スポンサーリンク

タンパク質が髪に良いと言われる理由と豊富な食材ベスト10

シェアする

タンパク質が髪に良いと言われる理由と豊富な食材ベスト10

タンパク質は新陳代謝に欠かせない成分で、栄養分が不足すればそれだけ新しい細胞に生まれ変わる活力が失われます。髪の毛の成分はタンパク質です。しかし、AGA(男性型脱毛症)対策にタンパク質を多く含む食品を取れば解決するわけではありません。食品にはさまざまな栄養素が含まれており、細胞の若返りとともに、頭皮を健全に保つビタミンやアミノ酸などがそれぞれ作用してヘアサイクルが維持されています。タンパク質が髪に良いと言われる理由と、豊富な食材ベスト10を挙げてみましょう。

タンパク質が髪に良いと言われる理由

髪の毛は18種類のアミノ酸が結合して合成されたケラチンというタンパク質でできています。しかし、栄養分としてのタンパク質が豊富な食品を食べてもそのまま髪の毛が生えるわけではありません。タンパク質はビタミンBなどの栄養素で分解されてアミノ酸となり、ミネラルの働きで「髪の毛」へと変わります。しかも、さまざまな食品に単独でこれらのアミノ酸が含まれるわけではなく、いろんな食材にいろんな栄養素が少しずつ含まれています。やはり食事バランスば基本であることには違いないので、おかずに一品添えることで不足気味の栄養素を取ることを考えておきましょう。

髪の毛の成分であるケラチンを構成する18種類のアミノ酸

グルタミン酸、アルギニン酸、アスパラギン酸、リジン、メチオニンなど18種類のアミノ酸が結合してできたケラチンが、髪の毛を構成する成分となっています。
グルタミン酸は昆布に含まれ、かつお節のイノシン酸とともに「うま味成分」として知られています。アスパラギン酸はスポーツドリンクに含まれており聞き覚えのある成分名かもしれません。リジンは海外の育毛サプリメントにも含まれるなど育毛効果が期待される成分です。

アミノ酸の合成を助けるミネラルは絶対に必要

タンパク質単独で、ケラチンが合成されるわけではありません。髪の毛そのものの成分である「ケラチンの合成」と、AGA対策の基本である「健全な頭皮」「血流促進」という点も併せて、髪の毛の成長に欠かせないミネラル、「亜鉛」や「鉄分」「ビタミンB6」などです。ビタミンB2やビタミンCも頭皮環境や血流促進に関わるということも確認しておきましょう。

タンパク質を多く含む食品ベスト10

それでは、タンパク質を多く含む食材を見ていきましょう。ベスト10として紹介していますが、ほとんどの食品にタンパク質は含まれています。「簡単!栄養カロリー計算」のサイトを参考に、タンパク質を多く含む食材を確認します。カテゴリーで分けると「肉類」「魚介類」「大豆製品」「乳製品」「卵類」、さらに「干物」「お茶」「木の実」の中にも多く含まれる食材があります。

タンパク質を多く含む食品ベスト10

「しらす干し」「イワシ丸干し」「いくら」「すじこ」「牛肉(けん・すじ)」「たらこ(焼き)」「あじ(焼き)」「はまぐりのつくだ煮」「あゆ(天然焼き)」「本マグロ」という順番になっています。このうち、日常の食卓に載る食品は、いわしやアジといった焼き魚です。しかし、頻繁に食べるわけではありません。また、すじこやたらこ焼きも量を食べることはないでしょう。ベスト10には入っていませんが、カツオやサンマ、タイやシラス干し、カマス、かつお節などはよく食べるかもしれません。うなぎもあります。肉類を見れば、生ハム、鶏ささみがあります。肉類を食べる食生活が多いと考えられますが、前述の「うまみ成分」も考えると、和食を増やすことを考えてもいいでしょう。

メニューの工夫などで取ることができる食べ物

タンパク質 食材

ベスト10には入りませんが、「肉類」「魚介類」「大豆製品」「乳製品」「卵類」はやはりバランスよくタンパク質を取ることができる食品です。「鯨肉」「牛肉」「豚肉」「鶏肉」などがあります。

また、もう一品加えることでタンパク質をバランスよく取れる食品もあります。「高野豆腐」「焼きのり」「味付けのり」「干しエビ」「カットワカメ」などは比較的手軽に調理することができます。「乾燥しいたけ」も利用できます。「パルメザンチーズ」「落花生」「アーモンド」なども注目して良い食材です。飲み物では「抹茶」「ミルクココア」「昆布茶」「豆乳」などがあります。野菜ジュースよりも、昆布茶などが良さそうです。「とうがらし」にもタンパク質が多く含まれます。トウガラシにはカプサイシンが含まれ、血流促進効果があります。豆腐や豆乳と併せて飲むと良いでしょう。また、カキやレバー、緑黄色野菜やナッツ類やビタミンCを含むフルーツなどはミネラルを含み重要な髪の毛の成長を助けるので併せて食べたい食品です。

おわりに

タンパク質を豊富に含む食品を挙げましたが、魚の干物や焼き魚が上位に登場しています。もちろん、牛肉や豚肉、鶏肉も重要なタンパク源となります。乾燥した肉、魚、野菜などにも注目することができます。逆に芋類には少ない傾向が見られますが、芋類はカレーや豚汁などとともに食べているので問題なさそうです。いずれにしても、食事はバランスが基本です。時には、食卓のおかずを眺めながら「髪の毛の健康に良いメニュー」であるか確かめてみることが必要です。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部