スポンサーリンク

働き盛りは薄毛になりやすい?やっておくべき対策を紹介

シェアする

働き盛りの男性は、薄毛の悩みを抱える年代ともいえます。薄毛の悩みは、早ければ20代から始まり、30代になると急速に増えるというデータもあります。そこで今回は、働き盛りの年代が薄毛を引き起こす原因と、薄毛を防ぐためにやっておくべき対策法を詳しくご紹介します。薄毛の予防には早めの対策がポイントですので、ぜひ参考にしてください!

働き盛りの男性に見られる薄毛の特徴とは?

働き盛りの男性に見られる薄毛の特徴とは?

働き盛りとは一般的には40歳前後をさしますが、広い意味ではもっとも仕事ができる年頃のことをいいます。働き盛りの男性には、薄毛に悩む人が多いといわれますが、年代によって次のような薄毛の原因と特徴があげられます。

20~30代前半にかけての薄毛の特徴

20~30代前半にかけて見られる薄毛は、若年性脱毛症の一種であることが多く、体の老化はほとんど関係していません。医学的に若年性という特別な疾患があるわけではありませんが、若年性脱毛症は本来の脱毛が始まる以前の、若い年代に起こる脱毛症の総称をいいます。若年性脱毛症の原因は、男性ホルモンの乱れによるものが多く毛母細胞が正しく機能できず、AGA(男性型脱毛症)などの薄毛を発症したり、生活習慣の乱れから髪の健康が損なわれて薄毛を招くことがあります。

40代の薄毛の特徴

壮年期を迎えた40代の男性にとっては、まさに働き盛りといえる年代であり、職場では管理に責任をもつ役職を任されることもあるでしょう。そのため、40代からの仕事は責任からくるプレッシャーや重圧を感じやすく、本人も気づかないうちにストレスを溜めこみがちです。ストレスは精神面に影響をあたえるだけでなく、自律神経のバランスを崩して血流悪化を招き、頭皮に十分な栄養と酸素を運ぶことができず、薄毛を引き起こしやすくなります。さらに、40代以降は約30%がAGAを発症するといわれており薄毛になりやすい年代といえます。

50代後半の薄毛の特徴

50代後半になり60代に差し掛かる年齢を迎えると、体の老化現象の一つである老人性脱毛症が現れるようになります。老人性脱毛症は、体の老化でヘアサイクルが衰え、毛髪だけでなく全身の体毛が薄くなってくることが特徴です。また、症状に個人差はありますが、同時にAGAによる薄毛が重なることも珍しくないため、薄毛の進行が早くなることもあります。老人性脱毛症は身体機能が原因ですので、予防や改善をすることは難しいです。

働き盛りの薄毛を防ぐためにやっておきたい6つの対策法

働き盛りといっても年代によって、薄毛の原因に違いはあります。しかし、薄毛の原因には生活習慣など共通点がたくさんありますので、薄毛の進行を防ぐためには身近なことから対策をとることが重要です。すでに薄毛が進行している場合でも遅くはありません。ここからは、薄毛の予防と進みを遅らせるための対策法を6つご紹介いたします。

対策法1. 食生活を改善する

働き盛りの年代は、仕事の忙しさから食事が偏ったり、仕事関係のお付き合いで外食が増えたりしがちです。偏った食生活では、髪が育つために必要な栄養が不足して薄毛の原因になりますので、日頃からタンパク質、ビタミン、ミネラルなど、髪に良いとされる栄養素を食事で摂取するようにしましょう。

対策法2. 生活リズムを整える

働き盛りの時期は、仕事とプライベートに忙しい年代でもあり、帰宅時間が遅くなり睡眠時間も短くなる傾向があります。寝不足が続く状態は、ホルモンバランスや自律神経などを乱して、抜け毛を増やすことにつながるため、できるだけ規則正しい生活を送るようにして、夜は十分な睡眠をとるように努力しましょう。

対策法3. ストレスを溜めない

仕事は人間関係や責任など、さまざまなストレスを感じることが多いです。また、働き盛りの年代は、結婚や子育てなどプライベートでも環境が変化しやすく、ストレスを感じやすい時期ともいえます。精神的なストレスは、自律神経のバランスを崩して血流悪化を招き薄毛の原因になりますので、日頃からストレスを溜めこまないように、リフレッシュできる時間を作ってストレスを発散する習慣をもちましょう。

対策法4. 正しいシャンプーの方法を行う

毎日のように使用するシャンプーが合っていなかったり、間違ったシャンプーの方法をしていたりすると、頭皮が炎症を起こして薄毛を引き起こすことがあるため注意が必要です。シャンプーをするときは、頭皮を傷つけないように指の腹でマッサージをしながら洗い、シャンプーのすすぎ残しがないように注意しましょう。また、頭皮ニキビなどの炎症が現れる場合は、シャンプーが合っていない可能性もありますので、自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

対策法6. AGA対策を早めに行う

30~40代の薄毛は、10人に1人がAGAといわれています。AGAは早ければ20代でも症状が現れますので、兆候に気づいたら育毛剤の使用を開始したり、専門家に相談したりするなど、早めに対策をとることで薄毛の進行を防ぎましょう。

対策法7. 紫外線対策を行う

仕事の営業などで外出をする機会が多い場合は、頭皮に浴びる紫外線が毛母細胞にダメージを加えて薄毛を引き起こすこともあります。春から秋にかけて紫外線の量が多い時期は、外出時は帽子や日傘などの紫外線対策を行い、頭皮を刺激から守るようにしましょう。

おわりに

今回は、働き盛りの男性に見られる薄毛の原因と対策法をご紹介してきました。働き盛りとは、一般には40代前後をさしますが、仕事ができる年頃という意味では広い年代があてはまります。薄毛の原因は年代によって違いがありますが、仕事を精力的にこなす方たちの生活習慣には、共通した薄毛の原因が隠されています。薄毛は早めに対策をとることで進行を遅らせることが期待できます。身近な生活習慣から、薄毛対策を始めてみませんか。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする