認する必要があります。

「成長因子治療」は、男女問わず治療効果が得られています。男性は壮年性脱毛症も含まれ、女性はFAGA(男性女性型脱毛症)、びまん性脱毛症、産後の脱毛症治療に生かされています。

成長因子の治療法とは?

成長因子注入療法 紹介

AGA専門クリニックの治療は、「成長因子治療」と通常の治療と組み合わせて行います。無料相談、症状の確認、治療法の決定を経て治療方法が決まるため、成長因子治療だけではないことを確認しておきましょう。

その認識のうえで、注入治療について簡単に紹介しておきます。1回の治療時間は15分程度で痛みを抑える技術も進化しており、治療に伴う身体への負担は軽くなっていると言えます。

注射の種類によって痛みが違う

成長因子は通常、麻酔を行ったあと注射器を使って治療薬を注入します。最近では、針を使わないノンニードル注入療法も行われるようになり、痛みの軽減が図られています。治療は期間を分けて数回行われます。最初は抜け毛が増える症状もあるようですが、2~3か月で抜け毛改善効果が表れると言われています。

専門クリニックのホームページには、2か月程度の治療によって見た目にも変化がわかる結果が得られたケースも紹介されています。

発毛効果がある成長因子

成長因子は1種類ではありません。代表的なのが毛髪の形成を助ける「KGF(ケラチン細胞増殖因子)」です。細胞分裂を促進する「IGF(インスリン様成長因子)」、「bFGF」「VEGF,」「HGF-1」も治療薬に含まれています。細胞分裂に加えて、血流促進効果につながる成長因子を直接頭皮に注入することから、衰えた髪の毛の成長細胞を復活させる働きが蘇る作用を生み出します。

成長因子注入療法で改善効果が期待できる症状とは

AGA専門クリニックは、成長因子注入療法単独で治療を行うことはありません。AGA治療専門クリニックのホームページを参考にしながら治療効果を評価すると、期待できる症例の傾向が見えてきます。男性と女性のどちらにも効果が期待できる治療法ですが、治療に使用するプロペシアなど内服薬は異なります。そこで、男性と女性に分けて効果を考えてみましょう。

男性の成長因子注入療法は早期段階の方が効果が得やすい?

男性のAGAの場合、脱毛症状が中程度、薄毛で頭皮が透けて見える場合は成長因子注入療法効果が得られやすいと考えられます。加齢によって毛髪再生因子が減少することを考えると、壮年性のAGA治療にも向いていると言えます。AGAの治療には、5αリダクターゼ阻害薬のプロペシアやザガーロと、ミノキシジル外用薬を使います。内服薬と外用薬によるAGA改善に時間がかかる場合は、成長因子注入療法を採用しても同じように改善も時間が必要だと考えておく方が良いでしょう。ハゲあがり全体前頭葉から頭頂部まで広い範囲に薄毛や脱毛が広がると、成長因子注入療法でも改善には時間が必要です。早い段階で専門医に相談することが、AGA治療の基本です。

内服薬に制限がある女性は成長因子注入療法が効果的?

女性のFAGAは男性とは違い、分け目や全体が薄くなるという特徴があります。注意点としては男性には効果的なプロペシアや、ミノキシジルといった成分は、女性に対しては副作用が出る可能性があるので使用はできません。日本で唯一、ミノキシジルを配合した育毛剤を発売している大正製薬のホームページ「女性用リアップジェンヌ」の購入前チェックシートにも「妊娠、出産、授乳中」の使用を禁止する注意書きがあります。内服薬が限られメスを入れる手術ではないことから、薄毛に悩む女性な年代を問わず成長因子注入療法は期待できる治療法だと言えそうです。

おわりに

成長因子注入療法も魔法のAGA治療法ではありません。ただし、他の治療法と組み合わせることで治療期間の短縮とともに、通常の内服薬と外用薬治療以上の治療効果が期待できそうです。早めの相談が大切ですが、近くに専門クリニックがない、あるいは治療費を考えると育毛剤で試したい場合は、「成長因子」を配合した育毛剤を使い丁寧なケアをしながら経過を見る方法もあります。また、現段階では全てのクリニックが成長因子注入療法を採用しているわけではないので、ホームページで情報をしっかり確認してみましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部