スポンサーリンク

妊娠中よりも産後のほうが抜け毛が多い理由と対策

シェアする

妊娠中よりも産後のほうが抜け毛が多い理由と対策

妊娠をきっかけに抜け毛が増えたと感じる妊婦さんは多いです。しかし、実際は産後がもっとも薄毛になりやすいといわれています。この記事では、なぜ妊娠中よりも産後に抜け毛が増えるのか、その理由について詳しく解説します。産後の抜け毛を少なくするために、妊娠中から始めたい対策法もご紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。

産後の方が抜け毛が多い理由とは?

妊婦さん特有の抜け毛は、妊娠中に起こりやすいと思われがちですが、実際は出産後の方が抜け毛は増えます。妊娠中の抜け毛は、主に女性ホルモンの分泌量が増えたことによる頭皮の環境変化や、胎児へ栄養を送るために母体が栄養不足になっていることが原因といわれます。

さらに、妊娠や出産に対するストレス、頭皮の環境の変化などが影響して妊娠前に比べると抜け毛の量が増えると考えられます。しかし、産後は別の要素で髪が抜けやすくなります。

産後の抜け毛の原因は女性ホルモンの激減

産後の抜け毛の増加は、妊娠中に分泌量が増えていた女性ホルモンの量が激減するために起こります。女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、髪の寿命を長くする作用があることから、妊娠中も抜け毛が増えるとはいえ、ある程度はエストロゲンに守られていました。

しかし、出産をきっかけに役目を終えたエストロゲンが妊娠前の量に減ってしまうと、エストロゲンの作用で保たれていた髪は抜け落ちてしまうことになります。さらに、出産後の授乳による栄養不足や育児の疲労やストレスなどの要因が加わることでホルモンバランスが乱れ、体調の変化で髪が抜けやすくなることもあります。

ただし、ホルモンバランスの乱れが原因の抜け毛は、妊娠において女性特有の自然現象ともいえますので、通常は産後6か月~1年ほど経過してホルモンバランスが整うと、髪の量は戻ってくるといわれています。

妊娠中から取り組みたい5つの抜け毛対策法

妊婦 抜け毛 対策

妊娠にともなう抜け毛は出産後さらに増えてきますが、ほとんど抜け毛は一過性の現象ですので、やがては元の状態に戻ります。しかし、改善の時期には個人差があることから、抜け毛を減らすためには妊娠したら次のような対策法を早めに始めることがポイントになります。

1. 栄養バランスのとれた食事をとる

妊娠中から出産後の女性は、体が栄養不足になりがちで抜け毛になりやすい状況が続いています。豊かな髪の量をキープするためには、髪によい栄養を摂ることが大切な対策法です。髪の主成分であるタンパク質、頭皮の新陳代謝を高めるビタミンB群、タンパク質の合成をサポートする亜鉛などのミネラルを、バランスよく毎日の食事にとり入れるようにしましょう。

2. しっかり睡眠をとる

産後の抜け毛を防ぐためには、生活リズムを整えて夜はたっぷり睡眠をとる習慣をもつことが重要です。寝不足はホルモンバランスが崩れて、抜け毛の量を増やす可能性もあります。妊娠後期は、お腹が大きくなることで圧迫を感じてなかなか寝つけないこともあると思いますが、できるだけ早く布団に入り体を休めるようにしましょう。

3. ストレスを程度に発散する

ストレスは自律神経の作用を妨げて血行不良を起こし、抜け毛を増やす原因になります。妊娠すると、ホルモンバランスの影響や出産に対する不安から「マタニティーブルー」と呼ばれる情緒不安定になる妊婦さんもいます。

「マタニティーブルー」は出産後に起こることもあるので、産後の抜け毛を悪化させる可能性も出てくるため注意が必要です。髪の健康のためには、妊娠中から自分に合ったストレス発散法を見つけておくことも抜け毛予防につながります。

4. 正しいヘアケアをおこなう

妊娠中は体調や体形の変化から、十分なヘアケアができなくなることもあります。しかし、妊娠中は女性ホルモンの増加や代謝が高まることから、妊婦さんの頭皮は毛穴が炎症を起こしやすい状態です。

産後の抜け毛を少なくするためには、できるだけ妊娠中も正しいヘアケアを心がけて頭皮の健康を守ることが大切です。洗髪は刺激が少ないアミノ酸系のシャンプーを使い、頭皮を傷つけないように優しくマッサージをしながらシャンプーをしましょう。さらに、シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しがないように注意して、洗い上がりはしっかりドライヤーで乾かすことが重要です。

5. 抜け毛が気になる場合は髪型を工夫する

抜け毛がどうしても気になるという方は、ショートヘアに変えることもポイントです。髪が短くなることで抜け毛が目立たなくなると、ストレスの軽減になります。また、妊娠中はお腹が大きくなるとシャンプーをすることも一苦労ですが、ショートヘアの場合は洗髪からドライヤーまでの手間を減らすこともできます。

おわりに

今回は、妊娠中よりも産後に抜け毛が増える理由と、妊娠中から始めたい抜け毛対策についてご紹介してきました。妊娠すると女性ホルモンの増加によるヘアサイクルの乱れで髪が抜けやすくなりますが、産後は女性ホルモンが元の量に戻ることで抜け毛が増えます。さらに、妊娠においての抜け毛は、体の栄養不足やストレスなども大きく影響していることから、抜け毛を減らすためには早めに対策をとるようにしましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする