スポンサーリンク

薄毛から開放される時代は来るか?最新の薄毛治療最前線

シェアする

薄毛から開放される時代は来るか?最新の薄毛治療最前線

時代を問わず薄毛に悩む方は多いものです。一説では、成人男性の3人に1人が薄毛に悩んでいるといわれています。昔と今の違いは薄毛の治療法が確立されつつあることです。薄毛はどのように治療するのでしょうか。最新の薄毛治療について解説いたします。

薄毛の原因は人それぞれ

薄毛とひとまとめにしてしまいがちですが、薄毛の原因は人により異なります。医薬品の影響で薄毛になる方や全身疾患の影響で薄毛になる方などがいるのです。また、原因が異なれば治療法も異なります。薄毛にお悩みの方は、どのような原因で症状が現れているか把握することが重要です。

男性の薄毛の主な原因はAGA

男性の薄毛の主な原因は男性型脱毛症(AGA)です。薄毛に悩む男性の9割が男性型脱毛症といわれています。男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素によりジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンに変換されることです。これにより、ヘアサイクルが乱れて薄毛になります。男性型脱毛症の典型的な症状は、前際の両サイドが後退するM型、頭頂部が薄くなるO型、両方の症状が現れるMO型です。これらの症状が思春期以降に現れた方は、男性型脱毛症の可能性が高いといえます。

男性に多いとされる、薄毛の基本的な治療

男性型脱毛症は病院で治療できるようになっています。最も基本的な治療は、5α還元酵素を阻害する内服薬・フィナステリド(有効成分名)を用いた治療、頭皮の血行を促進して毛母細胞を活性化する外用薬・ミノキシジルを用いた治療です。これらの薬は、日本皮膚科学会が発表した「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」で、「行うよう強く勧められる(推奨度の分類「A」)」と評価されています。男性型脱毛症の症状である場合は、フィナステリドとミノキシジルを併用すると効果的と考えられています。

基本的な治療で薄毛が改善しない場合

医師 薄毛 治療方法

外用薬による治療で薄毛が改善しない場合、十分な経験と技術を有する医師のもと植毛術を受けることが勧められています。ただし、人工毛(化学繊維で作られた人工の毛)を植毛する人口毛植毛術はトラブルの報告が多いので「行わないよう勧められる(推奨度の分類「D」)と評価されています。「行うよう勧められる(推奨度の分類(B))と評価されているのは、自分の後頭部の毛組織を薄毛部分に移植する自毛植毛術です。自毛植毛術は、医師の技量などにより仕上がりや生着率が大きく異なるとされています。信頼できる医療機関で治療を受けることが重要と考えられます。

最新の薄毛治療

以上が基本の薄毛治療です。多くの方が悩む問題なので、薄毛治療は日々進歩しています。具体的に、どのように進歩しているのでしょうか。

新しい内服薬・デュタステリド

最新の薄毛治療として大きな注目を集めているのが、フィナステリドに代わる新しい内服薬、「デュタステリド(有効成分名)」です。元々は前立腺肥大の薬でしたが、2015年9月に厚生労働省が男性型脱毛症の治療薬として承認しました。

デュタステリドもフィナステリドと同じく5α還元酵素を阻害する内服薬です。5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型があります。フィナステリドはⅡ型5α還元酵素だけを阻害する内服薬です。デュタステリドはⅠ型とⅡ型、両方の5α還元酵素を阻害します。

そして、効果・効能にも違いがあります。フィナステリドは男性型脱毛症の進行遅延、デュタステリドは男性型脱毛症が効果・効能です。わずかな違いに思えますが、臨床試験の結果を確認するとフィナステリドより高い発毛・増毛効果を期待できる可能性があると考えられます。

成長因子を注入する育毛メソセラピー

成長因子を頭皮に注入する、「育毛メソセラピー」も最新の薄毛治療として注目を集めています。具体的には、毛母細胞の分裂などを促す線維芽細胞増殖因子や血小板由来成長因子などを頭皮に注入します。効果はあるといわれていますが、現在のところ育毛メソセラピーに医学的な根拠はありません。得られた効果は、他の治療と同じく治療を中断すると失われます。1回の治療費が高額なので、育毛メソセラピーを利用する方はこれらの点に注意が必要です。

低出力レーザーによる薄毛治療

一部では低出力レーザーを用いた治療(LLLT)も注目を集めています。低出力レーザーが発毛を促す正確なメカニズムはわかっていませんが、ATP産生を促し細胞を活性化することや毛包肝細胞を活性化することなどにより発毛を促すと考えられています。これまでの研究で一定の効果を期待できることが明らかになり、一部の低出力レーザー治療器はアメリカの厚生労働省にあたるFDAの認可を得ています。日本のAGAクリニックなどでも低出力レーザー治療器を取り扱っているところはあります。低出力レーザー治療器を購入すれば自宅でも薄毛治療を行える点が魅力です。

まとめ

医療機関を受診すれば薄毛を改善できる時代になっています。新しい治療法も次々と登場しています。男性の薄毛は、セルフケアで改善しづらいと考えられています。お悩みの方は、薄毛治療を行っているクリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする