スポンサーリンク

女性男性型脱毛症(FAGA)の特徴と改善にむけた取り組み

シェアする

女性男性型脱毛症(FAGA)の特徴と改善にむけた取り組み
女性の髪の悩みを引き起こす、女性男性型脱毛症(FAGA)をご存じでしょうか?薄毛の悩みは男性だけではありません。女性も男性ホルモンの影響で薄毛になることがあるのです。
そこで今回は、FAGAの特徴、原因、改善法について詳しくご紹介します。初期のFAGAは自覚しにくく、気づいたころには症状が進行していることがありますので、早めに対策をとって予防をしていきましょう。

女性男性型脱毛症(FAGA)とは?

女性男性型脱毛症(FAGA)とは、男性ホルモンが原因で起こる女性の脱毛症のことです。男性にも男性ホルモンが原因の男性型脱毛症(AGA)がありますが、同じ原因でも特徴が異なるため、女性はFAGA、男性はAGAと区別して呼ばれています。

FAGAと AGAとの違いは脱毛のパターン

FAGAと AGAの大きな違いは、脱毛のパターンが異なることです。男性のAGAでは、額の生え際や頭頂部など部分的な薄毛の進行が特徴ですが、FAGAの場合は髪が細くハリやコシがなくなり、全体的に髪のボリュームが失われていきます。

また、男性のAGAは進行性の脱毛であることも大きな特徴であり、なにもせずに放置しておくと薄毛が進行していきます。しかし、FAGAではAGAのような髪の減り方は見られません。

FAGAの症状は頭のトップから薄くなる

FAGAの症状は、薄毛の状態によってI型~III型の3段階に分類されます。I型とは髪の分け目など頭のトップが薄くなった状態をいいます。次に、つむじの部分が薄くなった状態をII型といい、さらに薄毛が進行して全体的に髪のボリュームがなくなるとIII型と呼ばれます。このようにFAGAは頭のトップから徐々に薄毛が始まってくるため、初期の段階では自分で気づくことは難しく、美容院などで人に指摘されて気づいたときにはIII型まで進行しているケースもあります。

女性男性型脱毛症(FAGA)が起こる3つの原因

女性男性型脱毛症(FAGA)は男性型脱毛症(AGA)と同様に、毛乳頭に入った男性ホルモンの「テストステロン」が、5αリダクターゼ酵素の作用で「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化した影響で薄毛を招きます。ジヒドロテストステロンは、毛母細胞の細胞分裂を阻害したり、髪の成長期を短縮したりするため、抜け毛を増やして薄毛の原因になります。男性ホルモンの影響で女性が薄毛になるのは、女性の体の中にも男性ホルモンが存在しているためですが、通常は髪を成長に関わる女性ホルモンのエストロゲンの作用で抜け毛は予防されています。しかし、次のような原因で女性ホルモンが減少してくるとFAGAを発症することがあります。

原因1. 加齢による女性ホルモンの減少で男性ホルモンの影響を受ける

女性ホルモンの分泌量は思春期から増え始め、30歳前後にピークを迎えると、徐々に減少していきます。特に40歳を過ぎると女性ホルモンの量は激減して、更年期障害などの体の変化が起こるようになります。加齢による女性ホルモンの減少は、それまで抑制していた男性ホルモンの影響が髪に現れやすくなり、FAGAを引き起こす原因になります。

原因2. ストレスが原因で女性ホルモンのバランスが崩れる

FAGAは、ストレスによる自律神経の乱れが原因で、引き起こされることもあります。自律神経と女性ホルモンは、脳の視床下部でコントロールされているため、ストレスで自律神経の乱れると、連鎖して女性ホルモンのバランスも乱れて、薄毛を招くことがあります。

原因3. 生活習慣の乱れで女性ホルモンの分泌量が減る

睡眠不足や偏った食生活など、生活習慣の乱れはFAGAの原因になることがあります。生活習慣の乱れは脳の視床下部の機能を低下させてしまうため、女性ホルモンが正しく分泌されず、男性ホルモンの影響を受けやすくさせます。他にも運動不足、過度の飲酒、喫煙などの生活習慣もホルモンバランスに影響をあたえます。

女性男性型脱毛症(FAGA)を改善する3つの対策法


FAGAは女性ホルモンのバランスが乱れることで、髪が男性ホルモンの影響を受けやすくなり、薄毛が起こります。加齢による女性ホルモンの減少は誰もが避けられないことですが、健康な髪を守るための対策法をとることによって、薄毛の予防や改善が期待できます。大切な髪を失う前に、次のような対策法を始めてみましょう。

対策法1. 食生活を見直して髪によい栄養素を取る

FAGAの対策には、食生活の見直しが基本になります。毎日の食事から取りたいおすすめの栄養素は、大豆製品に含まれるエストロゲンと似た作用のあるイソフラボンです。その他にも、髪の新陳代謝をサポートする亜鉛、髪の主成分になるタンパク質、抗酸化作用のあるビタミン類などを、バランスよく食事で摂取することがFAGAの対策に役立ちます。

対策法2. 生活リズムを改善してホルモンバランスを整える

FAGAの改善には生活リズムを整えて、夜はしっかり睡眠をとることが大切です。寝不足を防ぐことで視床下部の機能が正常に作用するため、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促し、抜け毛を防いで髪の成長を助けます。

対策法3. ストレス解消でホルモンバランスを安定させる

ストレスからくる自律神経の乱れは、女性ホルモンのバランスにも影響をあたえてFAGAを招きます。髪の健康を守るためには、軽い運動や趣味の時間を過ごすなど、日頃からストレスを発散することが大切です。髪の悩みからくるストレスでFAGAを進行させないように注意しましょう。

おわりに

今回は、女性男性型脱毛症(FAGA)の特徴と改善方法についてご紹介してきました。FAGAは女性版AGAとも呼ばれる、男性ホルモンの影響で起こる脱毛症です。しかし、同じ原因でも女性は女性ホルモンの作用があるため、男性の薄毛のパターンとは異なり、頭皮全体が薄くなることが特徴です。FAGAは加齢、生活習慣、ストレスなどさまざまな原因で発症し、本人が気づいたころには症状が進行していることが多いため、身近な生活習慣を見直して早めに対策をとるようにしましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部