スポンサーリンク

円形脱毛症に効く漢方薬の選び方

シェアする

円形脱毛症に効く漢方薬の選び方

円形脱毛症の治療では、漢方薬を使って良い効果が出たということもあるようです。西洋医学ではまだ解明されていない点も多く、再発のリスクなどもある円形脱毛症は、幅広く自分に合う治療法や薬を探すことも必要かもしれません。実際に治ると断言はできませんが、西洋薬であまり効果が出なかった場合には漢方にも目を向けてみると良いでしょう。今回は、円形脱毛症の治療に効果が期待できる漢方薬を紹介します。

東洋医学の漢方薬と円形脱毛症の症状

円形脱毛症のように、原因が明らかになっていない病気には、東洋医学の漢方薬が良い効果を与えることがあります。西洋医学が悪いということでなく、病気へのアプローチの方法が西洋医学と東洋医学では違っているためです。過度な期待はできませんが、東洋医学にはこうした原因不明の病へのアプローチにたけた点があります。

漢方薬は全体的な体調を整える

漢方薬の働きは、体のエネルギーの流れを整えて体調をトータルで改善することや、体質を改善することにあります。反対に西洋薬ではピンポイントに病気の症状を抑えたり改善する傾向があります。円形脱毛症では、自己免疫やストレスなどに原因があることは分かっていますが、それ以外にも血行不良やホルモンバランス、自律神経など、さまざまな要因が複雑に絡み合っています。そのため、ピンポイントに治療する西洋薬よりもトータルで体調や体質を整える漢方薬の方が効果が出やすくなることもあるのです。

漢方薬はメンタルを整える

漢方薬には、体の調子を整えるだけでなく精神面を整える効果を持つものもあります。円形脱毛症の原因として強いストレスや長く続くストレスも挙げられているので、リラックス効果のある漢方薬を使うことも改善へとつながる可能性があります。西洋薬による治療までは必要ないという場合にも漢方薬なら飲みやすいかも知れません。

個人的な調合で独自の効果を

漢方薬は顆粒(かりゅう)となったものを処方される他、漢方医によって患者一人ひとりに対して調合を行う処方の仕方もあります。個々の症状や体質に合わせて調合を行い、オリジナルの効果を高めます。

円形脱毛症に効く漢方薬の種類

円形脱毛症に効果が期待できる漢方薬を紹介します。体質や症状によっても違うため、目安として考えて、実際に飲む場合には専門医に相談しましょう。

ストレスが原因の円形脱毛症には

ストレスが原因で進んだ円形脱毛症には、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)や桂枝加竜骨牡蛎(けいしかりゅうこつぼれい)が効果的です。自律神経のトラブルにも良いとされています。

柴胡加竜骨牡蛎湯は、どちらかというと体力のある人に向いており、体の弱い人が使うと副作用のリスクとなります。不眠にも良い効果を持っている漢方薬で、不眠や眠りの浅さで不調やストレスをためて円形脱毛症になった人に向いています。

体力のない人のストレスが原因の円形脱毛症には

ストレスが原因の円形脱毛症の中でも、特に体力のない人に適している漢方薬は、半夏厚朴湯(はんげつこうぼくとう)です。体力やメンタルが少し弱い人に安心して使えます。

女性の円形脱毛症には

加味逍遥散(かみしょうようさん)は、女性の更年期やストレスに効果的な漢方薬です。原因不明のイライラを緩和してリラックスさせてくれます。

血行を改善したいなら

頭皮の血行不良によって円形脱毛症の治療が進まないときには、血行促進効果が期待できる当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が効果的です。当帰芍薬散は貧血にも良いとされています。

円形脱毛症のための漢方薬の選び方

漢方 選び方 効能

円形脱毛症を改善するための漢方薬は、いろいろありますが、次のポイントを押さえて選ぶことが大切です。また、漢方薬との付き合い方も覚えておくと良いでしょう。

漢方薬は薬であることを認識して

漢方薬は自然の生薬ということで、サプリメントのような感覚で見ている人も多いものです。しかし、漢方薬はれっきとした薬であり、副作用も起こる可能性があります。自然の成分といっても、効果も副作用もあることを理解して、慎重に取り入れることが必要です。

漢方薬は長く付き合うつもりで

漢方薬が円形脱毛症に効くといっても、すぐに改善されるわけではありません。特に長く治療が必要な症状ですし、漢方薬自体も長期に亘って飲むタイプが多いものです。漢方薬を使うのであれば、専門の漢方医や漢方の取り扱いのあるクリニックで相談しながら、じっくりと腰をすえて治療をしましょう。

おわりに

漢方薬には西洋医学では計り知れない効果が期待できます。円形脱毛症の治療にも生かせるかも知れません。ただし、漢方薬にも副作用がありますし、体質によって選び方も違います。漢方薬の治療を行ってみたい場合には、専門医に相談して、自分に合った薬を処方してもらいましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする