スポンサーリンク

メスで切るFUT植毛の特徴と術後に注意すべき内容

シェアする

メスで切るFUT植毛の特徴と術後に注意すべき内容

薄毛を効果的に改善できるとされる自毛植毛。その手術にはいくつかの方法があります。ここでは、FUT植毛の特徴と術後の注意点などを解説しています。FUT植毛が気になる方は、参考にしてください。

自分の髪の毛を移植する自毛植毛

自毛植毛は、AGAの影響を受けにくい後頭部の髪の毛を薄毛部分に移植する治療です。自分の髪の毛を移植するので、後頭部から移植株の採取が必要になります。移植株の採取方法には、いくつかの種類があります。具体的には、FUT植毛、FUE植毛、機械式植毛などがあるのです。

切る自毛植毛と呼ばれるFUT植毛

FUT植毛は「切る自毛植毛」と呼ばれることがある植毛手術です。このように呼ばれる理由は、移植株を採取するため後頭部の頭皮を帯状に切り取るからです。帯状に切り取った頭皮を毛穴単位に切り分けることで移植株を作成します。

FUT植毛のメリット

FUT植毛のメリットとして挙げられるのが、FUE法などに比べ手間がかからないことです。FUE植毛では、専用のチューブパンチで毛穴ごと1本ずつ移植株を採取します。そのため、作業量が多く医師と患者に負担がかかります。FUT植毛の場合、頭皮を大きく切り取ってから移植株を作成するのでこのような手間はかかりません。医師にかかる負担が少ないので、FUE植毛に比べ植毛費用は低めといわれています。また、頭皮を切り取ってから移植株を作成するので、誤って毛根を切断することが少ないともいわれています。毛根の切断率の低さは、移植した髪の毛の生着率に影響を与えます。

FUT植毛のデメリット

FUT植毛にはデメリットもあります。最初に注意したいデメリットが、移植株を採取した部分に線状の大きな手術痕ができることです。この部分から髪の毛は生えません。髪の毛で覆えば目立たなくなりますが注意したいポイントです。また、縫い合わせるときに頭皮を引っ張るので違和感が残る方もいるようです。移植株の質にも注意が必要です。頭皮を大きく切り取ってから移植株を作成するので、中には弱っている髪の毛が混じっていることもあります。そのまま、薄毛部分に移植してしまうと質の悪い髪の毛が生着してしまうかもしれません。移植株を作成する人の技術により品質が変わる点もFUT植毛のデメリットとして挙げられます。

FUT植毛術後の注意点

医師 注意 植毛
FUT植毛を検討している方は、術後の注意点も確認しておいた方が良いでしょう。大きな傷痕ができるほかにもいくつか注意したいポイントがあります。最初に理解しておきたいのが術後の痛みです。
頭皮を帯状に切り取るので、FUE植毛などに比べると痛みが続きやすいとされています。
さらに傷が治るまで時間もかかります。痛み止めなどをもらうことはできますが、それでも人によっては痛みに悩まされることがあるようです。気になる方は無料カウンセリングなどで、術後の痛みと対処法について確認しておいた方が良いでしょう。自毛植毛で移植したすべての髪の毛が生着するわけではない点にも注意が必要です。FUT植毛で移植した髪の毛の生着率は80%から95%程度といわれています。
また、移植した髪の毛がすぐに生えてくるわけでもありません。移植した髪の毛が生着して生えてくるまで3カ月程度はかかります。しばらく待たなければどのような結果が得られるかわからない点も術後の注意点といえます。

AGA治療を継続しなくてはならない

自毛植毛で生着した髪の毛は、メンテナンス不要の自分の髪の毛です。そのため、自毛植毛を受ければAGA治療をしなくてよいと考える方が多いようです。移植する髪の毛は後頭部の髪の毛なのでAGAの影響を受けにくいと考えられます。AGA治療をあまり必要としないといえるでしょう。一方で、移植部の周りに生えている髪の毛は元から生えている髪の毛なので、AGAの影響を受けると考えられます。AGAの治療を受けないと、これまで通り薄くなってしまう可能性があると考えられます。
以上のリスクに備えるため、自毛植毛を受けた後もAGA治療は必要とされています。具体的には、AGAの原因物質を抑制して抜け毛を防ぐ内服薬による治療などが必要といわれているのです。FUT法などで自毛植毛を検討している方は、術後のAGA治療についても考えておきましょう。

まとめ

自毛植毛は、自分の後頭部の髪の毛を採取して薄毛部分に移植する治療です。髪の毛を採取する方法によりFUT植毛、FUE植毛、機械式植毛などに分かれます。FUT植毛は、メスで頭皮を帯状に切り取り、そこから移植株を作成する自毛植毛です。手間がかからないため費用が安いなどのメリットと、後頭部に傷痕ができる、移植株の質にむらができやすいなどのデメリットがあります。術後の痛みが持続しやすい点、移植した髪の毛すべてが生着するわけではない点にも注意が必要です。
また、基本的に、自毛植毛後もAGA治療は必要です。FUT法による自毛植毛を検討している方は、これらの点を抑えておくと良いでしょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする