スポンサーリンク

AGA(男性型脱毛症)の薄毛治療で効果的な方法

シェアする

「薄毛」に効果的なオススメの治療方法

薄毛の原因には進行性の脱毛と、一時的な脱毛の2つのタイプが考えられます。進行性の脱毛の場合は、加齢の他に男性型脱毛症、いわゆる「AGA」と呼ばれるものがあります。

また、一時的な脱毛の場合は生活習慣などが原因である場合や、病気や薬剤の影響、頭皮のトラブルなどが考えられます。 ここでは、これら薄毛の原因のうちAGAの効果的な治療法について取り上げます。

AGA改善はヘアサイクル(毛周期)の乱れを正すことから

AGA(男性型脱毛症)はヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなることで起こります。

ヘアサイクルとは、髪の毛が伸びて生え変わるまでの一定のサイクルのことであり、一般的には髪の毛の成長期は4~6年とされていますが、この成長期が短くなると髪の毛が十分に成長することができません

毛根がしっかりと成長する前に髪の毛が抜け落ちてしまい、新たに生える毛も細く、柔らかいものになり、これが薄毛を招きます。

ヘアサイクル正常化のために、まずは生活を見直そう

ヘアサイクルの乱れを正すために自分でできることは、日常の習慣を見直すこと。 髪の毛は体の他の器官に比べて必要度が低いため、摂取した栄養素が使われる優先順位が低く、栄養不足の影響が出てきやすい部位です。

また、髪の毛は夜間に成長するため、睡眠時間が短いと成長ホルモンが分泌されず毛髪がしっかりと育つことができません。

髪の毛を作るタンパク質やビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂取することを心がけ、睡眠時間を十分に確保するようにしましょう。

飲酒や喫煙、運動不足にも注意が必要

過度の飲酒は肝臓に負担をかけてしまいます。肝臓が弱ると、髪の毛の主な成分であるタンパク質が生成されにくくなります。

また、喫煙は頭皮の血行を阻害するため、栄養が毛根に行き渡りにくくなり、ヘアサイクルに影響を与える可能性があります。

さらに、運動不足により筋力が低下すると血行不良を招くことがありますも。 飲酒や喫煙をなるべく控え、敵度な運動を行い、ヘアサイクルを整えることで薄毛治療の効果を上げましょう。

洗髪では頭皮にダメージを与えない

食生活などの見直しの他に、頭皮を清潔に保つことも重要です。毛穴が詰まると髪の毛の成長を阻害し、薄毛が進行するおそれがあります。 男性は女性に比べ頭皮の皮脂の分泌量や汗の量が多いので、毎日の洗髪で毛穴詰まりを予防しましょう。

洗髪の際には、頭皮への刺激の少ないシャンプーを用いて正しい方法で洗髪を行いましょう。 洗髪の前にブラッシングをし、汚れを浮かせてから十分にお湯で髪の毛を濡らします。

その後、手のひらで泡立てたシャンプーを用いて指の腹で頭皮までしっかりと洗います。 最後にシャンプーが残らないようにしっかりとお湯ですすぎます。 コンディショナーを使用する場合には、直接肌につけず、しっかりと洗い流すようにしましょう。

タオルドライの際は、ごしごしとこすらずに髪の毛を抑えるようにして水分を除きます

「合わせて読みたい」

ヘアサイクル(毛周期)が乱れる3つの原因と改善方法
シャンプーのときに気になるのが抜け毛の本数。抜けた髪の毛を目にして、また一歩薄毛に近づいてしまったと嘆いている方もいるかもしれません。し...

男性ホルモンの影響による薄毛には「投薬治療」が効果◎

男性が泣いている

AGAの主な原因として考えられているのは、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質で、男性ホルモンのテストステロンから作られています。

DHTは、毛乳頭を委縮させ、毛母細胞の成長を抑制する働きをします。これにより、髪の毛がしっかりと育つ前に抜け落ちてしまいます。 DHTによる薄毛を治療するには、投薬治療が効果的です。

「ミノキシジル」と「フィナステリド」が主に使用されている

AGA外来などで行われる薄毛治療には、日本皮膚科学会発表の薄毛治療ガイドラインで最高評価を受けた「ミノキシジル」と「フィナステリド」の2種類の薬剤が主に使用されています。ミノキシジルは市販の発毛剤などにも含まれる発毛成分です。

市販薬は外用薬のみですが、専門外来では内服薬を用いることもできます。 フィナステリドは、国内ではプロペシアという薬名で製造されている内服薬です。 どちらも薄毛治療薬ですが、それぞれ作用が異なります。

髪の成長を促す効果「ミノキシジル」

ミノキシジルは毛母細胞に直接作用して、血流を増やします。これにより毛根に栄養が届き、細胞の増殖やタンパク質の合成を促します。これにより、ヘアサイクルの乱れで軟毛化した髪の毛を太い毛に成長させます。

ミノキシジルには、外用薬の他に内服薬があります。外用薬は薬局などで購入することができます。 内服薬は外用薬よりも副作用のおそれが強いため、通常の医療機関では安全性が比較的高いとされる外用薬を用います。内服薬については、発毛専門の医療機関で取り扱うことが多いようです。

「合わせて読みたい」

AGAならミノキシジル?超メジャー育毛成分を分析してみた
AGA治療をはじめ、薄毛・ハゲに悩む人が一度は聞いたことがあるであろう成分がこのミノキシジルです。この記事を初めて読んで知った方も、ご自...

DHTを抑制して抜け毛を防ぐ「フィナステリド」

AGAの原因であると言われているDHT(ジヒドロテストステロン)とは、「5α-リダクターゼ」という酵素が働き、男性ホルモンである「テストステロン」が変化したもの。

フィナステリドは、DHTの生成そのものを阻害するため、AGAによる薄毛の原因を直接除くことができます。

ミノキシジルとフィナステリドを併用することで、それぞれを単体で用いるよりも薄毛治療の効果が向上することが期待できます。

そのため、AGA専門外来では、ミノキシジルとフィナステリドの2種類を併用して用いることが多いようです。

今注目されつつある新しい薄毛治療とは?

男性の驚いた表情

薄毛治療薬として代表的なミノキシジルとフィナステリドを用いた投薬療法や、自分で行うべき生活の見直しなどをご紹介してきましたが、近年では毛根に直接作用を届ける治療法が考案されています。

ここでは、新たな薄毛の治療方法をご紹介します。

発毛有効成分を頭皮に届ける「メソセラピー」

メソセラピーとは、頭皮に直接発毛有効成分を注入する治療方法。注入する薬剤には、ミノキシジルやフィナステリドなどの有効成分を、各クリニックが独自に配合したものを用います。
毛乳頭や毛包に薬剤が直接働きかけ、発毛を促す方法なので、高い発毛効果が期待できるといいます。

注射器で注入する場合は痛みを伴いますが、クリニックによっては麻酔などを用いて、針を入れる際の痛みを軽減するなどの措置を行っています。

成長因子を直接注入する「HARG療法」

治療を受けるのに年齢制限はなく、男女ともに効果が期待できるとされる薄毛の治療方法に「HARG(ハーグ)療法」があります。

HARG療法とは、幹細胞から抽出した成長因子やビタミン類、アミノ酸などの栄養素を成分とした「HARGカクテル」を頭皮に直接注入し、発毛を促す方法です。

効果が表れるまでには3ヶ月~10ヶ月、4回~10回の通院と個人差があります。HARG療法は、日本医療毛髪再生研究会から認定された医療機関のみで行われているAGA治療法です。

おわりに

いかがでしたか?薄毛の治療方法にはさまざまな方法があります。専門家に相談して、自分に合った方法で治療を受けましょう。

また、専門家の治療を受けるとともに、自身で薄毛の原因となる生活習慣を正し、治療の成果を最大限に上げていきましょう。薄毛の治療後もヘアサイクルを正常に保ち、いつまでも健康な髪の毛を保ちたいですね。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする