AGA治療薬は医療費控除できる?

シェアする

AGA治療薬は医療費控除できる?

AGA治療薬は、長く使っていくものですし、回を重ねるとコストが高くつきます。そのため、少しでも家計の助けになる工夫が必要です。AGA治療薬は自由診療となっており、費用は全て自己負担ですが、医療費控除は認められるのでしょうか?出産や長期治療が必要な病気にかからないとあまり縁のなさそうな控除ですが、意外とこんなところで役に立つかも知れません。

そもそも医療費控除ってどんな仕組み?

医療費控除は実際に使う人が限られた控除であり、どんなものなのかあまり知らないと言う人も多いでしょう。しかし、医療費控除はサラリーマンの年末調整では行われないため、知らないと損をします。

1年分の医療費を所得から控除できる

医療費控除とは、その年にかかった医療費の分だけ所得を控除します、という制度です。税金の計算をする時に使うもので、税計算のベースとなる「所得」から使った費用を控除することによって、税金を軽減させることができます。ただし、直接税金から引くのではなく、医療費を引いた金額を使って税金の計算をするということです。

医療費控除は10万円以上の医療費から

医療費控除は、ある程度まとまった医療費の出費がないと利用することができません。年間の所得金額が200万円以上の場合には、年間の医療費から10万円を引いた金額が、200万円未満の場合には所得の5パーセントを引いた金額が対象となります。つまり、200万円以上の所得であれば、10万円以上の医療費の出費がないと、医療費控除が使えないということです。

保険適用外の治療にも使える

医療費控除は、健康保険の制度とは関係なく、所得税と住民税に関係している税金の制度です。従って、保険適用の有無とも関係ありませんし、保険適用外の治療であっても使える場合があります。

AGA治療薬で医療費控除はできる?

医療費控除 AGA治療 保険

税金と所得、控除についての基礎知識を知った後は、それにAGA治療が当てはまるかどうかを考えてみます。AGA治療薬の医療費控除はできるのでしょうか?

保険適用外だからと諦めないで

医療費控除と健康保険の制度を同じようなものと考えて、「AGA治療薬は保険適用外だから控除もムリ」と思っている人もいるでしょう。しかし、この二つのシステムは違うものです。すべての自由診療で可能とは言いませんが、保険適用の有無に関係なく認められる場合もあるのです。

AGA治療薬の医療費控除についても近年やっと認められたというものですが、多くの税務署でAGA治療薬の医療控除が処理されています。場合によっては、断られることもありますが、少しだけ粘ってみると検討してもらえる可能性があります。

AGA治療薬の年間の費用

AGA治療薬を実際に使ってみると分かりますが、医師の処方によるお薬の費用は高いものです。毎月のお薬代として平均5,000円前後(ジェネリック医薬品を含む)、高い場合には1万円近くかかります。また、初診料やレントゲンなどの検査料を合わせたら、年間で10万円以上はAGA治療だけでも到達しそうです。

AGA治療薬で医療費控除するには

AGA治療薬で医療費控除をするためには、1年間の記録が大切になります。丁寧に書類を管理して、確定申告の時期を待ちましょう。

領収書は1年分、取っておく

AGA治療薬の医療費控除で必要となるのは、病院や薬局からもらった領収書類です。これらを全て集めておき、合算して申告します。このように高額になりそうな医療費があった場合には、それ以外で病院にかかった分の領収書も残さず取っておきましょう。通院にかかった交通費なども認められます。

確定申告をして自ら控除を受ける

医療費控除は、自分で確定申告を行って受けるものです。サラリーマンで年末調整を受けている人も、その翌年の確定申告の時期に税務署やネット、郵送などで申告を行います。自分でやらないと控除を受け損なってしまうので、忘れずに申告しましょう。

こんなAGA治療でも医療費控除は使える?

AGA治療薬の医療費控除は可能なことが増えましたが、場合によっては使えないこともあります。ケースごとに使えるかどうかを判断して、申告漏れや無駄な手間を避けましょう。

家族のAGA治療薬に

医療費控除は、家族の分も申告することができます。

息子や夫などの治療費をその家族が支払ったということで申告すれば、その所得において医療費が控除されます。収入の有無や所得金額に応じて、都合の良い人に申告してもらいましょう。また、遠方に暮らす場合も生計が一緒なら合算することができます。

個人輸入で買ったAGA治療薬は?

個人輸入でも、通販でも、町のドラッグストアなどでも、医師を介さずに買ったAGA治療薬やサプリメントなどは基本的に医療費控除にはなりません。市販品であっても種類によっては控除対象となる場合もありますが、AGAに関してはまだ認められ始めたばかりなので難しそうです。

おわりに

AGA治療薬は高価なものですから、家計費の削減のために使えるものは何でも使いましょう。医療費控除の対象にもなるケースが多いため、しっかりと領収書をためておいて確定申告を行うことが大切です。長く続けてこそ良い効果が出てくるAGA治療薬。楽に続けられる工夫が効果に差をつけるかも知れません。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部