ジェネリック医薬品でAGA治療はできる?メリットとデメリットを知ろう

シェアする

ジェネリック医薬品でAGA治療はできる?メリットとデメリットを知ろう

ジェネリック医薬品は、さまざまな病気治療において利用され始め、注目が集まっています。AGA治療においてもジェネリックへの期待の高まりとともにAGA専門のクリニックなどでも導入しているところも増えてきました。ところがジェネリック医薬品には良い面だけでなく少々注意が必要なこともあります。ジェネリックを使い始める前に、まずはそのメリットとデメリット、また正しく使うために大切なことを確認しておきましょう。

そもそもジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品という言葉は知っていても、それがどんなお薬なのか知らない人は多いものです。医師から「ジェネリックにしますか?」と聞かれたり、「価格の安いお薬」として勧められたりすることもありますが、何となく選んでいませんか?

同じ成分を使った後発医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ効能と安全が国で認められているお薬です。しかし、新薬とは違い、その特許が切れた後に販売されます。医薬品は、製薬会社が開発や研究を重ね、国で認められてから特許を取得して販売されます。特許期間は20年と決められており、研究などの期間を除いた10年ほどの間、新薬として販売を続けます。その期間が過ぎると、それ以外の製薬会社も特許の切れた同じ成分を使って製造販売できるようになり、ジェネリックとして売り出されます。

開発コストの削減で安価に

ジェネリック医薬品は、研究開発によってすでに効能や安全性が認められた成分で作られています。また、病院関係者などもその成分についての知識をすでに持っているお薬です。そのため、ジェネリック医薬品を作って売る時には研究や宣伝などのコストを抑えることが可能で、患者さんの支払う価格も安く抑えられます。

ジェネリック医薬品でAGA治療をするメリットは?

ジェネリック医薬品を使ってAGA治療を行う人が増えていますが、ジェネリックにはどんな魅力があるのでしょうか?

ジェネリックなら家計に安心

ジェネリック医薬品でAGA治療をすることの大きなメリットは、家計に優しく治療が続けやすい点です。新薬のAGA治療薬は高価なもので、少なくとも半年は続ける必要があるAGA治療は費用の問題が大きく立ちはだかります。ジェネリックであれば、毎月の薬代を抑えることが可能です。

種類によっては医師を介さずに手に入る

ジェネリック医薬品の中には、個人輸入などを用いて手に入るお薬もあります。こうしたお薬を使ってAGA治療を行えば、病院へ行く手間や時間を省いたり、AGA治療院へ通っていたりするところを他人に見られるのを防ぐことができそうです。

ジェネリック医薬品のデメリットとは?

ジェネリック 注意点 デメリット

お得で便利なジェネリック医薬品ですが、安易に手を出すと困ったことになるケースもあります。ジェネリック医薬品と上手に付き合うためには、デメリットや注意点も理解しておきましょう。

ジェネリック医薬品は使い勝手が悪いものも

ジェネリック医薬品は、新薬とは少し仕様が違うものもあります。ジェネリック医薬品は特許の切れたものであるとお伝えしましたが、そのお薬の成分や作り方のうちの一部に特許が残っていることもあるのです。全ての特許が切れたものであれば新薬同様の仕様で作れますが、一部に特許が残っている場合にはその部分を避けるために仕様を変更して販売する必要があります。効能は基本的に変わりませんが、コーティングや形状などが変わっていることがあり、飲みにくくなるといったこともあります。

ジェネリック医薬品はそれほど安くないものも

ジェネリック医薬品のうち、日本製のお薬では価格がそれほど下がらない場合もあります。日本のジェネリックは厳しい規約のもとで作られており、安全かつ効果的になっています。その分ある程度のコストがかかり、価格も高くなりがちです。

ジェネリック医薬品を自分で入手すると怖いことも

日本のジェネリック医薬品は品質も価格も高くなりますが、海外製品のジェネリックには安価なものがあります。しかし、安価な海外のジェネリック医薬品には粗悪品や偽物なども混ざっていることがあります。服用しても効果がなく、副作用のリスクにさらされる可能性があります。もともとAGA治療は効果が緩やかです。そのため、粗悪品によって、効いているかどうかあやふやなままで長い期間を無為に過ごすことも考えられます。

おわりに

ジェネリック医薬品は、AGA治療のコストを抑えて治療を続けやすくしてくれます。しかし、使い方によっては大きなリスクとなることも理解して、安全な方法を選ぶことが大切です。特に海外のジェネリック医薬品の入手は、粗悪品に出会う可能性もあり、注意が必要となります。安易に安価すぎるジェネリックに手を出すのではなく、ある程度のコストがかかっても安全性と効果が期待できるものを選ぶことが大切です。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部