スポンサーリンク

低体温は薄毛を招く要因のひとつ!おすすめの改善方法

シェアする

低体温は薄毛を招く要因のひとつ!おすすめの改善方法

一部では、平熱が低い低体温は抜け毛や薄毛の原因になるといわれています。抜け毛や薄毛とは無関係に思える体温が注目されているのはなぜでしょうか。ここでは、低体温と薄毛の関係、低体温の改善方法を解説しています。興味のある方は参考にしてください。

ここでいう低体温ってどんな状態?

健康な時の体温を平熱といいます。平熱は人により異なりますが、日本人の平均体温は脇下検温で36度9分程度といわれています(36度5分~37度1分に収まる方は平均的とされています)。最近になって、平熱の低い方が増えているようです。具体的には、36度を下回る方が増えているといわれています。ここでは、平熱が36度を下回る方を低体温と表現します。

薄毛の原因になるといわれる低体温

一部では、低体温が薄毛に原因になるといわれています。このように言われる理由は、体温が低いと血液の流れが悪くなるからです。髪の毛は、頭皮を流れる血液から酸素や栄養を受け取って育ちます。低体温で血液の流れが悪い状態が続くと、髪の毛に酸素や栄養を届けにくくなる恐れがあります。そのため、低体温は薄毛の原因になるといわれることがあるのです。

薄毛が気になるときに取り組みたい低体温対策

薄毛が気になるときに取り組みたい低体温対策

低体温は薄毛の原因になる恐れがあります。平熱が低い方はどのような対策に取り組めばよいのでしょうか。お勧めの低体温対策を紹介します。

筋力トレーニング

低体温の主な原因は運動不足といわれています。運動不足で筋力が低下すると体温も低下します。筋肉が熱生産器官だからです。また、筋力が低下すると基礎代謝も低下するので太りやすくなります。運動不足は薄毛にも健康にもよくありません。薄毛と低体温が気になる方は、運動不足を解消すると良いでしょう。筋肉量を増やす筋力トレーニングが効果的かもしれません。

自分の体重を使ってトレーニングする自重トレーニングであれば特別な器具や場所などを必要としません。トレーニング効率を高めたい方は、スクワットなど大きな筋肉を刺激する自重トレーニングに取り組んでみてはいかがでしょうか。

スクワットで下半身を鍛えれば血行も改善しやすくなります。筋力トレーニングが苦手な方はウオーキングに取り組むといいかもしれません。1日30分程度のウオーキングも低体温対策にオススメです。大きな筋肉のある下半身を無理せず刺激できます。

エアコンの使い方を考える

エアコンを使って室内の気温をコントロールすることも低体温の原因といわれています。常に快適な温度に保つと、体温調節をする機会が奪われるからです。低体温が気になる方は、熱中症に気をつけながら汗をかく生活を心がけてみるとよいかもしれません。体温を調節する機会を増やせば低体温が改善しやすくなるといわれています。

湯船で身体を温める

手軽に体温を上昇させる方法が湯船につかることです。温かいお湯に10分ほどつかれば体温を1度ほどあげられます。毎日続ければ低体温対策になると考えられています。毎日の入浴をシャワーで済ませている方は、湯船につかってみてはいかがでしょうか。

温かい食べ物・飲み物を利用する

冷たい食べ物や冷たい飲み物を利用すると体温は下がります。低体温を改善したい方は、冷たい食べ物や飲み物を避けて、温かい食べ物や飲み物を利用すると良いでしょう。特に、体温が下がる朝は冷たい食べ物や飲み物を避けたほうが良いといわれています。朝は、温かいおかゆやスープ、お茶などを取るとよいかもしれません。温かいの食べ物や飲み物がつらい季節は常温のものを口にしてみてはいかがでしょうか。

身体を冷やさない服装を心がける

当たり前ですが、身体を冷やさないことも低体温対策になります。できるだけ薄着やおなかの見える格好は避けましょう。寒い季節は下着を一枚多めに着る、マフラーや腹巻き、カイロを使うなどしてみてはいかがでしょうか。薄着と低体温が気になる方は、普段の服装にも注意しましょう。

寝るときの厚着を避ける

一方で、寝るときの厚着は避けた方が良いといわれています。厚着をして布団に入ると就寝中に体温調節がうまくできなくなるからです(特に、靴下は脱いで寝たほうが良いといわれています)。体温調節がうまくできないと睡眠の質も低下します。寝冷えに注意は必要ですが、布団に入るときは薄着がおすすめです。低体温の有効な対策になるかもしれません。

まとめ

平熱が36度以下の状態を低体温といいます。低体温になると血液の流れが悪くなるため、髪の毛に栄養や酸素などを届けにくくなります。髪の毛の成長が滞ると薄毛につながる恐れがあります。薄毛が気になる方は低体温に気をつけましょう。低体温は筋肉量を増やすことやライフスタイルを見直すことなどで改善できるといわれています。平熱が36度を下回る方は、紹介した対策などに取り組んでみてはいかがでしょうか。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする