スポンサーリンク

出産後にホルモンバランスが崩れると抜け毛が増加する?

シェアする

出産後にホルモンバランスが崩れると抜け毛が増加する?

出産後は、急激なホルモンバランスの崩れから抜け毛が増えます。ホルモンバランスの乱れは、妊娠をきっかけに増えていた女性ホルモンが元の状態に戻る自然現象ですので、経産婦の方は誰もが経験することです。ここでは、女性ホルモンが乱れることで抜け毛が増えるメカニズムや、ホルモンバランスに影響する生活習慣について詳しく解説しています。

出産後の抜け毛に影響するホルモンバランスの乱れとは?

出産を終えて2~3カ月ほど過ぎたころから抜け毛の量が増えてくることがあります。この時期の抜け毛は、女性ホルモンのバランスが乱れたことが主な原因です。女性ホルモンとは、大きく分類するとエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類に分かれており、妊娠の成立と妊娠の維持に深く関わっています。通常は2種類の女性ホルモンが交互に分泌されていますが、妊娠するとどちらの分泌量も増加します。

しかし、無事に出産が終わると女性ホルモンは妊娠前の量に戻るため、急激に減少することで体調不良が起こりやすくなり、ヘアサイクルも乱れて抜け毛が増えます。この女性ホルモンの減少による影響は、出産直後よりも少し時間がたって現れるといわれています。

エストロゲンの作用が抜け毛に影響する

出産後の抜け毛は、女性ホルモンのエストロゲンの作用が大きく影響しています。エストロゲンは妊娠に関わるだけでなく、頭皮を健康な状態に保ち、髪の寿命を長くする役割も担っているホルモンです。そのため、出産後にエストロゲンが急激に減少すると、それまでエストロゲンの作用で保たれていた髪の成長が止まり、大量に抜け毛が起こることがあります。

ホルモンバランスが崩れやすくなる4つの生活習慣

出産後の女性ホルモンの乱れは誰にでも起こることであり、ある程度の抜け毛は避けることができません。しかし、一般的には産後6カ月~1年ほど過ぎるとホルモンバランスも安定してヘアサイクルも落ち着き、髪のボリュームが改善してくるといわれています。ただし、ホルモンバランスの崩れは、次のような生活習慣が原因で起こることもあります。

1. 出産後の疲労とストレス

出産後はそれまでの生活と一変して、赤ちゃん中心の生活が始まることから、育児と家事の忙しさで心身ともにストレスがたまりやすくなり、自律神経の乱れを起こすことがあります。自律神経と女性ホルモンは、同じ脳の視床下部がコントロールしているため、影響を受け合いホルモンバランスが崩れることもあります。

2. 寝不足

出産後直後は3時間おきの授乳や赤ちゃんの夜泣きで寝不足になりがちです。睡眠不足は視床下部の機能低下を引き起こすことから、女性ホルモンの分泌が乱れて髪の健康に影響してきます。

3. 骨盤のゆがみ

女性ホルモンの乱れは、出産によって広がった骨盤のゆがみが原因で起こることもあります。女性ホルモンは脳の指令を受けて卵巣から分泌されていますが、骨盤のゆがみで子宮が圧迫されると血流障害が起こることで卵巣の機能低下が起こり、エストロゲンの分泌量が減少して髪の寿命を短くするといわれます。産後は骨盤のケアをしっかり行うことも大切です。

4. 無理なダイエット

出産後の無理なダイエットが原因で体が栄養不足になり、脳が正常に働くための栄養も不足することでホルモンバランスが乱れることもあります。

女性ホルモンを安定させる3つのポイント

女性 ホルモンバランス 注意点

出産においての女性ホルモンの減少は一時的なものですので、やがて妊娠前の状態に戻り抜け毛も自然に解消されてきます。ただし、産後の生活習慣が原因のホルモンバランスの崩れは、早めに対策をとっておかないと、抜け毛が増えて回復が遅くなる可能性もあります。出産後は次のような対策法でホルモンバランスを安定させましょう。

1. 睡眠不足を解消する

女性ホルモンを安定するためには、睡眠不足を解消することが重要です。赤ちゃん中心の生活では思うように睡眠をとることもできないと思いますが、できるだけ早めに布団に入って体を休めることがホルモンバランスを整えることにつながります。

2. 栄養バランスのとれた食事を心がける

出産後は母乳に体の栄養が使われることから栄養不足になりがちです。産後すぐの無理なダイエットは避けて、栄養バランスのとれた食事を心がけることが女性ホルモンの安定をさせます。

3. ストレスをためない

産後は育児の不安や寝不足からくる疲労など、心身共にストレスがたまりやすい状態です。しかし、自分一人でストレスを抱え込まず、パートナーや周囲の人に協力してもらいながら、適度にリフレッシュできる時間を作ることがホルモンバランスを整え、抜け毛の解消を早めることになります。

おわりに

今回は、出産後にホルモンバランスが乱れることで増える抜け毛のメカニズムについてご紹介してきました。妊娠すると女性の体では女性ホルモンの分泌量が急増して、妊娠の維持や出産の準備のために作用します。

しかし、無事に出産が終わると元の分泌量に戻るため、激減することで体にさまざまな変化が起こり、その一つの症状として抜け毛の量が増えます。出産後のホルモンバランスの乱れは誰にでも起こるため、あまり気にしすぎるとよくありません。正常なバランスを意識した生活習慣でヘアケアをしていきましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部