スポンサーリンク

保険適用される?薄毛治療を安くする方法

シェアする

保険適用される?薄毛治療を安くする方法

医療機関で診察や治療を受ければ、健康保険を使えるというのは日本の保険制度の常識です。しかし、その常識は一部の治療では使えなくなっています。その1つがが薄毛治療です。多くの人が知っている事実ですが、なぜ保険適用されないのか、そして薄毛治療を安くする方法はないのかについて考えてみたいと思います。高額になりがちな薄毛治療ですが、やり方によっては多少のコストダウンも出来るかもしれません。

保険制度と薄毛治療の真実

国民が全員健康保険に入っているということは、日本の誇るべき状況です。アメリカなどでは健康保険は一部の人にとってはハードルの高い精度となっています。

しかし、健康保険があったとしても、適用されない治療内容もあるため、一部の症状や身体の悩みを持つ人にとっては不満が残ります。薄毛治療に関しても保険適用とはなっておらず、髪の毛の悩みを持つ人は高額な治療費を払うことになります。

一般的な薄毛治療は自費治療の現実

日本の健康保険の制度では、基本的に「命に別条のない症状」には保険が適用されないことになっています。厚生労働省が定めた医療保険制度のルールであり、美容施術や虫歯治療以外の審美歯科、ホワイトニング施術なども除外となります。AGAによる抜け毛や加齢によって起こる薄毛は、命に関わる病気ではないため、自費治療が基本となるのです。健康保険では通常3割負担であり、それが全額負担となればかなり高額になるイメージです。病気の治療であれば3,000円で済むところを、薄毛治療では10,000円かかる計算となります。また、健康保険の適用外なので高額医療費の控除もできません。

病院のタイプではなく治療内容による費用負担

薄毛治療は、毛髪専門のクリニックの他に一般の皮膚科医院や総合病院などでも行うことができます。しかし、どんな病院で治療を受けたとしても、保険の適用の有無は治療内容によって決まります。そのため、皮膚科で治療を受けたとしても、内容が薄毛治療であれば自費負担となるのです。そこに抜け道はないと考えた方が良いでしょう。

なんとかして薄毛治療を安くできないか

薄毛治療,治療費,保険

基本的には保険が適用とならず、自費治療となってしまう薄毛治療。それでも治療費を抑えたいと思うのが本音です。保険の適用には抜け道はありませんが、場合によっては保険適用となるケースや自費負担であってもその金額を抑える方法はあります。

薄毛の原因によって保険適用となるケースも

薄毛の原因にはいろいろなものがあります。男性の薄毛の原因として有名なのがAGAですが、これには保険は利きません。しかし、薄毛の原因が別の病気の場合には保険適用で治療ができるケースもあるのです。薄毛の原因であり、保険適用となる病気としては、円形脱毛症と甲状腺の病気があります。円形脱毛症は自己免疫やストレスなどが関係している病気であり、保険治療が可能です。また、甲状腺の機能障害も薄毛を引き起こしますが、甲状腺の治療は保険で行えます。

ジェネリック薬品によって薬代を安く

薄毛治療には、内服薬や外用薬などを用いることが多くなります。お薬も病院で処方されるため、保険の利く病気であれば保険適用となりますが、薄毛のお薬は保険適用外となります。ただし、保険適用外であってもジェネリックのお薬を使うことで半額以下まで価格を下げることが可能です。ジェネリックは後発医薬品であり、成分そのものには違いはほとんどありませんが、特許が切れた後なので価格は安くなります。有効成分には変化はありませんが、味や形状などが少し違うことがあり、ちょっとだけ使いにくいことがあります。しかし、価格を大幅に抑えることができるため人気です。

市販の育毛剤やサプリの利用は・・・

安く抑える最後の手段としては、市販の育毛剤やサプリなどの使用があります。市販品は処方薬とは効果に差がありますが、安価でまだ進んでいない薄毛や薄毛予防には効果的です。病院のお世話になる前に薄毛のリスクを感じたら、市販品でケアをして悪化をさせないことも必要となるでしょう。ただし、ある程度進んだ薄毛には効果が薄く、ムダになってしまう可能性もあるので慎重な判断が必要です。

海外の育毛剤やサプリの利用は・・・

できるだけ安価な薄毛治療方法としては、海外からの個人輸入によって薬剤を手に入れるという方法もあります。しかし、海外の薬は国内における医薬品の法律の範囲を超えていたり、基準が違うのでリスクがあったりする可能性があります。効果や副作用についても自己責任となるので、使うのを控えた方が良いでしょう。日本とは違って法整備が整っていない場合や、かなりルーズな販売会社、粗悪品などもあるので、危険です。

おわりに

日本の健康保険では、薄毛治療は自費負担となることが多いものです。場合によっては保険適用となる症状もありますが、薄毛は一般的に命に関わらない症状なので、保険を使えず全額自分で負担しなければいけません。できるだけ費用を抑えたいのであれば、ジェネリックを使うことや、市販品で予防措置を行うことが必要です。費用の削減を目指すのであっても安全を第一に考えて、危険の多い入手方法には注意をしましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部