スポンサーリンク

ビタミンAが髪に良いと言われる理由と豊富に含まれる食材3種

シェアする

ビタミンAが髪に良いと言われる理由と豊富な食材3種

ビタミンAは髪の毛の成長や美しい髪を維持するために良い効果を持っています。ビタミンAの豊富な食材をもっと意識的に食事に取り入れることで、あなたの髪はもっと健康に美しくなるかもしれません。今回は、そんなビタミンAの効果とどんな食材を取ったらよいかなどの情報を紹介します。

ビタミンAの豊富な食材が髪に良いのはなぜ?

ビタミンAの豊富な食材はなぜ髪の毛に良いといわれているのでしょうか?ビタミン類は身体の調子を整える働きを持っている栄養素ですが、ビタミンAにも身体の調子を整えるさまざまな効果があります。しかし、髪に良いといわれる理由は特に以下の3つの役割によると考えられます。

ビタミンAの細胞の活性効果

ビタミンAには、細胞の機能を活性化させる働きがあります。この働きによって、肌や髪を若々しく保つことが可能です。肌は細胞分裂とターンオーバーの働きによってみずみずしい状態を維持しています。そのため、頭皮もビタミンAによって若々しく保つことができ、育毛環境をよくすることができるのです。髪の毛も細胞分裂によって成長します。髪を太く濃く育てたい、髪を効率よく伸ばしたいという人には、この効果が大切です。

皮膚を美しく健康に保つ効果

ビタミンAには皮膚や粘膜を健やかに保つ効果も持っています。皮膚や粘膜を構成する細胞の機能を維持して、弾力や潤いを正常に保ちます。ふっくらと潤いのある頭皮の皮膚は毛穴も柔軟で、髪の毛が成長しやすい環境です。また、血液循環も阻害されにくく毛根への栄養補給もスムーズになるでしょう。

抗酸化作用でダメージを防ぐ効果

ビタミンAには抗酸化作用もあります。活性酸素による細胞の破壊を防いで、肌の老化を抑えます。また、ビタミンAは紫外線の刺激から肌細胞を守る働きも持っています。ただし、ビタミンAは、紫外線を受けるたびに破壊されてしまいます。

ビタミンAが豊富で手軽に取れる食材3つ

ビタミンAは健康な肌を保つために大切であり、その働きを終えると消費されてしまうものです。そのため、手軽に取れる食材から補給していくことが必要となります。ビタミンAが豊富な食材を使って、毎日の食事で効率よく摂取しましょう。ちなみに、ビタミンAには2種類のものがあるため、どちらの種類もそれぞれに摂取することが大切です。

植物性ビタミンAを取るなら緑黄色野菜から

植物性ビタミンAが豊富な食材として代表的なものは、「緑黄色野菜」です。植物性ビタミンAとは「βカロテン」のことを指し、メジャーな食材としてはニンジンやかぼちゃなどが思いつきますが、モロヘイヤやケールなども豊富な食材です。ケールは青汁の材料として有名ですが、それ以外の野菜も食べるだけでなくジュースなどで活用しても良いでしょう。

植物性ビタミンAを取るなら薬味で手軽に

植物性ビタミンAを取りたい時には、薬味も使えます。ノリやシソの葉、乾燥パセリなどもビタミンAが豊富な食材です。一度にたくさんは食べないものですが、常備しやすいものとなります。

動物性ビタミンAを取るなら内臓系から

動物性ビタミンAは「レチノール」のことで、肉、魚類に多く含まれています。特に豚レバーやアンコウの肝、アユなどの魚の内臓はビタミンAが豊富な食材です。少々癖があり、食べにくいと感じる人も多いものですが、吸収がよく少量の摂取で十分となります。内臓系がムリな人は、うなぎや卵黄、チーズなどでも摂取できます。

ビタミンAの摂取で注意することは?

ビタミンA 摂取 注意点

ビタミンAの豊富な食材を摂取する場合には、少し注意することもあります。特に過剰摂取による弊害には注意が必要です。安全に髪の美容や健康に生かすために、良い取り方を心がけましょう。

動物性ビタミンAは過剰摂取で症状が

動物性ビタミンAは、多く取りすぎると吐き気やめまい。頭痛などの症状が出ることがあります。慢性的な過剰摂取によって皮膚炎を引き起こすという話もあるようです。吸収率が良いため、ビタミンA摂取には効率のよい食材ですが、適度な量と植物性とのバランスも大切です。また、吸収されると肝臓で蓄積されますが、妊娠中の場合には胎児の影響を及ぼす恐れがあるといわれています。

植物性ビタミンAは比較的安全

植物性ビタミンAは、体内に蓄積される恐れもなく、過剰摂取の危険性は少なくなっています。βカロテンとして体内に入り、必要な分だけビタミンAに変わる性質を持っています。反面、吸収率はよくありません。

おわりに

ビタミンAは豊富な食材が2種類あり、植物性と動物性の2つの食材からバランスよく摂取することが必要です。特に動物性ビタミンAは、吸収がよく効率的な摂取に役立ちますが、過剰摂取による悪影響のリスクもあります。不足すると肌や髪の美や健康が損なわれる恐れがありますが、過剰に取るのも間違いです。特に妊娠中の女性は注意が必要となります。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする