スポンサーリンク

青汁が育毛促進に良いと言われる理由

シェアする

青汁が育毛促進に良いと言われる理由

栄養効果が高く手軽に野菜不足を解消できる青汁は、健康面だけでなく育毛促進も期待ができることで注目されています。しかし、青汁を飲むだけでどうして髪が育つのか気になりますよね?そこで今回は、青汁が育毛に良いといわれる理由について詳しくご紹介します。青汁を飲むときの注意点と併せて参考にしてくださいね。

そもそも青汁とはいったいなに?

青汁とは、大きな意味でいうと「生の野菜を搾った汁」のことです。多くの青汁商品が販売されていますが、材料に使用される野菜はケール、明日葉、大麦若葉などが主流になっています。材料の野菜を過熱せずに作られた青汁は、ビタミンやミネラルなどの吸収率が高く、効率的に栄養分を摂取できるメリットがある健康食品です。

青汁が育毛に作用する6つの理由

健康的な体を維持するためには、1日350g以上の野菜を摂取することが望ましいといわれています。しかし、現代の食生活は野菜不足になりがちで、生活習慣病などへの影響も心配されています。そんな野菜不足を手軽に解消する食品の一つが青汁です。その中でも「ケール」から作られた青汁は、髪の成長を助ける育毛効果もあることで注目を集めています

ケールとは、アブラナ科の植物で別名「葉キャベツ」と呼ばれる、キャベツやブロッコリーの原種といわれる野菜です。ケールは、ビタミン類、カルシウム、ルテイン、β-カロテン、食物繊維など多くの栄養価が含まれており、次のような作用で育毛に働きかけるといわれます。

理由1. ビタミンCとビタミンAが頭皮を健康に保つ

ケールの青汁に含まれるビタミンCは、コラーゲンの生成を助けて頭皮や血管を丈夫にして健康で太い髪の毛を育てることに役立ちます。また、体内でβ-カロテンから変化したビタミンAには、皮膚の健康を保つ役割があることから、頭皮の状態を整えて髪が育ちやすい環境にする効果が期待できます。

理由2. 抗酸化作用のあるビタミン類が細胞の老化を防ぐ

ケールにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなど抗酸化作用に優れた栄養素が豊富に含まれており、活性酸素を減らすことで髪の成長をサポートすることができます。

活性酸素の増加は、正常な細胞を破壊することから、抜け毛や白髪の原因の一つといわれています。ケールの青汁を飲むことで活性酸素の量を減らすことができれば、頭皮の老化を遅くして育毛に役立ちます。

理由3. メラトニンが睡眠を促して頭皮の新陳代謝を高める

ケールの青汁には、「メラトニン」と呼ばれる睡眠に関わるホルモンが含まれています。髪が健康に育つためには、頭皮の新陳代謝を促す成長ホルモンの働きが重要ですが、成長ホルモンは睡眠3時間以内に深い眠りに入らなくては分泌されません。ケールに含まれるメラトニンは、夜に分泌量を増やして寝つきやすい状態に整え、不眠症の改善と質の高い睡眠をサポートすることで育毛に対してアプローチします。

理由4. ビタミンEの血流改善効果で頭皮に栄養が行き届く

ケールには末梢血管の血流改善に作用するビタミンEも含まれています。髪が成長するためには、頭皮の血液が正常に流れて毛乳頭へ栄養と酸素が十分に届けられていることが重要です。さらに、全身の血液循環が改善されると、細胞の新陳代謝が高まり、髪が成長しやすい環境を作ることも期待できます。

理由5. ビタミンCのストレス解消効果で自律神経を整える

ケールの青汁には、ストレスを和らげるビタミンCも含まれていることから、ストレスが影響する自律神経の乱れの改善にも役立ちます。ストレスが溜まった状態は、交感神経が活発になり血管が収縮して血行不良を招き、抜け毛や薄毛を起こす原因になります。

理由6. 食物繊維が便秘を解消して頭皮の環境を整える

ケールの青汁に含まれる食物繊維には、腸の働きを助けて便秘を解消することで育毛をサポートする効果も期待できます。便秘と薄毛は一見すると関係ないように思えますが、便秘で腸内に悪玉菌が増えると、毒素を含んだ血液が全身を巡ることで、血行不良や頭皮の皮脂の分泌に悪影響をもたらして抜け毛が増える原因になります。

気をつけたい青汁を飲むときの注意点

青汁というと以前は苦味が強くて飲みにくいイメージがありましたが、最近では飲みやすく改良された商品も出てきました。栄養が豊富で育毛や生活習慣病の予防効果も期待できる青汁ですが、飲むときには注意したい点もあります。

過剰摂取すると下痢になることも

青汁には食物繊維が豊富に含まれていることから、便秘の改善効果が期待でします。しかし、過剰摂取をすると反対に下痢を起こすこともあるため、必ず規定量を守ることが重要です。もしも、1日の摂取量を守ってもお腹がゆるくなる場合は、量を減らして体に慣らすようにしましょう。

腎臓や肝臓の持病がある方はカリウムの摂取に注意

腎臓や肝臓の持病がある方が青汁を飲むと、青汁に含まれるミネラル成分が体に負担をかける可能性もあるため注意が必要です。特に腎不全などの腎臓病の患っている方は、血中のカリウム濃度が上昇する、高カリウム血症を引き起こす可能性があるため、控えるようにしましょう。

おわりに

今回は、青汁が育毛を助ける理由についてご紹介してきました。青汁は植物に含まれる栄養素を効率的に摂ることができる健康食品です。その中でも、ケールで作られた青汁には、抗酸化作用、血液循環作用、睡眠促進効果など、さまざまな健康効果が髪の成長を助けて、太く丈夫な髪を育てることに役立ちます。ただし、体質や持病によっては青汁が合わないこともあるため、病気を治療中の方は医師に相談することをおすすめします。また、健康に自信がある方でも規定量は守って安全に使用しましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする