スポンサーリンク

ハゲと遺伝の深い関わり!薄毛対策と合わせて解説

シェアする

「薄毛」は遺伝するって本当?やっておくべきハゲ対策

薄毛はさまざまな後天的な理由が言われていますが、遺伝による影響も忘れることはできません。遺伝によって受け継ぐのは薄毛体質だけであり、それを持っているからと言って全員が薄毛になることはないようです。

遺伝した体質によって薄毛を発症させないために、自分でできるハゲ対策を講じてみましょう。やるべきことは日常の中にありそうです。

遺伝以外で考えられる薄毛の原因

原因について知りたがっている男性

薄毛の原因には、遺伝以外にも色々なものがあります。それは生活習慣や食生活などに関係が深く、体全体の機能にも根本的に関わってきます。

薄毛の原因には頭皮環境の悪化やAGA(男性型脱毛症)などがありますが、それは血行不良やホルモンバランス、自律神経の乱れなどが複雑に入り組んで始まっているようです。こうした原因があると、遺伝はなくても薄毛になるリスクが高くなるとも言われています。

栄養不足・睡眠不足

栄養を頭皮に届けられなければ、髪の毛もスムーズに育つことは出来ません。頭皮にはたくさんの毛細血管があり、そこから栄養を受け取っています。そのため、食べ物からの栄養が不足すると正常な毛の発育が望めなくなり、抜け毛が増える可能性があるようです。

また睡眠不足になると、髪を育てる成長ホルモンが分泌されにくくなったり、自律神経が乱れやすくなると言われています。

ストレスによる自律神経の乱れ

ストレスも脳を疲れされることで自律神経を乱れやすくします。自律神経が乱れることで、血流が停滞したり、内臓の機能が停滞する可能性が考えられます。これらが停滞することも頭皮への栄養の運搬に影響を与えるようです。

病気

糖尿病や肝臓病などの病気が関係して抜け毛が増えることもあるようです。病気もやはり、代謝や血流などの機能を乱してしまい、髪への栄養が不十分になると言われています。

薄毛の原因は遺伝プラス○○?

開いた口が塞がらない男性
たくさんある薄毛の原因の一つとして遺伝があるのですが、イメージだけで「親がハゲているから自分もハゲるだろう」と遺伝の影響ばかりを重要に考えがちになる人が多いようです。

しかし、ハゲの遺伝子を持っていてもハゲてない人もいることから、遺伝は可能性の一つに過ぎないことが分かります。嘆く前にそれ以外の原因がプラスアルファされることに注意をした方が良さそうです。

遺伝だけでハゲるわけではない

基本的には日本人男性の薄毛の原因として最も多いとされているAGA(男性型脱毛症)は、遺伝によるものと考えられています。その体質を持った親や親類などがいるとそのリスクは高いと言えるでしょう。

しかし、あくまでも遺伝するのは体質であって、AGAの症状が遺伝するわけではありません。それ以外の原因が遺伝による体質を後押ししてしまうことで、そのリスクがさらに高くなり、発症してしまう人もいると考えた方が良いでしょう。

薄毛が悪化する基本的な要因は男性ホルモン

薄毛(AGA)は男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンという物質に変化することで起こると言われています。そしてこの男性ホルモンの変化は遺伝的な要素が大きく関係しています。

現在で分かっている要因としては男性ホルモンが挙げられていますが、実際にはさまざまな原因が複雑に絡み合って発症していると考えられているようです。

生活習慣は重要

薄毛は、上記のような男性ホルモンの影響で毛根が髪を育てる機能が停滞することが原因と言われています。しかし、生活習慣の乱れで自律神経が乱れるとさらにその症状を悪化させることも考えられます。

また、女性の薄毛の多くは自律神経やホルモンバランスが乱れることで発症すると言われているのです。ホルモンバランスは皮脂分泌にも関係しており、皮脂分泌が過剰になることで毛穴が詰まってしまうリスクが懸念されます。

遺伝にも負けない薄毛対策を

宣言をする男性

遺伝によるAGAなどで薄毛が進行してしまうと、その後にセルフケアで治すのは難しいと言われています。そのため、薄毛が進行する前に対策をすることが大切となるでしょう。

頭皮の皮脂詰まりを改善

頭皮に皮脂が溜まってしまうと、毛穴をふさいでしまい、髪の毛が生えにくくなると考えられます。頭皮の皮脂を改善するには、過度に脂っぽい食事を避けたり、生活リズムを整えることで皮脂分泌を調整することが必要となるでしょう。

生活リズムを整えることでホルモンバランスも整って、皮脂分泌が正常になることが期待できます。

体内の血流を改善

体内の血流は、血液の状態や血管を健康にすることで改善します。食事では、悪玉コレステロールを減らし、ビタミンやミネラルなどのバランスが取れたメニューを取り入れます。

ストレス解消で自律神経を改善

自律神経を乱すストレスは、運動や自分に合ったリラックス方法を取り入れることで解消しましょう。また、生活リズムを整えることで脳の働きを元気にすると、脳がストレスに強くなると言われています。

ヘアケアも見直しを

シャンプーやヘアケアなどでも薄毛が始まることがあります。頭皮を傷つけずに汚れや皮脂を洗い流し、刺激になりやすい整髪料を頭皮につけないなどの工夫をしましょう。

「合わせて読みたい」

AGAの直接原因「遺伝的影響の抑制」と進行を加速させる「頭皮環境」の改善策
ひとくちにAGA(男性型脱毛症)といっても、「症状が始まる年齢」「発症と進行を早める原因及び要因」が異なるため、個別に「遺伝要素の可能性...

おわりに

薄毛の原因の一つとして遺伝の影響がありますが、遺伝したからといって全ての人がハゲるわけではないようです。親が薄毛だった場合にはハゲるのではないかという心配は当然感じるでしょうが、それ以外の原因について対策を重ねていくことでそれを抑えることができるかも知れません。

進んでしまった薄毛は対策が難しくなるため、遺伝が心配な人は早めに対策を始めると良いでしょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする