スポンサーリンク

これぞ薄毛克服法!頭皮改善で大切なポイント3つ

シェアする

薄毛になる具体的理由と取り組むべき対策

薄毛の原因は主に、遺伝の要素が大きい「AGA(男性型脱毛症)」です。しかし、5年、10年と薄毛の進行を遅らせることで薄毛や若ハゲを防ぐことは可能です。その対策法とはズバリ「頭皮の改善」となります。

薄毛対策、若ハゲ対策の秘訣を3つのポイントから紹介します。

1. 早い段階でリスクを知る
2. 自分に効く育毛ケア商品を選ぶ
3. 効果を生む育毛ケアを実践する
この3点が薄毛克服に成功した人の実践方法なのです。

頭皮を触るだけで5年後の薄毛リスクがわかる

AGAであれば、頭皮を見て触るだけで5年後の薄毛リスクはおおむね分かります。 あなたの薄毛を進行させているのは「硬い」「脂っぽい」「乾燥している」頭皮です。 頭皮のセルフチェックを行い、症状が見られたらすぐに適切なケアを開始して薄毛の進行をストップしましょう。

硬くて冷たい頭皮は血流不足と栄養不足が原因

髪の毛は意外と強く、薄く硬い頭皮でも毛乳頭細胞は分裂を続けているので頭皮が硬いからすぐに抜け落ちはしません。

しかし、放置していても自然に回復することはありません。 頭皮が硬く冷たくなるのは血流不足が主な原因です。痩せた畑と同じように栄養素の不足状態に陥っています。 指先で頭皮に直接触れば、硬さや冷たさの判断ができます。

症状が見られたら、頭皮全体をもみほぐすマッサージとともに肩や首を回す血行促進運動を継続して行いましょう。

頭皮の過剰な皮脂はⅠ型5α-リダクターゼが原因

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型と言われる2種類が存在します。どちらも、男性ホルモン(テストステロン)をより強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素。

薄毛の原因とされる皮脂の過剰分泌は、皮脂腺に多いとされるⅠ型5α-リダクターゼの働きで、過剰に皮脂が分泌されることで起こります。

抜け毛につながるのはⅡ型5α-リダクターゼだと言われますが、過剰な皮脂は頭皮にとって好ましくなりません。シャンプーをしてもすぐに出てくるような過剰な皮脂分泌は、育毛剤の毛穴からの浸透効果も下げてしまいます

指先を頭皮に押し当てるだけでギラギラした脂分が付着する状態である場合、すぐに皮脂を落とすシャンプーを使った毎日の対策で改善します。

乾燥したフケや痒みは頭皮の保湿力低下が原因

頭皮は青白いのが正常な状態で、フケが落ち痒みがある場合は部分的に炎症を起こして赤くなっている場合もあります。シャンプーカスが残っていることも原因として考えられ、異状に多いフケが出ていると頭皮の保湿バランスが崩れています

頭皮の保湿は弾力のある頭皮回復に欠かせません。 フケがポロポロと落ちる状態はすぐに保湿効果につながるシャンプーや育毛剤を使った対策による改善が必要です。 頭皮は青白いのが正常な状態で、フケが落ち痒みがある場合は部分的に炎症を起こして赤くなっている場合もあります。

シャンプーカスが残っていることも原因として考えられ、異状に多いフケが出ていると頭皮の保湿バランスが崩れています。頭皮の保湿は弾力のある頭皮回復に欠かせません。 肩口にフケが落ち、ブラッシング時にもポロポロと落ちる状態はすぐに保湿効果につながるシャンプーや育毛剤を使った対策による改善が必要です。

薄毛を進行させる原因を知り、頭皮改善をすることが重要

喜ぶ男性

AGA(男性型脱毛症)や薄毛を進行させる原因は、頭皮環境の悪さが影響していると言えます。つまり、頭皮を改善すればAGAや薄毛も今より改善することが望め、悪化の進行を遅らせることができるのです。

Ⅱ型5αリダクターゼ抑制効果は頭皮改善で高める

AGAの原因の代表的なキーワードがⅡ型5α-リダクターゼです。 遺伝との関係が深いので、育毛剤の有効成分だけに頼っても対策効果には限界があります。

抑制効果を掲げている育毛剤も多くありますが、効果そのものを目で見たり指で触って確認することはできません。 Ⅱ型5α-リダクターゼ抑制効果は頭皮改善効果とともに合わせて評価すると、現実的な判断ができます。頭皮の改善は健全な毛根を取り戻し、毛乳頭細胞の活性化を生み出します。

生える効果は血流促進と毛乳頭細胞の活性化から

血流促進が、髪の毛の発毛効果があることは医学的に立証されています。ミノキシジルが、多毛症の副作用から発毛効果があることが分かり医薬品育毛剤の有効成分となっていることはよく知られています。

もう1つは、毛乳頭細胞の活性化を促す効果がある成分を含む育毛剤を選ぶことです。 ただし、初期症状として抜け毛が増える場合もあるので、根気よく6か月はしっかりとケアしながら使い続ければ、個人差はありますが発毛効果はあります。

先人の言い伝えに学ぶ頭皮改善の知恵

昔の人の知恵に「ミカンの皮が抜け毛対策に効果的である」という言い伝えもあるようですが、根拠のない話ではなく、ミカンの皮に含まれるd-リモネンはⅡ型5α-リダクターゼの働きを抑制する効果もあるとされています。

柑橘エキスは頭皮柔軟化効果もあり、柑橘エキスを配合した育毛剤も複数開発、販売されています。現在、ネットで購入できる育毛剤のほとんどは生薬由来成分が主成分です。新たに抽出した有効成分もあり、生薬由来成分の働きをしっかりと調べ比較して育毛剤を選ぶことが対策のポイントです。

「合わせて読んでおきたい」

【毛髪診断士監修】育毛剤成分で薄毛改善効果を期待できる8選
育毛剤にはさまざまな商品があります。しかし、種類が多すぎてどれを買えばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回、育毛...

改善のカギを握る毎日の頭皮ケア3つのポイント

薄毛対策にもっとも効果を発揮するのは、頭皮の改善です。 ポイントは下記の3つです。

1. 頭皮を温め血流促進にもつながるシャンプー
2. 就寝前の育毛剤の塗布
3. 生活習慣の改善

とくにシャンプーと育毛剤の塗布は、健康な頭皮を早く取り戻すために不可欠なケアなので正しいケアを実践しましょう。

ポイント1. シャンプーで頭皮を温め、血流促進効果を生む

シャンプーは頭皮の洗浄とともに頭皮をマッサージしながら、もみほぐすように洗うことによる血流促進効果があります。 シャンプー前に頭皮全体を温めます。具体的には、ケア製品のキャップを使いお湯で3分程度頭皮を温めます。

毛穴の汚れた皮脂を押し出し、泡立ち効果もあります。 次に、二度洗いで汚れを落とし、しっかりとすすぎます。シャワーを使った丁寧なすすぎがポイントです。シャンプーカスはフケの原因になり、炎症や痒みにつながります。

シャンプー後は、ドライヤーを使いすばやくしっかりと頭皮全体を乾燥させます。高温の熱風が頭皮に当たらないようにします。

「合わせて読んでおきたい」

頭皮が硬いとハゲに繋がりやすい!柔らかくする方法を紹介
頭皮が硬いと薄毛やハゲになりやすい理由は、血流不足にあります。しかし、頭皮が薄くて硬いから全ての男性がAGA(男性型脱毛症)になるわけで...

ポイント2. 睡眠中のリラックス効果と育毛剤効果で頭皮ケア

寝る前の育毛剤塗布は、シャンプー後にしっかりと2~3回繰り返します。塗布する感覚は30分ぐらい開けることで、育毛剤がゆっくりと浸透します。 寝る前は必ず塗布して、やさしく頭皮をマッサージします。

ストレスを抱えたままの就寝にならないように気分転換をします。毛乳頭細胞は就寝後3~4時間に活性化すると言われており、リラックス状態でしっかりと育毛剤の働きを助けます。 枕もリラックスできる工夫をします。冬になり寒くなると、肩口を冷やさないように心がけ、血流の促進を妨げないようにします。

「合わせて読んでおきたい」

薄毛と睡眠不足の関係!体に良い睡眠を取るためのポイント5つ
明日も朝早く、睡眠時間が短くなると分かっていながらつい夜更かしをしてしまう。夜遅くまでぐずぐずと起きていて、気がつけば次の日も寝不足のま...

ポイント3. 食生活と生活習慣の見直しで健康な体づくり

薄毛の原因として、食生活の乱れと不規則な生活も大きく影響すると言われています。油分の多い食事やアルコールの過剰な摂取はなるべく控える方が、体調管理にも良いはずです。

肉類には保湿対策に必要な亜鉛が含まれる、野菜だけの食事をすれば良いというものでもありません。バランスよく栄養素を取り、リラックスして就寝する規則正しい生活リズムに心がけることが大切です。 第二の心臓と言われるふくらはぎの筋肉を強める、つまり歩くことも意識した生活にも心がけましょう。

おわりに

遺伝的に薄毛の心配があれば、まず頭皮を見て、触ってみましょう。硬くて薄い頭皮は、気づかないうちに進行しています。

しかし、極端に心配する必要はありません。発毛もしているので、焦らず対策をすれば改善します。 薄毛対策は早ければ早いほど育毛剤が浸透しやすい頭皮を維持することにつながります。薄毛対策のための頭皮のチェック、今すぐ始めれば間に合います。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする