スポンサーリンク

AGA改善にエフペシアは良い?気になる効果と副作用

シェアする

AGA改善にエフペシアは良い?気になる効果と副作用

「エフペシア」はインドの製薬会社シプラ社が製造販売しているフェナステリド剤です。シプラ社は「エフペシア」とともに、先に開発した「フィンペシア」の製造と販売も行っています。フェナステリド剤は、AGA治療に欠かせない抜け毛を抑える「5αリダクターゼ(2型)阻害薬」です。DHT(ジヒドロテストステロン)の血中量を下げ、AGA治療効果を高めるジェネリック医薬品です。製品の信頼性と効果、そして気になる副作用を確認しておきましょう。

エフペシアって何?

日本のAGA治療クリニックの治療は、内服薬(フェナステリドなど)と外用薬(ミノキシジル)で行っています。5αリダクターゼには1型と2型があり、内服薬によって男性ホルモンの悪い働きを抑えて「抜け毛を止め」、血管拡張作用のあるミノキシジルで「発毛する」という考え方です。エフペシアは、「止める働き」をするフェナステリド剤です。

エフペシアの正しい理解

抜け毛を止める内服薬には大きく2つの種類があります。1つは「2型阻害薬」のフェナステリド剤です。もう1つは「1型・2型阻害薬」のデュタステリド剤です。「2型阻害薬」のフェナステリド剤の、代表とされる医薬品がプロペシア(日本のMSD株式会社が製造)です。同じ「2型阻害薬」のジェネリック医薬品が、エフペシアやフィンペシア(シプラ社が製造)です。フェナステリドは効果につながる薬品名で、プロペシア、そしてエフペシアとフィンペシアは商品名ということを知っておきましょう。
エフペシアは日本で認可された治療薬ではありませんが、日本のAGA治療専門クリニックで使われるプロペシアと同じ効果が期待できるジェネリック医薬品です。

シプラ社がエフペシアとフィンペシアを製造する理由とは

シプラ社は、なぜ2種類の同じジェネリック薬を製造するのでしょうか。そこで登場するキーワードが「キノリンイエロー」です。フィンペシアはキノリンイエローを含む素材でコーティングされていましたが、発ガンリスクがあると指摘されたために新たに開発されたのがエフペシアです。最近はフィンペシアもキノリンイエローフリーが登場したため違いはありません。
どちらも販売価格も3,000円以下(100錠)なので、ほぼ同じだと言えます。実際に購入する場合は、個人輸入サイトで口コミ情報と併せて確認するようにしましょう。

エフペシアの効果と副作用

AGA 治療薬
エフペシアは「2型阻害薬」のジェネリック医薬品なので、プロペシアと同じ効果が見込めます。AGA治療専門クリニックはプロペシアとともに、ジェネリック医薬品として日本のメーカーが製造する認可薬「ファイザー」「サワイ」「トーワ」「クラシエ」を処方する場合もあります。ジェネリック薬だから違う医薬品というわけではなく、また、エフペシアはインドメーカー製品という違いだけです。

エフペシアの効果

エフペシアは、AGAの原因とされる5αリダクターゼという酵素がテストステロン(男性ホルモン)と結びついてDHTが生成される働きを抑えます。そのため、AGAクリニックは血中のDHT量を「治療開始前の半減」にすることを目安にします。エフペシアの服用で血中DHT量の減少が見られれば、抜け毛の減少効果として表れることになります。

エフペシアの副作用

しかし、良い効果ばかりではありません。プロペシアもエフペシアも同じですが、もともと「前立腺肥大症」の治療薬として開発された経緯があります。前立腺肥大症は、ぼうこうの下にある尿道を囲む前立腺が肥大して尿道が狭くなって頻尿の症状が出る病気です。湿疹など軽微な副作用とともに、男性ホルモンに関わる治療薬のため男副作用が出る可能性も指摘されています。例えば、性欲減退やED(勃起不全)などが代表的な例です。
さらに、男性ホルモンが少ない場合の症状である、やる気の減退や筋力の低下、さらに脳梗塞リスクの上昇といったことも指摘されています。ただし、ホームページ上に公開されているデータを見ると、通常のAGA改善のための服用に伴う性欲減退や勃起不全などの副作用は1%程度です。過剰に意識すると逆に症状が出る可能性もあります。

個人輸入で購入する場合の注意点は?

ジェネリック医薬品のエフペシアは、日本のほとんどのAGA専門クリニックで処方することはありません。購入するには、個人輸入に頼ることになります。日本製のジェネリック薬が2万円以上(150錠程度)することを考えると、エフペシアは3,500円程度(150錠程度)で購入できるため、価格は大きな魅力です。あらかじめ注意点を確認しておきましょう。

個人輸入サイトも製品の安全性に注意している

エフペシアを個人輸入で購入できるサイトがあり、購入は難しいことではありません。問題は、購入手段より「製品の信頼」です。海外のメーカーが製造する医薬品は、流通段階で偽物が混じることがあります。インドの薬品メーカー※に対する製品の信頼性の心配よりも、仲介業者や流通経路で問題が生じる場合も考えられるということを知っておきましょう。こうした点は個人輸入の運営サイトも注意しているので、ホームページの情報とともにサイト運営者へのメール相談、あるいは購入者の口コミ情報をしっかり確認すると良いでしょう。

おわりに

エフペシアも含めて、ジェネリック薬の安全性と効果は国ごとに保証されています。購入も簡単です。問題は、偽物を買わないこと、さらに副作用をしっかり理解して自分の症状や体質を考え、最適なケアの方法をまず決めるようにしましょう。その中で、AGAクリニックが近くにないなど環境が満たさなければ個人輸入で購入して試してみると良いでしょう。止めればAGA改善効果は止まりますが、まず効果と安全性を自分で確かめることも大切な行動だと言えます。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部